スマホの「ながら」問題に思うこと

すでに人々の生活の中に広く浸透しているモバイル・ツールの「スマホ」ですが、ある日のこと-。

スポーツ新聞他社のベテラン女性記者と雑談中、彼女はテーブルに使い込んだスマホを置き、話しながらも常にスマホを操作できる態勢をつくっていました。

例えば、雑談のテーマが映画になり、ウ~ン、あの映画ね、何年に公開されたか忘れちゃったけど・・・などの会話は、よくあることですが、彼女はそこで横に置いたスマホを活用、検索で即座に調べ、それ、○○年ですね、とフォローしてきます。

それはそれで感心すべき出来事であり、私などは、会話で当たり前だった、あれ、何だったっけ? というアバウトの部分が、あってもいいのでは、と思うのですが、スマホの普及により、それを使う人々は、思い出せないデータを、この便利ツールの手助けにより、常に正確に速攻で出して来ます。

古い話ですが、こんな便利なものがなかった時代、私たちにとって欠かせなかった「調べる」という作業は、ことのほか手間を要し、自社の資料室にこもったり、図書館に足を運んで長い時間を使ったりしていたものでした。

PCの時代となり、ノートやダブロイドなどモバイル・ツールは、欠かせないものとなりましたが、操作に楽なスマートフォンの抜群の機能性に慣れてしまうと、この女性記者のように〈自分の能力+スマホの機能〉の合体でどんどん、ことをスピーディーに正確に進められるようになります。

時間に追われる記者としては、調べるというもどかしい作業が省かれる分、効率的に動けるというものなのでしょうね。もちろん、それは私たちではなく、これからの若い記者たちが、なのですが・・・。

「ながら運転」は厳罰化の方向へ

その一方-。

先ごろ、携帯電話などを操作しながら車を運転する「ながら運転」に対し、政府が道路交通法の改正で罰則を強化する方針にあることが報じられました。

新聞記事によると、政府が「ながら運転」の厳罰化に乗り出したのは、スマートフォンの普及に伴い、メールやゲームなどの画面に目をやりつつ運転することで起きる事故が大きく増加しているため、とのことでした。

この「ながら運転」以前に社会問題化しているのが、自転車に乗りながらの「ながら運転」や歩きながらの「歩きスマホ」です。

昨年末からこの1月にかけて、街中に人出が多いこともありますが、どこを見ても、まさに「歩きスマホ」の群れ、といった様相。歩行者は皆が、ぶつかる寸前でよけ合っているふうで、俯瞰(ふかん)すると、それはまったく奇妙な光景に見えます。

私自身もこれまで、ぶつかりそうになったことは再三あり、注意したとき「歩きスマホ」の青年は「見えていますから」と答え、しかし、よけたのは間違いなく私のほうだったし、彼らの多くは、そう考えているのだろうな、と苦々しく思ったことがありました。

この問題は、あくまで〈公共マナーの問題〉であり、背中に薪を背負った二宮金次郎は、本を「歩き読み」しているではないか、などの屁理屈をこねる問題ではないわけです。

今回、政府が「ながら運転」に対して厳罰化に乗り出したことに関しては、個々が自ら守るべきマナーの領域に“お上”が介入する、という意味では賛成しかねますが、自らマナーを守れずに危険をまき散らしてしまうのなら、実施もやむを得ないことですね。

それと・・・時間に追われる記者たちが、ついやってしまった、ということが起こらないか、ということも心配なことです。

常に片手にスマホを持ちながら・・・ということが当たり前になればなるほど、ついやってしまった、の事故は減らないような気がします。

もし「ながら運転」に続いて「歩きスマホ」にも罰金などが科されるようになった場合、モパイラーたちは、罰金が科されるならやめる、ではなく、それを「恥ずかしいこと」と思う反省が先立たなくてはなりませんね。
スポンサーサイト

師走を騒がす多彩な「猿知恵」

このところ“面白い”と言っては、捕獲作業に懸命な方々に申し訳ありませんが、やはり“面白い”と思ってしまうのが、野生ザルの跳梁(ちょうりょう)です。

10月中ごろに神奈川県南部で目撃情報が複数、寄せられたのを皮切りに同県内各所、広域にわたって出没。次第に北上して横浜を経由、12月となってついに都内に進出、大田区、港区、新宿区などでも“いたぞ!”という目撃情報が相次ぎ、師走の何かと慌ただしい中、実に2カ月、孤高のサル一匹が、何ともスケールの大きい逃亡劇を展開させています。

殺伐とした本当に信じ難い事件ばかりが勃発する人間社会を見下し、嘲笑い~ひょいひょいと逃げる姿はそう見えました~ながら・・・と思うと、ついつい、ヘンに危害など加える出来事を起こさず、思う存分に楽しんでヤマへ帰れよ、などとエールを送りたくなる気持ちにもなってしまいます。

ところで・・・サルというと古来、知能の高さを持つ生きものなながら、どちらかというと人を卑下するような言葉に多く使われています。

例えば「エテ(猿)公」とか「山猿」あるいは「猿知恵」や「猿真似」・・・などなど。もっとも「エテ公」は「このエテ公め!」など、一般的にさげすんで使われるように思われていますが、調べてみると「猿」の「去る」を縁起が悪いと嫌った商売人などが、猿の異名である「エテ」に「得手」を当てはめて使った、とあり、むしろ、さげすみより親しみの意味もあった、とありました。

エッ、まさか・・・関東全県制覇の野望?

そう考えると、猿にちなむ言葉群は、常に〈優劣の中間を示す意味〉に使われているような気がします。

「山猿」は、木から木へと身軽に飛び移るような身体的な機敏さを褒められながら、なんか全体的にダサい、垢抜けないなァ、といった感じを「山」が意味しているし、それは「猿知恵」も「猿真似」も、もうひとつ、頭の毛3本分が足りないなァ、というところを指摘している言葉のように思えます。

そうした中でやはり、歴史上の偉人である「サル」は、織田信長に仕え、サルと呼ばれながら大出世を遂げ、全国統一を果たした豊臣秀吉ですね。このサルは、頭の回転も行動も速く、抜け目のないクセモノ的なサルであり、織田信長から見れば、まさに「エテ公」だったのでしょう。

人間社会を楽しんで逃げ回るサルの話から、何やらとんでもない方向に話が進んでしまいましたが、やはり、このサルには「エテ公」的なイメージを感じます。

これからどこへ、どんな経路で移動していくのかは、まあ「猿知恵」に任せるしかありませんが、東京を抜けて北関東にまで行ってしまっては、もう寒いですよ、エサも少なくなるでしょう。

神奈川県内で目撃されてから延々2カ月-。

捕獲作業に走り回る人たちは、くれぐれも「エテ」の「得手」に翻弄されないように頼みます。

この逃亡劇、果たして年を越すのかどうか? 年末を飾るイベントになりそうでやはり、面白いですね。

来たるべきAI新時代に思うこと

このところ、各方面で「AI」という言葉が、頻繁(ひんぱん)に聞かれるようになりました。

いまさら、説明の必要もありませんが、AI=人工知能、その急激な進化には目を見張るものがあり、来たるべき2018年は、人々の暮らしの中に当たり前のように入り込んで、日々の生活形態をも変えて行きそうな勢いを見せています。

〈AI(人工知能=artificial intellgence)〉=「推論・判断などの知的な機能を人工的に実現したもの。多くの場合、コンピューターが用いられる」(広辞苑)

フ~ン、AIねえ・・・友人が言いました。

〈昔の話だけどね、オセロが結構、流行(はや)っていたころ、コンピューターとの対戦があったじゃない。たいてい負けて、最後にドドッとひっくり返されたりして悔しい思いをしたけど、なぜか、ときどき勝つときがあるんだよね。あれってコンピューターの“お情け”だったんだろうか

オセロと言えば、将棋が思い出されます。今年の「新語・流行語大賞」(大賞は12月1日発表)にノミネートされた30語の中に「藤井フィーバー」「ひふみん」「AIスピーカー」がありました。

「藤井フィーバー」は、世に将棋ブームを巻き起こした天才中学生棋士・藤井聡太4段の、並みいる先輩棋士を次々に撃破した快進撃を指し、その天才中学生に敗れて引退を余儀なくされたのが、かつての天才棋士「ひふみん」こと加藤一二三9段でした。

藤井の強さは、先輩棋士からコンピューターソフトの導入を研究用に勧められ、研究を進めるうちに序盤の指し方を身につけ、力をつけていった、と言われています。

エッ、お情けも組み込まれたAI?

将棋は詳しくありませんが、序盤の指し方はやはり、経験がモノをいうのだそうで、まだ経験の少ない藤井は、コンピューターによってそのウイークポイントをカバーしており、その意味で藤井と加藤の新旧交代劇は、いってみれば、デジタルとアナログの入れ替えに似たところがありますね。

「AIスピーカー」とは、人口知能に対応して音楽の再生や家電の操作などを音声で指示できる機器、のことですが、これも2018年には(今も、ですか)普通に家庭の中に入り込み、日々の暮らしを大幅に変えているかもしれません。

AIに関しては、現在が〈第3次ブーム〉なのだそうです。資料には、1950年代後半から1960年代の〈第1次ブーム〉では、AIを「人工知能」とする言葉が初めて使われ、1980年代の〈第2次ブーム〉では、チェスだとか、上記したオセロなどのコンピューターソフトが開発された、とありました。

では〈第3次ブーム〉とされる今、そして、それ以降のAIは、どう進化して行くのだろうか、と考えてしまいます。

冒頭、友人が口にした“素朴な疑問”を記述しましたが、これは結構、核心をついているかもしれませんね。

そうです。〈・・・あれってコンピューターの“お情け”だったんだろうか〉ですね。

先日、AI新時代をテーマにしていたテレビ番組を観(み)ていたところ、開発の最先端は「感じる」「考える」ことができるAI、つまり、人のように「空気を読むAI」や「感性を持つAI」なのだそうです。

オセロなり将棋なりのコンピューターソフトと対戦していて、連敗を続ける人間に対して最先端のAIを持つソフトが“同情”して、たまに負けをつくったとしたら・・・それはたいした出来事ですが、まあ、人間の感情は複雑でしょうね。同情される身にもなってくれよ! と-。

もし、来たるべきAI新時代に人間同様のソフトとハードを兼ね備えたロボットが出現して活用されるようになったら、企業形態も大きく変わり、人員の削減は当たり前、働き方改革にも一層、拍車がかかることでしょうね。

とともに次第に、人間という存在は何なんだ? AIは人間の知能を超えるのか? という論議も生まれてきます。

近未来の社会において、人間と優れたAIを搭載するロボットが共存するようになるのかならないのか分かりませんが、やはり、人間はあくまでロボット制御する立場であってほしい、と思いますが・・・どうでしょうか。

今年の世相を象徴する言葉は?

今年もまた、このイベントが世の話題となる時期が来ました。

この季節になると、晩秋から冬への移行、そして師走へ・・・と何やら、人々の周辺に慌ただしさが忍び寄り、ああ、早いものだなァ、とも感じます。

そうです。この時期、恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識・選)の話題ですね。

このイベントは、その年の1年間に発生したさまざまな〈語句群〉から〈世相を軽妙に映して多くの人々の話題となった〉(事務局による選考概要)新語・流行語を選ぶもの、ですが、例年通り、2017年の「年間大賞」と「トップ10」が12月1日に発表される段取りにあって、このほど候補30語が、同賞事務局から発表されました。

今年は、政治から6語、社会から19語、スポーツから1語、芸能から4語、の計30語がノミネートされ、同賞事務局は「言葉そのものに勢いがなく、低調な年と言えるのではないか。例年と比較すると、嗜虐性、負の言葉が多い年だった」と傾向を分析しました。

確かに「インスタ映え」(社会)など、写真をアップするスマホのインスタグラムが定着、その出来栄えを意識した写真があふれるなど新しい流行もありましたが、一方では「忖度」(政治)なる言葉が、私たちの身近に飛び交うなど、これは珍現象? と言っていいかもしれません。

後々に当時が思い出される言葉を

〈忖度(そんたく)〉=「他人の心中を推し測ること。推察。」(広辞苑)

「忖度」という言葉は、上記のようにちゃんと広辞苑にも掲載されているし、新しい言葉というより、むしろ、古い言葉として近年、もう死語に近いところに位置していたものが突然、掘り起こされて脚光を浴びた形となりました。イメージとしては古豪復活-。

言うまでもなく、復活したのは「加計・森友問題」でのやりとりの中で、でしたが、面白いもので掘り起こされてみると、これは何かと便利、ということになり、一般のレベルにまで下りてきて、これまで「忖度」など、辞書を引かなければ読みもわからなかった面々が、日常の会話の中でも頻繁(ひんぱん)に使うようになりました。

この現象は面白いですね。私は、この言葉そのものより、そうして生き返った経緯に面白さを感じて「年間大賞」に至らないなら、それに準ずる「特別(復活)賞」でも・・・と思っています。

このイベントのコンセプトには「(その年の)世相を軽妙に映して・・・」とあり、それをもっと広義に解釈するなら、その年限りに終わらず、後々にその言葉が出てきたとき、当時の世相が思い出されるような語句群であってほしい、と私は思っています。

だから過去の大賞、2003年の「なんでだろ~」(テツandトモ)や2008年の「グ~!」(エド・はるみ)、2012年の「ワイルドだろぉ」(スギちゃん)など、お笑い芸人モノは、子供たちを中心に広がり、まあ、それも流行語として取り上げることに文句はありませんが、多くは、その年が終われば終わり、のものばかりで物足りなさは残ります。

後々までも・・・を考えれば、今回の私の、独断と偏見による「年間大賞」候補は、まあ、そうですね~。「インスタ映え」「ひふみん」「藤井フィーバー」(社会)「9・98(10秒の壁)」(スポーツ)「忖度」(政治)といったところでしょうか。

将棋界の新旧交代劇を告げた「ひふみん」「藤井フィーバー」は結構、大きい出来事でしたよ。

さて・・・どうでしょうか。

高齢者の車運転に思うこと

車を持つか持たないか、あるいは車の免許証を返納するかしないか、の問題はこれまで、まったく他人(ひと)ごとと思っていました。

車? あって当たり前だろ、の感覚-。

が、この問題は、ある程度の年齢に達すると、う~ん、ちょっと真剣に考えざるを得ないなァ、に変わってくるものですね。それを最近、感じます。

というのも、身近に起きた出来事として、同年齢の友人が、いろいろ考えたけど免許証を返納することにしたよ、と言ってきたし、私が住む集合住宅の隣りの住人が、ついに車を手離しました、と話し、居住者用の専用駐車場も、車を手離す人が多くなったのでしょうか、年々、空き区画が出て申し込み者を募る回数が増えつつあります。

私自身に、車をどうしようか? というテーマが急浮上してきたのは、まだまだ手離せない、と思う気持ちが色濃い一方、乗る回数が減っている割には維持費がかかり過ぎ、こりゃ最近、合わなくなってきたなァ、という“損得勘定”によるものでした。

今の車は、1998年7月に登録ですから、もう19年にもなります。購入した当初、これが最後の車、ダメになるまで乗り切る、というつもりでいましたから、それを守って結構、大事に扱いながら今に至ったものの、車というのは、ただ長く乗ればいい、というものではないのですね。

それをつくづく感じたのが、今夏の車検でした。

見積もりを出してもらって“まあ、これくらいなら”とOKしたのはいいのですが、車を預けてから連絡があり、ダメです、もう中がボロボロです、ということで何だかんだと結構な整備代を支払うことになってしまったのです。

まあ、こういう事態になると、毎度のことですが、こりゃ合わない、軽(自動車)に代えるか、もう手離すか、どっちかだなと思うのですが、長く乗っているだけに愛着があってまた、2年後の車検を迎えることになってしまいます。

思い切って免許証の自主返納を決意した前述の友人が言いました。

迫りくる“自主返納”の時期

〈軽だ何だと車を代えることを考えるより、もう免許証の返納を考えるほうが先なんじゃないか。世の中、高齢者の事故が激増していることだし、起こしてからじゃ遅いよ〉

私は、そうだね、とうなずきながらも、心の中では、オレの運転はまだまだ大丈夫、何でこれだけ高齢者の事故が多いのか不思議でならない、などと思っています。

だいたい「人は老いゆえに遊びをやめるのではない。遊びをやめるから老いるのだ」(バーナード・ショウ)に“そうだそうだ”などと拍手を送っているわけですから、そうそう簡単に老いを先走りさせるわけにはいきません。

しかし、高齢者による交通事故激増の原因は、実はこの意識にあるのだそうですね。つまり、自身の老いを第三者的に見られず、自覚できていない、というところに事故が発生するということです。

私は既に高齢ドライバーの講習を行っていますが、実地運転の際、教官に注意されたのが〈運転する姿勢の悪さ〉でした。右肩が多少、前に出ていて体がハンドルと正対していない、というのです。

高齢者たちは、この種の指摘に対して反発します。長い間にはクセが定着して、しかし、それが各々の一番運転しやすい姿勢ということだろ、と-。だいたいオレたちは、キミ(30代と思われる教官)が生まれる前から運転しているんだぜ!

あるいは、その素直でない、自分の状態を自覚できない頑固さが、高齢者事故の多発を生んでいるのかもしれませんね。

参考までに運転免許証を手離した場合~運転免許証の自主返納~について調べてみました。

いやいや、びっくりしましたよ~。

私が住む神奈川県では、県警と連携して「神奈川県高齢者運転免許自主返納サポート協議会」を発足させており、自主返納者は、交付される「運転経歴証明書」を提示することで数々の特典を受けられるのですね。

例えば、食事の割り引きとか、協力企業に出向く際の交通費支給とか、行動の足をなくしたことに対する不便の解消を図ってくれているのです。

「運転経歴証明書」は、本人確認の身分証明にも使える、とのことでこれは、一考の余地がありそうですね。

とはいえ、まだまだ地域によっては〈生活の足〉としての車は欠かせず、一概に年齢によって線引きするわけにはいかないというのが実情のようです。

私自身、ああ、曲がり角に来ているかもなァ、と思いますが、手離す、運転免許証を自主返納する、という決断を下すには、もう少し、時間がかかりそうです。
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR