日没6分前に決着した壮絶勝負

いや~凄い試合でしたね。

楽勝と思われた展開が一転、大詰めでつばぜり合いとなり、プレーオフにもつれ込んだ末に延々6ホール目での決着! という大死闘になりました。

USLPGAツアー「テキサス・シュートアウト」(4月30日=日本時間5月1日=最終日、米テキサス州アービング・ラスコリナスCC)での野村敏京(24=フリー)とクリスティ・カー(39=米国)の優勝争いです。
(試合はWOWOWライブが5月1日午前4時から生中継)

第2日に首位に立った野村は、第3日を終えて後続に2打差をつける通算8アンダーで首位の座をキープ。最終日も、前半アウトを終えた段階で、追随を許さずに5打差をつけ、楽勝の展開に持ち込んでいました。

が・・・ゴルフは怖いですね。本当に何が起きるか分からないものです。強風の影響があったと思いますが、10番、11番を連続ボギーとしてリズムを崩します。さらに14番でもボギーを叩き、スコアを通算5アンダーに落としてしまいました。

一方、ひと組前を回るカーは、前半アウトで5ボギー(2バーディー)を叩き、一時はあきらめの心境だったと思われましたが、野村が崩れたことで息を吹き返し、15番を終えて野村に3打差とジワリ、迫ってきました。

そして上がり3ホール、大詰めの勝負-。

野村が魅せたド根性の戦い

16番(パー4)をボギーとした野村にカーは2打差と肉薄し、難易度の高い17番(パー3)で、カーがバーディーを奪ったのに対し、野村は第1打グリーンオーバーから痛恨のダブルボギーを叩いてしまい、ついに逆転されてしまいます。

「が」・・・また「が」となるところが、この勝負の凄さです。最終18番(パー5)で野村は3オンの後、約2メートルのバーディーパットを沈め、しぶとくカーに追いつき、プレーオフに持ち込んだのです。

まさに観(み)ているほうもシビれた、絶体絶命のピンチからの値千金のバーディー奪取となりました。

サドンレスのプレーオフは、18番で繰り返し、争われました。

1ホール目、2ホール目・・・5ホール目。ともに譲らず、展開は持久戦となり、風はやまず、次第に寒さも増す中で“根比べ”の様相を呈してきます。

6ホール目を迎えた段階で、ともに本戦をスタートしてから7時間を超える戦いです。現地の情報では、日没6分前、このホールで決着がつかなければサスペンデッド、翌日にやり直しとなるところでした。

野村という選手は、勝負強いですね。本戦の18番で追いついた勝負強さを、ここでも発揮しました。

第1打をフェアウエーセンターに運んだ後、3Wの第2打が素晴らしい1打となり2オン、2メートル半のイーグルパットは外しましたが、バーディーを奪って決着をつけました。

最後は野村の24歳の勢いが、最後は疲れ果てた感じとなった39歳のカーを突き離した形となりました。

昨年4月の「スウィンギングスカート・クラシック」(米カリフォルニア州デーリーシティー=レークマセドGC)以来となる今季初勝利、ツアー通算3勝目。

野村が「風が強くてコースはタフだった。長~い1日でした」と振り返った優勝は、ここ一番で最高のショットが打てたこと、ベテランのカーに競り勝ったこと、などを含めて今後の飛躍に結びつくことでしょう。
スポンサーサイト

“黒字”解消への苦闘!

何ごとも「黒字」であればよし! ということばかりではありません。「赤字」でなければダメなんです! ということもあるのです。

プロゴルフのトーナメントでは、スコアをアンダー・パーは赤字で、オーパー・パーは黒字で表記されるのが常です。

米男子プロゴルフツアーの今季メジャー第1戦「マスターズ」(4月9日最終日、米ジョージア州オーガスタ=オーガスタ・ナショナルGC)の熱戦-。

松山英樹(25=LEXUS)は、どうしてもこの黒字を解消できずに苦闘を強いられました。

一時の絶好調から調子を落として迎えたこの大会。大会を中継するTBSテレビの解説を務めた中嶋常幸プロが、今の松山を「ちょっとヤバいよ」と心配したように、ショットとパットがもうひとつ、かみ合わず、いい流れに乗れないラウンドを繰り広げました。

第1日=4オーバーの76。第2日=2アンダーの70。第3日=2オーバーの74。大事な第3日は、15番(パー5)でイーグルを奪いながら、最終18番(パー4)で何と4パットのダブルボギーを叩くなど、どうしても浮上のきっかけがつかめない状態です。

3日間通算4オーバーの中で最も赤字に近づいたのが、第2日の15番でバーディーを奪い、通算1オーバーとしたときだけ、という、松山“らしい”爆発がまったく見られない我慢の日々が繰り返されました。

第3日の最終18番の4パットという上がりの悪さに、ホールアウト後にコメントを求められて「最後のパットでやる気が失せました」と、テレビの画面を通しても内面の落胆が感じられる暗い顔を見せたものでした。

最後に魅せた“らしい”猛攻!

アマ時代を含め、今回で6度目の出場となったマスターズ。最近の戦績は、一昨年5位、昨年7位と上位戦線にからんでおり、今回、調子を落としていても、世界ランク4位で臨む松山は、優勝候補の一角を占める評価を得ていました。

それだけに・・・このまま沈んでしまうわけにはいかない!の意地が、最終日の猛チャージを生んだのでしょう。

最終日に初めてバーディーを奪えた2番(パー5)で調子に乗り、前半アウトで3バーディー(1ボギー)を奪い、通算スコアを2オーバーにして後半インを迎えます。

相性のいい10番(パー4)でバーディー。11番(パー4)でボギーを叩きましたが、13番と15番のパー5でいずれも2オン、イーグル逃しは惜しまれましたが、ともにバーディーでスコアを伸ばします。

15番を終えた段階でやっと通算イーブンパーにこぎつけました。最終日、残り3ホールに懸けた黒字解消のチャンス。これほどまで赤字に恋い焦がれたことは、松山自身、あまり経験がないのではないでしょうか。

そして17番(パー4)でチャンスをつかみます。2オンからバーディーを奪い、通算1アンダー、待望の赤字グループに加わることが出来ました。

この日ベストスコアの「67」をマーク。これは大きかったですね。最終日スタート時の28位から一気に11位に浮上。12位以内に与えられる来年の出場権を確保したのですから・・・。

ホールアウト後の松山は「ショットがよかった、最終日にやっと、です。パットをもっと磨かないと・・・」と話していました。

万全でない状態で大会に入り、悪いなりに修正しつつ、最後に調子を取り戻した松山には“底力”を感じます。

それにしても・・・日本勢3人のうち、決勝ラウンドに進んだのが松山だけというのも寂しい限りでしたね。

松山が、ただ出場すればいい、予選を通過すればいい、というレベルを一新、日本人選手でもこの夢舞台で優勝できる可能性をもたらしたのですから、他選手は気合を入れて臨んでもらいたい、と思います。

「マスターズ」が始まった!

4月7日早朝-。

眠い目をこすりながらテレビを点(つ)けたら、オーガスタ・ナショナルGCには、強風が吹き荒れていました。

4月6日(日本時間同日夜)に開幕した米男子ゴルフの今季メジャー第1戦「マスターズ」(米ジョージア州オーガスタ=オーガスタ・ナショナルGC)の戦いです。
(第1日の熱戦はTBSテレビが4月7日午前4時から生中継)

天候に関しては午前中、時折り、突風に見舞われながら8メートルの強風。やや収まった午後でも平均6メートルの風が伝えられました。テレビの解説を務める中嶋常幸プロによると、体感温度も低く、冬に近い寒さだね、と夢舞台は難しいコンディションの中で幕を開けました。

そのせいもあったでしょうか。出場している日本人3選手も苦戦を強いられます。

風が強い早い時間帯に回った松山英樹(25=LEXUS)は、バーディーは1つだけで3ボギー、1ダブルボギーの4オーバー76。遅い時間帯の谷原秀人(38=国際スポーツ振興協会)も、2バーディー、6ボギーの4オーバー76。池田勇太(31=フリー)が、2バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの2オーバー74で回り、日本勢最上位の26位発進となりました。

3選手の中、どんなゴルフをするだろうか? と注目したのが谷原でした。

10年ぶり2度目のマスターズ出場。初出場となった2007年大会では予選落ち。しかし、今大会は、この場に立つまでの過程が並みではありません。

昨年末(2016年最終)の世界ランクが57位。谷原がマスターズの出場権を得るには、2017年3月27日時点の世界ランクが50位以内でなくてはなりません。

強風下の我慢比べ

年が明けて谷原が走り始めます。

ハワイを皮切りに国内男子ツアーの2017年シーズン開幕を告げるシンガポール、ミャンマーでの2試合、さらにメキシコ、米国・・・と5カ国を転戦。世界ゴルフ選手権シリーズの「デル・マッチプレー」(3月26日最終日、米テキサス州オースティン=オースティンCC)で4強に進出。マスターズの出場資格を満たす世界ランク48位をもぎ取ったのです。

国内男子ツアーの今シーズンは、1月の海外2試合(シンガポール、ミャンマー)で開幕したものの、本格的な開幕となる国内初戦の「東建ホームメイトカップ」(4月13日開幕、三重・東建多度CC名古屋)までは間があります。

中嶋プロは、こうした谷原の“粘り”の姿勢を最大評価。日本の選手は、長いオフをどう過ごすかに苦慮することも大切だが、もっとどんどん試合に出る機会を自分でつくることも考えたほうがいいのでは、と課題を指摘していました。

ちなみに谷原は、自力で手にしたマスターズ切符に対し「こんな形でマスターズに出る人はこれまでいなかったと思う。こんな例もあるんだと後進に示したかった」と話しました。

その前向きの姿勢に頭が下がりますね。

肝心の試合は第1日、前半アウトを2オーバーでターン、後半インはボギーが先行して苦戦を強いられますが、谷原らしさを見せてくれたのが13番(バー5)でした。

第2打をグリーン左奥に外しましたが、そこからの第3打をピタリ60センチにつけて初のバーディーを奪いました。

アプローチ&パットの小技に関しては世界トップクラス! の面目躍如の“いぶし銀”のプレーでしたね。

不調のまま大会に突入した松山は、ショット、パットとも、まとまらないラウンドで「もどかしい1日」になってしまったようですが、中嶋プロは、かみ合わせだけだね、と第2日以降の巻き返し期待しました。

尻上がりに内容を良くした池田も、手応えを得たようで、もう少しチャンスを生み出せれば・・・と振り返りました。

戦いは始まったばかりです。

ニッポンの3戦士の第2日以降に期待しましょう。

また“寝不足”の4日間が始まる!

いよいよ始まります。

今年はどんなドラマが繰り広げられることでしょうか。ゴルフファンにとっては、また、寝てはいられない4日間、ですね。

4月6日に開幕するUSPGAツアーの今季メジャー第1弾となるゴルフの祭典「マスターズ」(米ジョージア州オーガスタ=オーガスタ・ナショナルGC)の熱戦です。

毎年、この時期になると、ああ、あのとき、両足裏に大きなマメをつくり、それを潰しながら取材に奔走したっけなァ、という日々が思い出されます。

巨大なアトランタ空港(米ジョージア州)を起点に空路なら約30分。車なら市街地から北東に延びる20号線を時速65マイル(約105キロ)で約3時間。オーガスタの町は、樹木が豊かに生い茂る、雰囲気のある小さな田舎町です。

普段は静けさに包まれているのだろうこの町が、マスターズ・ウイークを迎えると、世界から集まる選手、関係者、メディア、パトロン(観客)によって一転、年に一度のお祭り騒ぎ、熱狂に沸きます。

私が取材に当たった時代は、当地にビジネスホテルが一軒しかなく、多くのメディア関係者は、マスターズ委員会の住宅部から斡旋された民家が宿舎になりました。

この週は会社も学校も休みとなり、宿舎として登録する民家は、子供たちを小旅行など、どこかに出してしまい、空いた子供部屋を提供するのですが、私は一度、部屋の壁紙もベッドのカバーもピンク一色の、まあ、若い娘さんの部屋なのでしょうが、そこに案内され、この部屋でタバコなど吸えるのだろうか、など、これからの仕事にはどうにも、似つかわしくない環境下に置かれてしまったことを覚えています。

魔女が棲むオーガスタ

熱戦の舞台となるオーガスタ・ナショナルGCは、なんとも不思議なコースです。

“球聖”と呼ばれたボビー・ジョーンズが現役引退後の1932年、友人の実業家クリフォード・ロバーツと共同で造成したコース。設計はアリスター・マッケンジー博士が受け持っています。

注目すべきは、ジョーンズが自著「ゴルフはわが人生」の中で〈コースを設計するに当たって、われわれの要求に欠くことのできない点は、アベレージ・ゴルファーの力量の範囲内で楽しめるコースを建設することだ〉と記述していることでしょうか。

なるほど・・・といっていいものかどうか。ハナミズキ、ツツジなどの花々が大会開催時の4月から初夏にかけて咲き誇る花園のコースは、フェアウエーとラフの境がほとんど見られず、一見して平坦な林間コース。誰もが楽しんでプレーできそうな印象を与えます。多くのトッププロも、練習ラウンドでは恐らく、行けるぞ! と感じるのではないでしょうか。

が、それが一転、難易度を増すのは、大会に入って観客(マスターズではパトロンと呼ぶ)が各ホールを取り囲んでから、なのですね。漠然としていた各ホールが、取り囲んだパトロンたちによってくっきりと輪郭を現し、と同時にホール全体が熱気に包まれます。オーガスタに棲む魔女たちの“お目覚めのとき”ですね。

熱気が生む選手たちの欲望を、魔女たちは高みの見物です。攻めるべきか守るべきか。これまでどれだけの選手が自分の欲望に負け、魔女たちに嘲笑されてきたことでしょうか。

つまり、魔女は自分の内面に棲み、良いショットと悪いショットをしたときの賞罰を自分で背負うコースが、マスターズの舞台「オーガスタ・ナショナルGC」なのですね。

今年の日本勢は、松山英樹(25=LEXUS)、池田勇太(31=フリー)、谷原秀人(38=国際スポーツ振興協会)の3人です。

コースは18ホール中、ドッグレッグ・ホールが11ありますが、そのうち9ホールが左へのドッグレッグとなっています。そのため、カギを握るのは、ティーショットでハイドロー(高いドローボール)を打てるか、と言われています。

3人がどんな戦いを見せるか、また、世界のトップがどんなドラマを見せるか、楽しみな4日間ですね。

松山の調子は? 近づく「マスターズ」

早いものです。3月はもう、最終週を迎えており、来週4月第一週は、いよいよ「マスターズ」ウイークとなります。

USPGAツアーの今季メジャー初戦となるゴルフの祭典「マスターズ」(米ジョージア州オーガスタ=オーガスタ・ナショナルGC)は、4月6日に開幕しますが、今年の日本人選手は、どんな4日間を見せてくれるでしょうか。

まず、健闘を称えたいのは谷原秀人(38=国際スポーツ振興協会)ですね。

世界ランク60位で臨んだ世界ゴルフ選手権シリーズ「デル・マッチプレー」(3月26日=日本時間同27日=最終日、米テキサス州オースティン=オースティンCC)で4強に進出。世界ランク1位のD・ジョンソン(米国)ら強豪相手に準決勝、3位決定戦とも敗れ、4位に終わったものの、3月26日付の最新世界ランクで48位に浮上、世界に存在をアピールしつつ、10年ぶり2度目となるマスターズ出場権を獲得しました。

マスターズ出場資格のうち〈2017年3月27日の世界ランクで50位以内〉の条件を満たしたものですが、今年の谷原は、何が何でもマスターズ! と、積極的に海外にチャレンジ、1月から実に世界5カ国を貪欲に転戦して結果を出したものでした。

こういう“粘り”の姿勢には、ホント、頭が下がります。

谷原の粘りに脱帽!

国内男子ツアーの2017年シーズンは、1月の海外2試合(シンガポール、ミャンマー)で開幕したものの、本格的な開幕となる国内初戦の「東建ホームメイトカップ」(4月13日開幕、三重・東建多度CC名古屋)までは間があり、オフを生かして挑んだ、こうした努力、苦闘の日々が、ムダになることは決してないでしょう。

谷原は昨シーズン、池田勇太(31=フリー)と最後の最後まで賞金王の座を争い、それは池田に譲ったものの、池田も〈2016年最終の世界ランク50位以内〉の資格でマスターズ出場権を得ており、両選手の、舞台を最高の場に移したガチンコの戦いは、面白くなりそうですね。

さてさて・・・そうした中で心配なのが、調子を落としている松山英樹(25=LEXUS)です。

今年2月のUSPGAツアー「フェニックス・オープン」(2月5日=日本時間同6日=最終日、米アリゾナ州スコッツデール=TPCスコッツデール)でツアー通算4勝目を飾ってから、その後がどうもいけません。

予選落ち、25位タイ、45位タイ・・・と調子が上がらず、マスターズ前の実戦最後となった「デル・マッチプレー」でも、1次リーグ1分1敗で予選敗退。「勝負になるようなレベルではない。ショットだけでなくすべてが悪かった」と自分に怒りをぶつけています。

マスターズを中継するTBSテレビの解説を務める先輩プロの中嶋常幸(62=フリー)が、この結果に「ちょっとやばいな」と心配していることが報じられました。全盛時の中嶋は「どんなプロでも、年間を通して好調を維持し続けることなどありえない」として「好不調の波をどれだけ小さく抑えられるかが大事」と話していたものでした。

悪い波を最小限に抑えるということは、体調面、ショット面、パット面、の3つを同時に悪くしないこと、なのですが、その意味で今の松山は、絶好調からドカンと絶不調に落とされ、大きな波になすすべもなく巻き込まれているような状態にあるのでしょうか。

好調が戻れば、マスターズ優勝も夢ではない松山のパワフルなゴルフです。

「デル・マッチプレー」での不調、そのためにできた時間をマイナスとせず、立て直すためのいい期間と考え、オーガスタの舞台には、調子を取り戻して立ってもらいたいものですね。
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR