今年も激しい賞金レース

国内プロゴルフツアーは、男女とも“秋の陣”を迎え、賞金レースが激しくなっています。

男子ツアーは、今週の「ブリヂストン・オープン」(10月19日開幕=千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦コース)を含めて残り7試合-。

賞金レースは、前週の「日本オープン」(10月15日最終日=岐阜・岐阜関CC)を制した池田勇太(31=フリー)が、獲得賞金9984万5371円で賞金ランク3位に浮上。獲得賞金1億0752万4213円で同1位の小平智(28=Admiral)、同1億0040万2607円で同2位の宮里優作(37=フリー)と最後まで三つ巴(どもえ)の戦いを繰り広げそうで目を離せません。

女子ツアーの賞金レースも激しさを増していますね。

前週の「富士通レディース」(10月15日最終日=千葉・東急セブンハンドレッド西コース)を終えて賞金レースは、獲得賞金1億1230万4000円で賞金ランク1位のキム・ハヌル(韓国)を追う同1億0961万3800円で同2位の鈴木愛(23=セールスフォース)が、同3位のイ・ミニョン(韓国)、同4位のテレサ・ルー(台湾)ら外国人包囲網の中、孤軍奮闘しています。

この時期の賞金レースの話題は、試合数が残り少なくなった中で〈今年の顔は誰?〉を決める大きなテーマとして取り上げられますが、国内女子ツアーは、昨今の外国人勢優位にあって、どうしても〈誰が止める?〉の話題となってしまいます。

国内女子ツアーは“誰が止める”か?

それは無理もありません。なにしろ2009年の横峯さくら以降、3年連続して韓国勢。2013年に森田理香子がストップさせましたが、それ以降、昨年まで、またまた3年連続して韓国勢が女王の座を奪っているのですから・・・。

広く門戸を開放して切磋琢磨の中でレベルアップを目指すのが、JLPGAツアーの理念としても、やはり、大会を構築するスポンサーや協賛各社にしてみれば、日本人選手に勝ってもらいたいのは当たり前です。

米女子ツアーが一時期、苦境に立たされたのは、自国選手が勝てないツアーになぜ、高いお金を出さなければいけないんだ、というスポンサー筋の不満、撤退だったと言われます。

そうした中で今年の鈴木には、4年ぶりに日本人選手の賞金女王なるか、というところで注目を集めています。

前週の「富士通レディース」で優勝のチャンスを逃して4位に終わった鈴木は、悔し涙を流しましたが、キム・ハヌルとの差を約269万円差に縮めています。まだまだチャンスあり!

残り6試合に逆転賞金女王の座を懸けるのは、鈴木だけでなく、圏内に位置する選手全員に言えることですが、今週の「NOBUTA GROUP マスターズ・レディース」(10月19日開幕=兵庫・マスターズGC)は、その後に大きく影響する大会となりそうです。

4日間大会の「NOBUTA・・・」は、賞金も総額1億8000万円(優勝3240万円)と高額にセッティングされており、圏内の選手が優勝すれば、一気に突っ走る可能性が出て来る大会と言えます。

圏内にいる選手は、いずれも実力者ぞろい。そこに5年目の23歳、鈴木が勝負を懸ければ面白いことになりますね。
スポンサーサイト

シード権を失うことの厳しさ

JLPGAツアーの今季メジャー第3戦「日本女子オープン」(10月1日最終日、千葉県我孫子市=我孫子GC)を制した畑岡奈紗(18=森ビル)は、同ツアー出場資格の〈同一年度の公式戦1勝の者〉により、来季から3年間のシード権を獲得しました。

今季、USLPGAツアーを主戦場としていた畑岡は、出場18戦中、11試合で予選落ちと苦戦を続け、賞金ランク136位で同ツアーの来季のシード権を失っています。

米か日か-。畑岡は、来季の方向性を〈未定〉としながらも、再び米ツアーへの出場権を獲得するべく予選会にチャレンジする意向でいますが、国内ツアーの出場件を確保したことにより、背負うものがかなり楽になったのではないか、と思います。

一方、USPGAツアーの来季のシード権を失った石川遼(26=CASIO)のほうは、かなり深刻な様子が見て取れます。

東京・杉並学院高1年の15歳で初めて臨んだプロツアー、2007年のJPGAツアー「マンシングウェアKSBカップ」(岡山県玉野市=東児が丘マリンヒルズGC)を制覇。翌2008年にプロ転向。2年目の2009年には年間4勝を挙げ、18歳で賞金王に輝くなど、華々しい活躍を演じ〈さらなる高みを目指して〉米ツアーには2013年から本格参戦するに至っています。

その5年間-。

良いときもあり、悪いときもあり、のシーズンが続き、予選落ちも少なくない中、石川への注目度は、次第に“怪物”の出現に移行、松山英樹の活躍に注がれていきます。

・・・そして今季-。

石川は昨年2月、腰痛のために戦線を離脱し、公傷制度により与えられた20試合で来季のシード権を得られる「FedEx(フェデックス)カップ」のポイントランク125位以内を目指しましたが、12試合に予選落ちするなど浮上できず、ポイントランキンク175位で入れ替え戦での巻き返しを余儀なくされました。

石川&畑岡の来季の主戦場は?

入れ替え戦は、レギュラーツアーのポイントランク126位~200位の選手、下部ツアーの賞金ランク75位以内の選手などが参加、全4試合で来季のレギュラーツアーの出場権を争います。

石川は過去、2013年にこの入れ替え戦を経験(出場権を獲得)していますが、厳しいサバイバル戦に「2度と出たくない」という言葉を口にしています。

2度目の入れ替え戦の結果は、4戦の獲得賞金ランクが31位となり、当確の25位以内に入れず、石川は挑戦5年にして初めて来季レギュラーツアーのシード権を失うことになってしまいました。

スポニチ本紙の担当記者は、悪戦苦闘となった5年間を振り返った石川の「息苦しかった。自分の力が信じられていなかった」という複雑な胸中を表す言葉を伝えています。

ツアープロにとって、試合に出場できるシード権の獲得は、まさに“命”のようなものです。

それがあるとないとでは・・・。

例えば、国内女子ツアーの場合、賞金ランク「50位以内」の選手に来季の出場権が与えられますが、それ以下のシード権を失った選手は、QT(クオリファイング・トーナメント)や下部ツアーのステップアップ・ツアーに臨み、資格を得られる上位を目指さなければならないのですから・・・この争いは並みではありません。

米ツアーのシード権を失った石川は、2015年にJPGAツアーのメジャー大会「日本シリーズJTカップ」優勝で得た〈翌年から3年間〉のシード権により、2018年までの国内ツアーに出場できます。

畑岡にしろ石川にしろ、国内ツアーにシード権を残していることは大きいことです。

しかし、また、ともに米ツアーに懸ける思いが、このままで収まるのかどうか、というのも事実です。とくに石川の場合は・・・。

入れ替え戦の賞金ランク31位で下部ツアーの出場権は獲得しており、石川がリベンシを期すなら、下部ツアー参戦で泥にまみれながら再浮上するプランも有力視されます。

果たして・・・ですが、まずは参戦を決めている国内ツアーの「日本オープン」(10月12日開幕=岐阜・岐阜関CC)でどれだけ前向きになれているか、それを観(み)たいですね。

畑岡奈紗の連覇に思うこと

10月1日の日曜日午後-。

外は気持ちのいい秋晴れとなりましたが、これはちょっと見逃すわけにはいかないなァ、と外出をとどまり、テレビの前に陣取った方々も多かったのではないでしょうか。

JLPGAツアーの今季メジャー第3戦、女子ゴルフ日本一決定戦「日本女子オープン」(千葉県我孫子市=我孫子GC)最終日の優勝争いです。

第3日を終えて畑岡奈紗(18=森ビル)が通算13アンダーで単独首位に立ちました。

畑岡は前年の同大会、茨城・ルネサンス高3年在学中(17歳)の高校生で出場して史上初となるアマチュアによるメジャー制覇を達成。今年はプロとして連覇を達成するかどうかに最大の注目を集めていました。

熱戦の模様はまず「NHK BS1」が正午から午後1時15分まで放送。その後は「NHK総合」が引き継ぎ、畑岡という新星の活躍を最後まで生中継で追いかけてくれていました。

展開はいきなり、畑岡がバーディー攻勢で先手を打ち、前半アウトで勝負が決まった感がありました。

1番(パー5)でバーディー。2番(パー4)でボギーを叩きますが、3番(パー5)、4番、6番(いずれもパー3)でバーディーを奪い、アウトを終えて通算16アンダーとスコアを伸ばします。

競りかける同組のキム・ヘリム、ひと組前の申ジエら韓国勢は、一進一退でスコアを伸ばせず、アウト終了時に畑岡は、5打の大差をつけてしまいました。

“一人旅”となった中、畑岡は〈20アンダー〉を目指すことを心に決め、他人を見ず、ただひたすら、自分の持ち味である〈攻めるゴルフ〉を繰り広げます。

後半インに入り、11番、13番、14番(いずれもパー4)でバーディーを奪い通算19アンダー。この時点で後続の通算11アンダーに8打差をつけており、もはや優勝は決定的。そして17番(パー5)で右ラフからの第3打をピタリ1メートルにつけ、目標の通算20アンダーを達成しました。

不振を極めた米ツアーの1年目

ちなみに日本女子オープンでのこれまでの最少ストローク記録(パー72のコース)は、宮里美香の通算12アンダー(2010年大会=大利根CC東コース)でした。JGA(日本ゴルフ協会)が主催するメジャー仕様の難コースで叩き出した通算20アンダーは、まさに別次元のゴルフといえたでしょうか。

また、日本女子オープンでの2連覇は、1976~77年の樋口久子(現・JLPGA相談役)以来、実に40年ぶり、2人目の快挙となりました。

テレビの画面を通してですが、今大会の畑岡に感じたことは、絶好調ともいえるショットとパットを武器に堂々と攻めのゴルフを展開させる“迷いのなさ”でした。

テレビの解説を務めた森口祐子プロは、一喜一憂のない落ち着いた〈平常心〉絶賛していましたが、優勝インタビューで畑岡が語った「気持ちが強くなった自分を感じた」が、あるいは競りかける後続の意欲を萎えさせたのかもしれません。

前週のJLPGAツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」(9月24日最終日、宮城県利府町=利府GC)に続き、2週連続優勝も達成-。

が、強い畑岡の凄さに感心する一方、では、あの米国での不振は、いったい何が原因だったのだろうか、と考えてしまいます。

前年の「日本女子オープン」で優勝後、プロ宣言した畑岡は、主戦場を米国に求めました。

しかし、米国での戦績は、18試合に出場して11試合に予選落ち(棄権1)、トップ10入りなし、の結果となりました。

広大な北米を移動する大変さなどの環境に慣れること、言葉に慣れること、などまず、それら日常的なことに慣れなくては、試合どころではない、ということは、経験者が誰でもぶち当たってきた壁です。加えてゴルフに関して言うなら、試合ごとに変わる芝の質への対応、飛距離もそうですが、グリーン周りの多彩なテクニックも、日本とは比較にならないほどの難しさがあります。

米国で泣いた畑岡が、帰国した途端に国内2連勝を飾ったことにやはり、国内ツアーの関係者は何かを感じる必要もあるのではないかと思います。

畑岡が言いました。

〈これからは私たちの世代が、日本を引っ張っていく時代にしたい、と思う。今日、勝てて本当に良かった〉

堂々と3位に入りローアマに輝いた17歳の女子高生アマ・小倉彩愛(岡山操山高2年)の活躍を含めて〈若い力〉に期待がかかる国内最高峰の大会となりました。

模索する奈紗に“ポスト藍”の期待

引退ロードを終えた女子プロゴルファーの宮里藍(32)は当初、最後の試合をJLPGAツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」(9月22日~24日、宮城県利府町=利府GC)にしたい意向でいました。

しかし、諸事情により、前倒しする形でUSLPGAツアーのメジャー最終戦「エビアン選手権」(9月17日最終日、フランス・エビアン=エビアン・リゾートGC)に変更するに至っています。

これに対し宮里は、自身のブログに「現状で自分のゴルフが家族を超えることはないと心から感じており・・・(略)」(原文のまま)と記述。背景に父親・優さん(71)の体調不良があり、状態を憂慮していることがうかがえました。

宮里にとって「ミヤギテレビ杯・・・」は、東北高3年時の2003年に18歳101日のツアー史上最年少で優勝を飾り、プロ転向への弾みとなっており、長いスランプの末に悲願の海外初優勝を飾った「エビアン・・・」同様、ともに締めくくりにふさわしい重みを持った大会だったでしょう。

そうした流れにあった今年の「ミヤギテレビ杯・・・」は、せめて日本で藍ちゃんの最後の姿を見たかった、と思っただろうファンもいて、だったら“その代わり”を期待されてもいたと思います。

そういうときには必ず何かが起きるものです。“その代わり”を堂々と背負ったのがルーキーの畑岡奈紗(18=森ビル)でした。

畑岡は、茨城ルネッサンス高3年時の2016年に出場した「日本女子オープン」(栃木県那須烏山市=烏山城CC)を制覇。史上初となるアマチュアのメジャー競技優勝を成し遂げました。

やはり今は“苦”を選んでほしい

それに続く今回の18歳254日でのツアー2勝目(プロ初勝利)は、宮里の18歳262日を8日上回る最年少記録となり、まさに〈宮里の代わり〉を務める快挙と言っていいのではないかと思います。

畑岡は、日本女子オープン優勝の後、プロ転向を宣言。と同時に米ツアー出場権を懸けた予選会をクリアして今季は、米国を主戦場に奮戦してきました。

しかし、結果を出せずに苦闘を強いられます。予選落ち続きに自分のゴルフを見失い、心が折れてしまいそうな日々・・・。

どん底だった6月、練習をともにした宮里から「最後は自分を信じてやること」とアドバイスされたと言います。宮里自身、米国初優勝までに長いスランプに陥り、一時はゴルフを辞めることまで考えており、畑中にとっては、本当に“天の声”だったかもしれません。

日本で、ですが、やっとつかんだこの勝利で畑岡は、1年間の国内ツアー出場権を獲得しました。今週9月28日からは前回優勝で迎える「日本女子オープン」(千葉・我孫子GC)に挑みます。

来季の米ツアーに関しては、再度、最終予選会に臨む予定でいますが、今季の苦い経験から、撤退を含んで気持ちが揺れ動いているようです。

が、しかし・・・今、日本のツアー界に必要なのは、男女とも“第2の松山”“第2の宮里”であり、簡単にあきらめてもらいたくないと思います。

日本のツアー界は、居心地がよく、ともすれば居座ってしまいがちですが、やはり、自ら高みを求めて進んでもらいたいですね。

宮里が畑岡に言った「最後は自分を信じてやること」には、そうしたことも含まれているのではないでしょうか。

米国に憧れることは結構ですが、ダメなら日本で・・・の考えは気に入りません。やはり〈退路を断つ〉気概がなければ・・・ですね。

強い韓国勢は皆、肝が座っています。

松山と石川の明暗

USPGAツアーは、8月20日最終日の「ウィンダム選手権」(米ノースカロライナ州グリーンズボロ=セッジフィールドCC)で2016~17年のレギュラーシーズンを終え、これまでの獲得ポイント上位125人が計4戦のプレーオフ・シリーズに臨んでいます。

一方、それ以下、獲得ポイント126位~200位の選手は、入れ替え戦に回り、下部ツアーの賞金ランク上位75人などの選手たちと来季のレギュラーツアーの出場権を懸けて生き残りの戦いを展開させています。

入れ替え戦は、下部ツアー(ウェブドットコム・ツアー)の終盤4試合で行われ、既に初戦の「ネーションワイド小児病院選手権」(9月3日最終日、米オハイオ州コロンバス=オハイオ州立大学GC)を終了しています。

獲得ポイント上位選手によって争われるプレーオフ・シリーズの導入は、時期的にMLBも終盤を迎え、フットボールのシーズンも始まる頃とあって、プロゴルフの影が薄くなることを苦慮して考案された、との経緯がありますが、活性化を図った分、高額賞金も懸かり、ある意味、マネーゲーム的な要素が強く感じられます。

対照的に入れ替え戦は、来季の出場権を争う、というサバイバル戦。華やかなプレーオフ・シリーズとは雲泥の差、まさに〈天国と地獄の差〉です。

そして・・・〈天国〉には松山英樹(25=LEXUS)がいて〈地獄〉には石川遼(25=CASIO)がいるのです。

厳しい勝負の世界とはいえ、何とかならないものか、2人ともプレーオフ・シリーズで競えればなァ、と思ってしまいます。

石川は入れ替え戦で生き残りの戦い

石川は昨季、腰を痛めて戦線離脱。公傷制度が適用されて、今季は20試合の出場が認められました。この限定試合数で来季のシード権を得たかったのですが、予選通過は8試合だけと精彩を欠き、獲得ポイントは175位と低迷して入れ替え戦に回ることを余儀なくされました。

石川は2013年に入れ替え戦の苦闘をを経験しています。

このときは初戦で予選落ちしたものの、残り3戦でトップ10入り、と頑張り、賞金ランク13位となり、出場資格を得ています。

しかし、やはり下部ツアーにひしめく面々との戦いは厳しく、石川自身「きつかった。2度とここに戻りたくないと思った」と話していたものでした。

・・・しかし、また戻ってきてしまった2度目の苦闘。初戦の石川は、50位と振るわず、9月14日開幕の第2戦「アルバートソンズ・ポイジー・オープン」(米アイダホ州)以降での巻き返しに全力を尽くすことになりました。

松山は初戦の「ノーザントラスト」(8月27日最終日、米ニューヨーク州ウェストリバー=グレンオークス・クラブ)で予選落ちしましたが、第2戦の「デルテクノロジー選手権」(9月4日最終日、米マサチューセッツ州ノートン=TPCボストン)では、通算5アンダーの23位で第3戦以降への手応えをつかんでいます。

年間総合優勝を争うチャンスは依然、残されており、松山への注目度が高くなればなるほど、石川の試行錯誤が痛々しく感じられます。

石川は、めげずに(米ツアーへの)夢を捨てず、石川らしく前向きに取り組んでいる、と伝えられており、それは救いではありますが・・・頑張ってもらいたいですね。
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR