過酷過ぎる「全米オープン」の戦い

いやはや・・・これほどまでに難しくする必要はあるのか? いかに踏みとどまるか、という精神力の勝負に敗れ、この男でさえ「9オーバーの79」(パー70)を叩いて沈みました。

熱戦を繰り広げる米男子ゴルフツアーの今季メジャー第2弾「全米オープン」(米ニューヨーク州サウサンプトン=シネコックヒルズGC)第3日(6月16日)の激闘です。
大会は「テレビ朝日」系列で6月17日午前2時35分から生中継

第2日を通算5オーバーで首位に9打差の26位タイとして上位進出を目指した第3日。“この男”松山英樹(26=LEXUS)は、USGA(全米ゴルフ協会)の“鬼か!”とも思える過酷なコース・セッティングに太刀打ちできず肩を落としました。

強風が吹き、グリーンは硬く乾き、それに追い打ちをかけるように、ボールを止めにくいところに設定したピンホジション。

松山は2番(パー3)で4メートルのバーディーパットを外したとき、アレレッといった感じで首を傾げました。ラインへの迷い?。

フッと沸いた疑問は、追い上げるにはまず、取っておきたい5番(パー5)に微妙に影響します。第2打をグリーン下に運び、第3打のアプローチがコロコロと戻って転がり落ちてしまいます。4オン2パットの痛いボギー。

そして・・・悪夢の8番(パー4)-。

グリーン奥からの第3打を1メートル半に寄せ、パーセーブを確信しながら4パットの「7」を叩いてしまいます。

ボールより感情のコントロールが先

前半アウトを4オーバーの39として、この時点で通算9オーバー。

松山は競技終了後のインタビューで「コースに対応するショット、パットとも技術がなかった。何もできなかった」と、いさぎよく“自分の責任”を強調していました。

しかし、最高難度のコース・セッティングとなった第3日の戦いが、プレーヤー個々の“感情のコントロール”との戦いとなったことは、こんな出来事が象徴していました。

13番(パー4)のグリーン上。フィル・ミケルソン(48=米国)が打った約3メートルのパットは、カップをオーバーして傾斜を転がっていってしまいます。たまりかねたミケルソンは、それを追いかけ、まだ動いているボールをカップに向けて打ち返してしまいました。

もちろんミケルソンがルールを知らないわけがなく、2打罰を承知した意図的な行為。転がり落ちたボールの対処がまた、難しさを生むよりは、2打罰だけで済む(このホール「10」)こちらを選んだということなのでしょう。

ミケルソンほどの世界的プレーヤーがなぜ? とその胸中は分かりかねますが、あるいは“ここまで難しくしなくても・・・”というUSGAへの抗議があったかもしれません。

かみ合わなくなった松山のプレーは続きます。

13番(パー4)からの3連続ボギー。そして16番(パー5)では3オンの後、約7メートルをまた、4パットしてしまいます。2度目の悪夢-。

後半インも5オーバーの40とスコアを伸ばせなかった松山は、通算14オーバーで54位タイと沈みました。が・・・松山より下の61位タイに通算16オーバーのリッキー・ファウラー(米国)がいます。首位戦線にアンダーパーはなく、通算3オーバーでダスティン・ジョンソン(米国)ら4人が並走-。

とにかく過酷なコース・セッティングでプレーヤーの心身を消耗させる罪作りなシネコックヒルズの戦い。果たして最終日はどうなってしまうことでしょうか?。
スポンサーサイト

まだまだ・・・我慢の滑り出し

さて・・・滑り出しはどうだったでしょうか?

開幕(6月14日)した米男子ゴルフツアーの今季メジャー第2弾「全米オープン」(米ニューヨーク州サウサンプトン=シネコックヒルズGC)第1日の激闘、松山英樹(26=LEXUS)の18ホールです。
(大会はゴルフ専門チャンネルの「ゴルフネットワーク」が生中継)

「ゴルフネットワーク」が放送を開始した6月14日午後9時30分、イン・スタートの松山はちょうど、10番(パー4)の第1打を打ち終えたところでした。

左ラフに打ち込み、第2打はグリーンオーバー、第3打のアプローチを3メートルにつけ、これを沈めてパーでしのぎます。

ホッとひと息の出だし-。

とはいえ・・・最初の1ホールを観ただけでシネコックヒルズGCの凄さが、テレビの画面を通してでも伝わってきます。特にこの日は、公式発表された「西の風6メートル」でも、体感的にそれ以上、だろう強風が吹いており、それがショットの難しさを生んでいるようでした。

フォローの風に乗っでグリーンオーバーした松山の第2打がそれであり、松山より先にスタート(イン)して行った小平智(28=Admiral)は10番でいきなり、トリプルボギーを叩いていました。

2004年大会以来、14年ぶり5度目の舞台となったシネコックヒルズGCは、米ニューヨーク州南東部の島「ロングアイランド」に位置しています。周囲をほぼ海に囲まれたリンクス・コース。日ごろから風速6メートル前後の風が吹いており、風との対話、マネジメントの難しさを感じさせます。

さらに・・・松山が「ラフに入れた場合、必ず1罰打、あるいはそれ以上の罰打が来るケースがある」と言った、ひざ丈もあるフェスキーの深いラフが、かなりのプレッシャーとなって選手たちの神経をすり減らしそうです。

勝負を分ける「風との対話」と「マネジメント」

そんな中で松山は、悪くはない内容でコースとの攻防を繰り広げています。

11番(パー4)で第2打が乗らず、ボギーを先行させましたが、12番(パー4)で第2打を約3メートルにつけ、これをねじ込んでバーディーを奪います。

13番、15番(ともにパー4)で叩いたボギーは、いずれも風の影響でパーオンを逃してのもの。まだまだ、コースとの“我慢比べ”でチャンスを待つ気持ちを維持出来ていたと思いますが、痛かったのは16番(パー5)でのダブルボギーでした。

フェアウエーからの第2打がグリーン右のフェスキーのラフに入ります。第3打をバンカーに入れ、第4打をピタリ寄せました。

稼ぎたいパー5でしたが、とにかくパーでしのいでおけば次がある、といった状況。しかし、このパットを3パットしてしまいダブルボギー。これは観る側も溜息が出てしまうほどでしたから、松山自身も痛い結果だったことでしょうね。

そのせいか、後半アウトは、パープレーで我慢を強いられ、そこでボギーを叩いてしまう(7番)いやな展開。終わってみれば、5オーバーの75、首位に6打差の47位タイは、世界ランク10位、PGAツアーのパワーランキング(優勝予想ランク)で11位に位置した松山にしてみれば、出遅れと言わざるを得ない内容となりました。

であっても・・・首位はダスティン・ジョンソン(米国)ら1アンダーの4人。この4人だけがアンダーパー・グループという凄い展開です。

第1日のこの結果に松山も、悪い位置ではないのではないか、と口にしています。

難コースでの追い上げは、昨年の「全米オープン」(米ウィスコンシン州エリン=エリンヒルズ)で演じています。首位に6打差の14位でスタートした最終日、ゾーンに入った猛攻で2位に食い込んだ実績です。

まだまだ、これから・・・と願いたいものですが、観ているほうは勝手ですね。選手たちは4日間、この神経をすり減らすコースで何キロ、体重を減らすことでしょうかね。

“そろそろ頼みますよ”・・・の期待

米男子プロゴルフツアーは、6月14日から4日間、今季メジャー第2弾となる「全米オープン」(米ニューヨーク州サウサンプトン=シネコックヒルズGC)の熱戦を展開させます。

日本勢は、米ツアーを主戦場とする松山英樹(26=LEXUS)、小平智(28=Admiral)ら4選手が出場。6月7日(日本時間同8日)には、予選ラウンドの組み合わせが発表され、第1日は小平が6月14日午後8時40分(日本時間)にポール・ケーシー(英国)らと、松山が同午後9時13分(同)にリッキー・ファウラー(米国)らとの、インからのスタートが決まり、臨戦ムードが高まりつつあります。

4月の「マスターズ」(4月8日最終日、米ジョージア州オーガスタ=オーガスタ・ナショナルGC)から2カ月。「マスターズ」を19位で終えた松山にとって、メジャー第2弾の「全米オープン」は、ある意味、リベンジ意識が強いのではないかと思います。

今季は、松山らしからぬ内容で少々、精彩を欠いているのが気にかかりますが、やはり本領を発揮したときの底力は群を抜いたものがあり、どうしてもそこに期待をかけてしまいます。

昨年の「全米オープン」(米ウィスコンシン州エリン=エリンヒルズ)を思い起こしてください。

第3日を終えて通算6アンダーで首位に6打差の14位。松山は最終日の逆転劇を目指して前半アウトを2アンダー、通算スコアを8アンダーとして、勝負のサンデー・バックナインに突入していきます。

この時点で既に、ゾーンに入っていた、のでしょう。絶好調のティーショット。ピンに絡むアイアン・ショットの精度の高さ。さらに好調なパット・・・。言うことなしの状態で11番から3連続バーディーをもぎ取り通算11アンダー(首位と2打差に肉薄)。15番でボギーを叩いたものの16番、18番でバーディーを奪い通算12アンダーでホールアウト。松山はこの爆発で優勝には届かなかったものの2位に急浮上したのでした。

難コース「シネコックヒルズの死闘」となるか?

今回の舞台「シネコックヒルズGC」での「全米オープン」開催は、2004年以来、14年ぶり、5度目となります。昨年の舞台「エリンヒルズ」がそうだったように、今回の舞台「シネコックヒルズGC」も、USGA(全米ゴルフ協会)主催のメジャー競技ならではの難しいコースセッティングで選手たちを悩ませます。

2004年大会のときは、狭いフェアウエーと硬いグリーンに各選手、手こずっていましたが、今回のコースは、改修されたことでフェアウエーは広くなり、その一方、ひざ丈まである長いラフは相変わらずで、ショットの正確性は不可欠となりそうです。

ニューヨーク州の東部に位置する半島のロングアイランドは、両側が海に面しており、コースに吹くやっかいな強風も、難しさに拍車をかけることになりそうです。

そんな中で松山に好調が戻れば、ピンを狙う精度の高いアイアンショットは、大きな武器となり、期待が持てそう、ということになります。

まあ、しかし、この「全米オープン」の過去の激闘を振り返るとき、やはり、真っ先に思い出されるのが、青木功vsジャック・ニクラウスの「バルタスロルの死闘」ですね。

1980年の「第80回全米オープン」は、米ニュージャージー州スプリングフィールドのバルタスロルGCで開催されました。

予選ラウンド2日間、ニクラウスとの組み合わせで戦った青木は、第2日を終えても、単独トップのニクラウスに対して2位と粘り、決勝の第3日も同組での戦い。ここで青木はニクラウスと首位タイで並び、最終日は文字通り、死闘が繰り広げられました。

最終的には2位となったものの、4日間に渡る“帝王”ニクラウスとの同組での戦いは、青木の米国での知名度をグ~ンとアップさせたものでした。

それまで「青木功(ISAO AOKI)」は「イサオ エイオキ」などとコールされていましたが、これを機にしっかりと読まれるようになったのですから。

松山には、このところ期待をかけながら、ちょっとそれを裏切られるパターンが続いていますね。

この辺で“そろそろ頼みますよ”と言った感じ・・・ドラマチックな戦いを見せてくれるとうれしいですね。

「努力家」「研究熱心」が犯した過ち

何をどうして、どうしたのか、の詳細はまだ、明らかにされていません。

とはいえ、同伴競技者のアマチュアが、途中でプレーを放棄してしまったのですから、その態度は“怒り心頭に発する”状態だったのでしようね。

プロゴルフの大会前に行われるプロアマ戦で、プロの片山晋呉(45=イーグルポイントGC)が招待客へ不適切な対応をしたという出来事です。

片山は、国内男子ツアー「日本ツアー選手権 森ビル杯」(6月3日最終日、茨城・宍戸ヒルズCC)のプロアマ戦(5月31日実施)で同伴の招待アマへの接待どころか、自らの練習に専念、その態度に招待アマが激怒し、わずか1ホールでプレーを切り上げしてしまったのです。

いやはや・・・これもめったにない出来事ですね。私もスポニチ本紙の運動部記者時代は、ゴルフ担当を拝命して結構、この分野を長きにわたって取材してきましたが、こんな事件には遭遇しなかったですね。

そもそも「プロアマ戦」とは何か?

その前にプロたちが稼ぎの場所となる、年間を通したツアー競技はどうして成り立っているのか? そこから解説しないと分からないプロも、どうやらいるのですね。

その前に“社会人であれ”の意識

プロゴルフの大会に限らず、何ごともイベント開催にはお金がかかります。収入の3本柱は①広告収入②テレビの放映権料③入場料収入-といったところですが、ゴルフの場合は、特に①の、それもメーンとなるスポンサーが支えないと大会が成り立ちません。

大会前日に行われるプロアマ大会は、ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO=青木功会長)の、そうした関係者へのお礼であり、そこに参加するプロたちは、翌日に控える開幕日が気がかりだったとしても、招待アマへのレッスンや会話は、大事なお役目と受け止めなければならないのです。

職業はプロゴルファーであっても、それはプロ野球選手にもプロサッカー選手にも言えることですが、その前に、社会人であれ、の意識ですね。

今季、国内女子ツアーの試合数は38試合、賞金総額は史上最高額の37億2500万円と繁栄を誇っています。対して国内男子ツアーは、開幕第1戦、第2戦の海外2試合を含んで25試合、賞金総額は35億775万円と女子ツアーに遅れを取っています。

青木功がJGTOの会長職を引き受けたのは、ツアーの活性化を大目標としたからであり、今季、石川遼(26=CASIO)を選手会長に抜擢したのも、ファンサービスの充実を期待してのことでした。

いずれも人気面で盛り上がりを欠く男子ツアーの復興を願ってのもの。そんな折り、片山の行為は流れに逆行するものであり、青木会長が「極めて深刻であると受け止めている」と言うように、見過ごすわけにはいかない出来事になってしまいました。

片山は、茨城・水城高→日大を経て1995年にプロ転向。2000年に初の賞金王となり、その後も2004年から3年連続して賞金王に輝き、2008年10月19日の日本オープンで通算25勝を挙げて「永久シード権」を獲得しています。

ここまでの一線級選手になれたのは、自身の精進、努力、研究熱心のたまもの、と自分をほめるか、その前に働ける場があってこそのもの、と心を謙虚にするか、まあ、どちらにしても、プロアマ戦の場で自分の練習などしてはいけませんね。

社会人としての意識を欠いては、トッププロの名が泣くというものです。

次につながる19歳・畑岡のトップ10入り

日本勢は出場9人のうち7人が予選落ち。そんな中、米国を主戦場とする畑岡奈紗(19=森ビル)が気を吐きました。

熱戦を展開させた米女子ゴルフツアーの今季メジャー第2弾「全米女子オープン」(6月3日最終日、米アラバマ州バーミングハム=ショール・クリークCC)での健闘です。
最終日の模様は「テレビ東京」が6月4日午前4時40分から生中継

今年の女子ゴルフ“世界一決定戦”は、USGA(全米女子ゴルフ協会)主催のメジャー競技ならではのセッティングの難しさに悪天候が追い打ちをかけ、選手たちを苦しめたようです。

第2ラウンドが降雨サスペンデッドとなり、畑岡の第3日は、第2ラウンドの残り10ホールと第3ラウンド18ホールの計28ホールとなり、現地情報によると「うだるような暑さ」の中、2バーディー、2ボギーのイーブンパー「72」と耐え、通算イーブンパーで最終日は14位からのスタート。優勝戦線からは離されましたが、ひとつでも上へ、と畑岡は、この舞台に19歳の若さをぶつけました。

年間5つのメジャー大会の中でやはり、全米女子オープンは「メジャーのメジャーらしい雰囲気」に包まれるようです。

どういう雰囲気なのか? 1987年に外国人として初めてUSLPGAツアーの賞金女王に輝いた岡本綾子は、自著「メモリアル・グリーン」の中でこう記述しています。

〈世界最高の舞台である「メジャー」は、プレーヤーすべてが全力を挙げて挑んでくる激しい「戦場」です。(略)ただならぬ空気が張り詰め、何か息苦しい感じがする。それが「メジャー独特のムード」なのです〉

そんな中で・・・。

試行錯誤を続ける悩める松山

〈USオープンは何といってもアメリカのナショナル・オープンですし、このトーナメントに優勝することは、とりもなおさず世界ナンバー・ワンになることですから、プレーヤーにとっては一番欲しいタイトルです。(略)メジャーのメジャーらしい雰囲気はやはり、USオープンにとどめを刺すと言っていいでしょう〉

・・・ということになります。

だから国内ツアーの昨季賞金女王・鈴木愛が通算6オーバーで決勝ラウンドに進めず、ホープの川岸史果が通算15オーバーで歯が立たずに沈んだのも、仕方がないと言えば仕方がない、という見方も出来ます。

それゆえに最終日の畑岡が「自分らしい攻めのプレーで終えられるように・・・」と言い聞かせ、5バーディー、5ボギーの「72」で回り、通算イーブンパーで、狙い通りのトップ10に食い込む10位に入ったことは、評価していいのではないかと思います。

もっとも、畑岡自身は「上位を狙える位置でスタートしてスコアを伸ばせずに悔しい」と振り返り、あくまで上を見る、前向きの姿勢がいいですね。

この日の朝は忙しかったですね。

男子もUSPGAツアーの「メモリアル・トーナメント」(米オハイオ州ダブリン=ミュアフィールドビレッジGC)最終日が開催されており、第3日を通算9アンダー(7位)で終えた松山英樹(26=LEXUS)が、首位に5打差を猛追しているのではないか、と気になります。
最終日の模様は「NHK BS1」が早朝から生中継

チャンネルを落ち着きなく変えながら“チョイ見”の連続-。

画面の中で松山は、ボギーを先行させながらも、バーディーも奪い、4バーディー、3ボギーの「71」で回り、通算10アンダーで13位は、ちょっと物足りなさも残る内容となりました。

大会を通して前半2日間は、ショットに復調気配を感じながら、後半2日間は、また不安定がぶり返し、悩める松山に戻ってしまった感じでした。

それでも、難しい最終18番(パー4)で第2打を約2メートルにつけ、バーディーで締めくくったのが唯一の救い・・・になったかどうかは分かりませんが・・・。

プレーオフを制して今季2勝目を飾ったブライソン・デシャンボー(米国)の勇姿が、今の松山にとっては眩(まぶ)しすぎたかもしれませんね。
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR