FC2ブログ

ついに実現した注目対決!

さて・・・プロボクシング界“春の陣”の最大注目は、やっと実現した“幻の対決”でしょうか。

WBO世界フライ級王者・田中恒成(23=畑中)vs挑戦者の元WBA&IBF世界ライトフライ級王者・田口良一(32=ワタナベ)のWBO世界同級タイトルマッチ。見逃せない注目対決は3月16日、岐阜メモリアルセンターで行われます。

日本人同士の世界戦は、概して意地のぶつかり合いとなる分、激闘、死闘となるのが常ですが、この2人のぶつかり合いも、例外なく半端ないものとなりそうですね。

“点”と“点”がいつ“線”で結ばれるか、それがこの世界のマッチメークの妙ですが、それは第三者が思うほど簡単ではありません。

2人の間には、話題先行的ではありましたが対戦話がつきまとい、それは田中がWBO世界ライトフライ級王者で田口がWBA世界ライトフライ級王者だった2017年、統一戦として煮詰められることになりました。

年間最高試合再びの期待

同年9月に行われた田中のV2戦、同級13位のパランポン・CPフレッシュマート(タイ)戦は9回TKOで田中の勝利。この時点で田口戦に関しては、年内に実現か、実現すれば2012年の井岡一翔vs八重樫東戦以来、国内2度目のビッグマッチと大きな期待が懸けられました。

が、何ごとも〈好事魔多し〉です。

この試合で田中は、両眼を負傷(眼窩底骨折)してしまい、年内の統一戦実計画は白紙に戻されてしまいました。

その後の田中は、タイトルを返上、2018年9月24日(名古屋・武田テバオーシャンアリーナ)でWBO世界フライ級王者・木村翔(青木)に挑戦。両者とも持てる力をすべて出し切った死闘で田中が3階級制覇を達成したことは周知のことです。

一方の田口は、WBA世界ライトフライ級王座を6度防衛後、2017年12月31日(東京・大田区総合体育館)にIBF世界同級王者のミラン・メリンド(フィリピン)と統一戦を行い、3-0判定で勝利。しかし、2018年5月、初防衛戦で敗れ、今に至っています。

田口にとっては、10カ月ぶりの再起戦が、いきなり1階級上げての世界戦と“危険な賭け”にも思いますが、統一王座初防衛戦での敗戦が減量苦もあったとされ、あるいは適正体重を得てより強い田口が見られるかもしれません。

2人の激突は、スピード、テクニックともほぼ対等の中でどんな戦いが繰り広げられるでしょうか。

このところの国内ボクシング界は、予想はされたことですが、やはり、4団体承認による弊害で中身の薄い世界戦が結構あり、2人の対決には、それを払拭する、年間最高試合となるような中身の濃さを期待したいですね。
スポンサーサイト
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR