水をガブ飲み~減量大丈夫ですか?

プロボクシングの2階級制覇王者・井上尚弥(24=大橋)が挑むWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(32=英国)が5月21日午後、大橋ジム(大橋秀行会長=神奈川・横浜市西区)で練習を公開するというので足を運びました。

「絶対に英国から出ない選手」と言われたマクドネルですが、そういえば日本のリングで戦った英国人選手といえば、最近思い浮かぶのは、2010年10月24日、東京・両国国技館で行われたWBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、王者・西岡利晃(帝拳=引退)のV5戦の相手レンドール・ムンロー(英国)くらいのもので、英国選手は概して“外”に出たがらないのかもしれません。

とはいえ、マクドネルの来日は、気合が入っていました。妻と3歳の娘、妻の両親ら計11人の陣営を引き連れて乗り込んできましたが、私は勝つために来た、観光で来たわけではない、と言い、確かに来日前、母国でのトレーニングを終えると、今度は中東UAEのドバイで直前キャンプを張り、満を持しての来日に意気込みがうかがえました。

なるほど・・・来日を決意したのは、オレがバンタム級最強! を示すための、英国人らしいプライドの高さ、からだったのかもしれませんね。

しかし、マクドネルのこの気合に記者連中が振り回されます。

当初、予定された来日が5月18日。それがドバイ・キャンプのために5月20日夜、成田到着に変更されます。当日は田口良一&京口紘人(ともにワタナベ)のダブル世界戦があり、担当記者たちは、昼間のこの試合を終えて夜、疲れた体にムチ打って成田空港に駆けつけました。

さらに・・・5月21日午後3時からとされていた公開練習が、同日午後2時半からに変更されます。同日は正午から帝拳ジム(本田明彦会長=東京・新宿区神楽坂)でWBC世界ライトフライ級王者・拳四郎(26=BMB)に挑戦するガニガン・ロペス(メキシコ)が公開練習をすることになっていましたから、記者たちはロペスの取材を終えると、あわただしく横浜に駆けつける忙しさとなりました。

オレがバンタム級最強を示す!

そんな中・・・記者に囲まれたマクドネルは「私のキャリアの中で一番ビッグな対戦相手だと思う」と井上に敬意を表しながらも、しかし「100%勝つ自信はある」と言い切ります。

が、気になったのが、シャドー、ミット打ちなど軽めの練習の後に平然と、ガブガブと飲み干した水の量でした。オイオイ、大丈夫? 一瞬、頭に浮かぶルイス・ネリ(メキシコ)の失態-。

当然、記者とのやりとりはウエート問題となり・・・。

-今のウエートは?

マクドネル「言いたくない。秘密だ」

-日本では最近、ウエート問題が多発している。大丈夫なのか?

マクドネル「ご心配なく。大丈夫だ」

-大丈夫なら言えばいい。

コールドウェル・トレーナー「じゃ聞くが、これまで彼が失敗したことありますか?」

何しろ、マクドネルは、身長1メートル78の長身ボクサー。手足も長くバンタム級(リミット53・52キロ)では、減量苦を強いられているようにも見えます。

まあ、井上の3階級制覇を懸けた、バンタム級へのチャレンジという、注目を集める試合だけに試合以前のバタバタだけはないように祈りたいものです。

この試合に関して元世界王者の浜田剛史氏(帝拳代表)に聞くと-。

〈井上の階級アップは、今のスピードを落とすものではないし、パワーアップを含めて問題ないと思います。瞬間的なスピードは井上のほうが上。マクドネルは、巧いがパンチの怖さはありません。相手のリズムに乗せられなければ井上の有利は動かないと思いますよ〉

そうあってほしいですね。ニュー井上のスタートとなる5月25日から目が離せなくなりました。
スポンサーサイト

侮れない長身マクドネルとの戦い

「ウエートは?」の問いかけに「あと4キロ」の声が返ってました。

5月25日、東京・大田区総合体育館でWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(32=英国)に挑戦する2階級制覇王者・井上尚弥(25=大橋)です。

公開練習日となった5月16日午後、神奈川・横浜市西区の大橋ジム(大橋秀行会長)に足を運びました。

ジムに入ると何となく、この時期、必ず漂うピリピリ・ムードが感じられません。

この雰囲気は何だろう? ああ、そうか・・・試合が近づくと必ず減量のきつさが顔に出る井上にそれがないからなんだな。

これまでのスーパーフライ級(リミット52・16キロ)とバンタム級(リミット53・52キロ)の体重差は、わずか1・36キロ。井上が言う「あと4キロ」は、スーパーフライ級なら、まだ5・36キロも-。

ジムに姿を見せていた国際マッチメーカーで評論家のジョー小泉氏が言いました。

〈たかが1・36キロ、されど1・36キロ・・・その差は大きいですね。特にこの季節、絞り切って“最後のひと絞り”になったとき、その差は神様みたいなものですね〉

そんな中での一問一答。

-今の状況は?

井上「いいコンディションで来ています。1・36キロ差は大きいですね」

「これまでで一番強い選手」と井上

-相手(マクドネル)に対しては?

井上「これまでの中で一番強い選手と思っている。まず勝つこと。その上でKO決着。全力で戦います」

-ポイントは?

井上「距離感ですかね。出入りは心掛けます。相手は後半、粘る選手と聞いているのでスタミナは貯えておきたい」

王者のマクドネルは、身長1メートル78の長身、リーチも1メートル83と井上を約14センチ上回り、体格面での優勢を誇示していますが、井上は、前後左右、さらには上下まで「すべての空間を支配して歴史に名を刻む試合をしたい」と気合を入れていました。

なるほど。今回もこの“怪物”に死角なしかな? などとジョー小泉氏と雑談していると、小泉氏が“それはどうだろうか”という顔を見せました。

当初の予定では、マクドネルは5月18日に来日、翌19日に練習公開、のスケジュールが組まれていましたが、急きょ、日程が変更され、来日は5月20日の予定、と告げられました。

小泉氏の情報によると、暑い地域で猛練習しているそうだ、つまり、当たり前ですが、むざむざ負けるために来るわけではない、ということですね、と厳しい顔を見せました。

マクドネルは、絶対にイギリスから出ない選手、と言われながら、大橋陣営の1月から続けた、粘り強い交渉に応じた理由は何か? もちろん背景にマネーがあることは否めませんが、マクドネルにしてみれば“負けるわけにはいかない”の強い気持ちがあってのことでしょう。

マクドネルは2015年に日本の亀田和毅と2度、対戦(いずれも亀田和の判定負け)していますが、印象としては「前半は押されているようで、いつの間にか後半、自分のペースに持ち込んでいる」といった選手のようです。

井上の勝利、3階級制覇達成、は揺るぎないだろう、と思いたいですが、王者マクドネルが初めて来日することを含め、予定された日程の変更など、何か不気味な感じがしますね。

ああ、やっぱり、ボクシングは何が起こるか分からない、などの結果にならないよう祈るばかりです。

ボクシング史に残る大激闘だった

上への左右4発から狙い通りのボディーへの左一撃-。

勝負を決めた10回の攻防。ロマチェンコの“ハイ・テク”攻撃は、さすが! というか、凄すぎたですね~。リナレスは残念でした・・・が、やはり、この対決、仕方なかった、かもしれませんね。

5月12日(日本時間同13日)、米ニューヨーク州の“殿堂”マディソン・スクエア・ガーデンで開催されたプロボクシングのWBA世界ライト級タイトルマッチ、王者ホルヘ・リナレス(32=ベネズエラ、帝拳)vsWBO世界スーパーフェザー級王者の挑戦者ワシル・ロマチェンコ(30=ウクライナ)の激突です。
試合の模様は5月13日午前9時からWOWOWで生中継

9回まで3人のジャッジが互角(85―85、86―84=リナレス、84―86=ロマチェンコの三者三様)とした熱戦を振り返ってみましょう。

天才vs天才、スビートvsスピード、カギを握るのは距離の取り方、とされた試合は、予想通り、滑り出しから、微妙な間合いの取り合いとなる緊迫した展開となりました。

左ジャブを軸に距離感をはかりつつ、様子をうかがうリナレスに対してロマチェンコは、左右に動きながらリナレスの距離を潰し、積極的に中に入ろうとしてきます。

序盤から中盤にかけて、リナレスのワンツーなど直線的な攻撃と、ロマチェンコの常に正面にはいないサイドからの攻撃が続きます。目立つロマチェンコの手数。

最初の大きな動きは6回でした。5回まで先手の攻撃で勢いづいていたロマチェンコは、この回も前進、左を放った瞬間にリナレスの右ショートが絶妙のタイミングで炸裂。たまらずロマチェンコはストンと腰を落とし、キャリア初のダウンを喫します。

ハイ・テク&ハイ・スピードの妙

そして7回。WOWOWの解説を務めていた西岡利晃氏(元WBC世界スーパーバンタム級王者)が、ここが勝負どころ、と指摘したように、リナレスにとっては攻め込みどころでしたが、思ったように手が出ず、逆にロマチェンコが、残るダメージに苦しみながらも、前に出てリナレスを抑え、この攻防の明暗が勝負の流れを分けたかもしれません。

リナレスは9回、高速連打でロマチェンコをぐらつかせる場面をつくったものの、しのいだロマチェンコは10回、上から下へ教科書通りの攻撃でリナレスを倒しました。

ロマチェンコの10回2分8秒、TKO勝ち-。

それにしても・・・この勝負には、勝った、負けた、を超えたレベルの高さがありました。

互角を打破するための多彩な攻略法。超高速コンビネーション。2016年6月にWBO世界スーパーフェザー級王座を獲得後、4人の挑戦者をことごとく途中棄権に追い込んだロマチェンコの“異能”に対し、敗れて4度目の防衛に失敗したものの9回まで互角の戦いを繰り広げたリナレスの資質の高さ・・・。

2人の戦いを観(み)ていて思ったことは、ボクシングという競技の奥の深さ、戦うボクサーが極めるレベルの高さが、この競技をどんどん高みにのし上げていく、ということでした。

ベネズエラ出身のリナレスは、17歳時に帝拳ジム(本田明彦会長=東京・新宿区)と契約して来日。日本で成長しWBC世界フェザー級王座、WBA世界スーパーフェザー級王座、WBC世界ライト級王座、と3階級を制覇しました。

2008年北京(フェザー級)、2012年ロンドン(ライト級)の両五輪で金メダルを獲得したロマチェンコは、プロの世界でも、世界最速の3戦目でWBO世界フェザー級王座を獲得。その後、7戦目でWBO世界スーパーフェザー級王座を獲得し世界最速の2階級制覇達成。今回の勝利は、12戦目で3階級制覇達成という世界最速を記録しました。

大勝負が終わり、今後に関して・・・天才リナレスが止められなかった天才ロマチェンコの進撃をこれから誰が止めるのだろうか、という新たな興味がムクムクと湧き上がってきましたが、果たして・・・。

満を持す“怪物”の新たな挑戦

5月に開催されるプロボクシングの世界戦4試合のうち、やはり、最大の注目は、2階級制覇王者・井上尚弥(25=大橋)の3階級制覇への挑戦でしょうね。

井上は5月25日(東京・大田区総合体育館)、WBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(32=英国)に挑みます。

昨年12月30日、WBO世界スーパーフライ級王者として7度目の防衛に成功(対ヨアン・ボワイヨ=フランス、3回TKO)した井上は、この試合で同級を卒業。2018年は、階級を一つ上げたバンタム級への階級アップを宣言し、5月25日の試合がその第1弾、転級初戦でいきなり世界挑戦、というビッグマッチが組まれました。

スーパーフライ級(リミット52・16キロ)とバンタム級(リミット53・52キロ)は、その差〈わずか1・36キロ〉ですが、ライトフライ級、スーパーフライ級とも、常に減量に苦しんできた井上にとって「筋肉の量を増やせることは大きい」と、さらなるパワーアップが望める状況になったようです。

王者のマクドネルは現在、WBA王座を6度防衛中。「絶対に英国から出ない選手」と言われていましたが、1月末からの大橋ジム・大橋秀行会長の地道な対戦交渉に腰を上げた、という経緯がありました。

正攻法のスタイル。何よりも1メートル78の長身とリーチの長さを武器とする王者。井上もこれほどの長身と戦うのは初めてとのことですが、その分、無防備となりがちなボディーが標的となりそうです。

井上に出入りのボクシングをさせたら、そのスピードを含めて誰もが苦戦を強いられるでしょうが、今回のマクドネル戦も、勝負のカギを握るのは、そのあたりになってくるのでしょうね。

バンタム級最強決定戦も視野に入れ・・・

さて・・・今後のプランに関しては、もちろん、今回の試合に勝つことが条件ですが、今秋開催の賞金トーナメント「WBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)」が、既に井上に接触しています。

WBSSは昨秋、第1弾が開催され、このときはクルーザー級とスーパーミドル級が実施されています。それに続く第2弾が開催されることが決まり、新たにバンタム級トーナメントが加わることになりました。井上はそこへの参戦が打診され、WBSSのプロモーターを務めるザウアーラント氏が“合意”を明らかにしています。

第2弾のバンタム級トーナメントには、WBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)、WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)らの3王者が出場することが決まっており、そこに3階級制覇王者を果たした井上が参戦することになれば、4王者のそろい踏み、抜群の話題性となります。

井上は昨年9月、スーパーフライ級のトップ選手が集結したイベントで米国デビューを果たしているものの、2014年の年末に行った、ライトフライ級からスーパーフライ級への転級初戦、WBO世界同級タイトルマッチで難攻不落の王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)を2回KOに下すなど、その強さが世界に広まり、相手探しに苦戦する分、予想された“ロマゴン”との対戦が回避されたり、希望した統一戦が行われなかったり、ビッグマッチが組まれていません。

その意味でも、マクドネルを下してWBSSに出撃することは、臨むところ、となるかもしれません。

まずは3階級制覇達成、そしてさらなる野望へ-といったところ。井上の前進が楽しみになりました。

この男「GGG」に死角はあるか?

凄かったですねェ~。観(み)る側を唸らせる、まさに破格の強さでした。

5月5日(日本時間同6日)、米カリフォルニア州カーソンの「スタブハブ・センター」で行われたプロボクシング3団体統一世界ミドル級王者ゲンナジー“GGG”ゴロフキン(36=カザフスタン)の20度目の防衛戦です。
試合の模様は5月6日午前10時30分からWOWOWが生中継

2回1分53秒KO勝ち。早々に終わってしまった試合を振り返ってみましょう。

初回、左ジャブで前進、圧力をかけたものの、様子見程度で軽目に出たゴロフキンは、チャレンジャーのバネス・マーティロスヤン(32=アルメニア・米国)に押され、カウンターの右をもらうなどしてしまいました。

試合後のインタビューでゴロフキンは、こう話しています。

最初は様子を見たが(マーティロスヤンは)いいパンチを出してきた。“こりゃ出来るな。真剣にやらないと”と思ったよ

つまり、初回の先制攻撃でマーティロスヤンは、この最強王者を怒らせて本気モードにさせてしまい、2回を迎えたわけです。

いやはや、2回の猛攻は凄かったですね。右ストレート、右アッパー・・・連打の凄さ。怖いくらいです。ゴロフキンを本気にさせるとこうなってしまうのですね。

右攻勢でロープに追い詰め、その後は右、右、左右の連打で一気にマーティロスヤンを倒してしまいました。

試合後のマーティロスヤンの談話-。

凄い衝撃。こんなハードパンチを受けたのは初めてだ

悪夢が悪夢を見た

マーティロスヤンのニックネームは〈ナイトメア(悪夢)〉なのだそうですが、まったくこの日は、相手ではなく、自分がとんでもない悪夢を見てしまったようです。

WBAスーパー、WBC&IBF正規の3団体統一王座を保持する絶対王者。この試合はWBAスーパーとWBCのタイトルが懸けられたタイトルマッチでしたが、20試合連続防衛は、全階級を通じて歴代6位タイ、ミドル級ではバーナード・ホプキンス(米国)に並ぶ最多防衛記録となりました。

今大会の前、ゴロフキンの周辺は揺れ動きました。

昨年9月のサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)戦で引き分け。その再戦が予定されていましたが、この2月にカネロにドーピング違反が発覚、注目のリマッチは中止に追い込まれました。

ゴロフキン陣営の「5月5日」は外せず、しかし、相手探しが難航する窮地の中、やっとマーティロスヤンに決まるといういきさつがありました。

絶対王者といわれながらも、36歳のゴロフキンには、全盛期を過ぎた、との声も聞かれたりしています。

が、この日の試合に、状況が二転三転したハンデとか、年齢的なものとか、そうしたものは感じられず、むしろ、様々な相手への様々な対応力など円熟味が見て取れました。

試合を中継するWOWOWの解説を務めた浜田剛史氏(元世界王者=帝拳代表)は、ゴロフキンの強さを、攻撃力、守備力を備え、何でもできる強さと巧さ、と語り、この“死角なし”の王者を慌てさせるには〈下がらせる状況をつくること〉としました。

今、ゴロフキンに注目が集まるのは、やはり、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(32=帝拳)の存在です。

村田が4月15日、初防衛に成功したことにより、村田と契約を交わす米大手興行会社「トップランク社」のボブ・アラムCEOは、2度目の防衛戦を米国で、さらに勝利を条件にその先、東京ドームでのゴロフキン戦、をもぶち上げてあおっています。

この日の試合後のインタビューでゴロフキンは、次の相手を聞かれ、誰とでもやる、と答えていました。

インタビューアは、そんな答えでは満足せず、誰かひとりを挙げてくれ、と迫りましたが、ゴロフキンの返答は変わらず、誰とでもやる、でした。

期待された「ムラタ」の名前は、最後まで聞かれませんでしたが、村田がこの王者をどう振り向かせるかは、今後次第ですね。
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR