驚異の追い上げ・・・快挙に一歩届かず

いやはや・・・その底力には、改めて驚かされました。

USPGAツアーの今季メジャー第2戦「全米オープン」(米ウィスコンシン州エリン=エリンヒルズ)最終日(6月18日=日本時間同日夜)の松山英樹(25=LEXUS)の大爆発です。

第3日を終えて通算6アンダーで首位に6打差の14位。松山は「第2日のゴルフ(ボギーなしの7バーディーで「65」をマーク)ができれば、まだまだチャンスはある」と最終日のビッグスコアに向けて気合の入ったコメントを口にしました。

あまり、こういうことは言わない人なのに・・・これは感触がいいのだろう、何かを起こしそうだな、と6月19日午前2時40分からのテレビ朝日の生中継に、寝ぼけ眼(まなこ)をこすりながら、かじりつきました。

日本時間午前3時37分スタート。1番の第1打が力強く飛んでフェアウエーセンターに落下したとき、テレビの画面からも、ショットの好調さがうかがえて、こちらの眠気を吹っ飛ばします。

いきなりバーディー。4、5番で連続バーディー。6番(パー3)で乗らず、寄らず、のボギーは惜しまれましたが、前半アウトを2アンダーとして通算スコアを8アンダーに伸ばしました。

勝負のサンデー・バックナインを迎えて、松山はゾーンに入っていきます。絶好調のティーショット。ピンに絡むアイアン・ショットの精度の高さ。さらに好調なパット。11、12、13番をバーディーで通算11アンダーとしたとき、首位との差は2打となっていました。

最終日のエリンヒルズは午前中、西の風7メートルが吹き、長く伸ばしたラフのフェスキュー芝が波打つ中、優勝戦線は(スコアが)伸びもせず、落ちもせず、の状況。15番(パー4)でボギーを叩いた松山は、迎えた上がり3ホール、16番(パー3)と18番(パー5)でバーディーを奪い、通算12アンダーでホールアウトします。

惜しまれる第3日の伸び悩み

この時点で首位に1打差の2位。この段階で13番(パー3)を終えて通算13アンダーでトップのブルックス・ケプカ(米国)が落ちてくれば・・・と快挙への期待を抱かせましたが、ケプカもさすがでしたね、直後の14番(パー5)から3連続バーディー奪取、通算16アンダーで逃げ切り、メジャー初優勝を飾りました。

こういう結果になると、やはり惜しまれるのが、松山の第3日の伸び悩み、一進一退の展開です。第2日の「65」を支えた好調のパットが影を潜め、大事な第3日に足踏みしてしまいます。

何ごともそうでしょうが、特にゴルフは、1日ごとにフィーリングが変わり、好調の波を維持し続けることが難しいゲームです。

ゆえにかつて、全盛時の中嶋常幸は、一晩でフィーリングが変わってしまうことを嫌がり、何千球も打つことによって、感覚を殺して体のマシーン化を目指したことがありました。

今のクラブではなく、パーシモンの時代ですから、そういう考え方も、アリ! だったのですね。

松山も第2日の好感触が、同じようなことをやっていても微妙に違う第3日の感触にイラ立ったことでしょう。

ゴルフに“たら・れば”は、もちろん禁句ですが、大会を中継するテレビ朝日の解説を務めた丸山茂樹プロは、松山がホールアウトした時点で「(優勝に)届かなければ、第3日のゴルフが原因でしょうね。もう少し伸ばせていれば・・・」と話していました。

優勝が手の届くところにあっただけに残念な結果でしたが、とはいえ、本当に海外メジャー初制覇に“あと一息”の大健闘でした。

松山の海外メジャー最高位は、これまで2016年「全米プロ」の4位タイでしたが、今回の2位タイは、それを上回る自己ベストとなりました。

「全米オープン」での2位というと、思い出されるのが1980年のジャック・ニクラウスと青木功の〈バルタスロルの死闘〉ですが、それと並ぶ日本勢最高位となりました。

それにしても・・・今回の松山の戦いを見ていて、つくづく思ったことは、日本人選手の海外メジャー制覇が、もう夢ではなく、松山によって、目の前にぶら下がり始めた、ということですね。

これは、もう本当に凄いことです。
スポンサーサイト
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR