華やかな表舞台に浮上するために

喜びの涙と悲しみの涙、さらに“あと一歩”及ばずの悔し涙-。

涙、また涙・・・これほど若者の悲喜が交錯して涙に包まれる場は、そうそうあるものではありません。

10月14日、東京・立川の陸上自衛隊立川駐屯地~国営昭和記念公園(20キロ)で行われた「第94回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」の予選会です。

来年1月2~3日に開催される新春恒例の風物詩「箱根駅伝」への出場権を懸けた戦い。今年は49校、計575人が参加して「10校」の狭き門を巡ってシ烈なサバイバル戦を繰り広げました。

各校12人が走り、上位10人の合計タイムで順位を争うシステム。出場権を得る「10校」に入るには、やはり、10人が無難に好タイムで走る必要があり、このレースにタスキはないものの、それぞれが、目には見えない心のタスキをつないでおり、観(み)るものの胸を熱くするものがあります。

今回の予選会の注目は、もちろん〈中大〉です。

そして・・・どうかな? と思っている中、3位に入り、本戦への出場権を獲得しました。いやいや、これは、このまま沈んでしまうのではないか? などと先行きを不安視する声もあったことを考えると、本当に“よく頑張ったなァ”と拍手! でした。

中大は2016年の第92回大会で15位となり、シード権(10位以内)を失いました。

同年10月15日の予選会では“あと一歩”及ばず、10位に入った日大に44秒差の11位・・・2017年(第93回大会)の出場権を逃しました。

「箱根駅伝」は、1920年(大9)に第1回大会が行われ、中大は1921年(大10)の第2回大会から参加しています。

伝統校ゆえの苦悩を背負いながら・・・

1925年(大14)から続いていた連続出場が、ついに「87」(出場回数は90回)で途絶え、伝統の重みがズシリとのしかかる衝撃的な出来ごととなりました。ちなみに中大は、6年連続を含む最多の計14勝を飾っている名門です。

昨年6月、中大は1年生の舟津彰馬に主将の重責を託して心機一転を図りましたが、予選会での低迷で本戦出場権を逸しました。

その当時、スポニチ本紙の担当記者は、古豪陥落を伝える紙面でこう記述しています。

〈1年生で主将を任された舟津は、必死の思いで声を張り上げた。「先輩たちに心ない声をいう人がいれば自分が受けて立ちます。(略)舟津は「これだけ伝統がある中で出場できなかったときの怖さに怯えていた」と言った。(略)〉

と-。

戦力はもちろん、年々、入れ替わる選手の力量によって変わりますが、それ以前に伝統校には、それを守らなくてはならない、という重圧があり、それぞれにのしかかってきます。

長いときを経てこの「箱根駅伝」は、正月の風物詩として定着。人気を高めながら、次第にビッグイベントに成長していきます。とともに、この箱根路での健闘で学校の名を全国区にしたい、という新しい大学群、新興勢力が出てきます。それらを背負って“オレたちがこれから伝統をつくる”という、いってみれば既成にとらわれない“勢い”ですね。

対照的に古豪・名門の伝統校は、負けるわけにはいかない、失敗はできない、とまず、伝統の死守を最優先しなければならないことに縛られます。

しのぎを削る「伝統校vs新興勢力」の構図-。

実際、出場権を逸した当時、中大の選手たちの寮には、厳しい声が数多く浴びせられたと言います。「この1年、地獄を見てきた。何とか生還できた」と藤原正和監督-。

本当によかった! と心から思いますよ。91回目の出場となる箱根駅伝。新春の箱根路にまた「白地に赤のC」が復活するのですからね。

まあ、これほどまでに応援するのは、実は・・・私の母校だから、なのですが・・・。

ただ、ひたすら、頑張れよ! です。
スポンサーサイト

強者こそ“来るものは拒まず”の包容力を

この件に関しては、どう考えても、やはり“狭量だなァ”としか思えず、怒りよりもむしろ、失笑が先立ってしまいます。

卓球の中国協会がこのほど、中国スーパーリーグに日本人選手を含むすべての外国人選手を参加させない方針を固め、参加予定だった日本の平野美宇(17=エリートアデミー)の元にその旨が通達され、日本協会の問い合わせにも、同様の方針が伝えられた、ということに対してです。

世界ランク1位(リオ五輪2冠)の丁寧ら上位を独占する中国勢の強さは周知のことですが、今の強さという現状を排他的に独占するのではなく、垣根を取り払って強者・弱者、追われるもの・追うもの、が入り混じって切磋琢磨することでさらなるレベルアップを生む、というスポーツの根本から、大きくズレた発想、としかいいようがありませんね。

例えばJLPGA(日本女子プロゴルフ協会)ツアーは、参戦する韓国勢や中国勢の台頭により、日本勢が苦戦を余儀なくされる状況が長く続いています。

実際、賞金女王の座は、ここ3年間、韓国勢に奪われ、2014年のシーズンでは、韓国や台湾など外国人勢が賞金ランクの上位を占め、日本人選手は、5位が最上位という事態となりました。

お金を出す側のスポンサーとしては、やはり、日本人選手の活躍を願うのは当たり前、何とかならないか、の声も少なくありません。

が、樋口久子会長(現・JLPGA相談役)の後を受けて2010年に新会長に就任した小林浩美会長は、こう言いました。

門戸を開かない“世界最高峰”はない

〈日本はアジアのゴルフ界で最初に発展した国です。各国が憧れるツアーでありたい〉

もちろん胸中に日本人選手の奮起を願う強い気持ちがあっても、それ以上にグローバル化のもと、だから門戸を開くのは当たり前、海外から強い選手が来るということは、それだけ日本のツアーに魅力があるということ、を大事に、最優先する考えです。

JLPGAツアーの2017年シーズンも、秋の陣を迎えて終盤戦に入っていますが、依然として韓国勢優位の中にも、畑岡奈紗(18=森ビル)ら若手選手の活躍が目立ち、それはやはり、世界最高峰のツアーとして米国が門戸を開いて切磋琢磨を展開させているのと同様の効果を日本のツアーにも、もたらしているのでしょう。

さて・・・卓球の中国スーパーリーグは、世界最高峰と言われています。

日本の平野が昨年、このスーパーリーグに初参戦して腕を磨きました。その結果、同年10月のW杯、今年1月の全日本選手権、さらに4月のアジア選手権、でそれぞれ優勝を飾り、王国の中国を震撼とさせたことは確かです。

だから・・・としか理由が思いつきませんが、今年のスーパーリーグには、平野のほか石川佳純(24=全農)、男子の丹羽孝希(22=スヴェンソン)が参加を予定しており、中国の警戒心から、それは拒否されることになりました。

まあ、ものごとに対しては、それぞれの考え方があり、今回の中国のように他を排して自国の強さを保持するというのも、ひとつの手段でしょうが、一般的には、強者のもとにはその強さを求めて弱者が集まり、強者はそれを受け入れ“来るものは拒まず”というのがルール。そして切磋琢磨の末の成果を、五輪などの場でお互いにたたえ合うというのが、スポーツの清々しさではないか、と思います。

中国の卓球界は、2020年東京五輪までの3年間、排他主義の中で強さを磨きますが、たとえそうして栄光が得られたとしても、選手個々の喜びは半減、苦々しさも残るのではないか、と思いますが・・・どうでしょうか。

活躍する“10代パワー”に思うこと

五輪後の世界選手権は、燃え尽き症候群、モチベーションの低下、などが原因でもう一つ、盛り上がりに欠ける、という傾向が常にありました。

が、2016年リオ五輪後の今年の世界選手権はどうでしょうか。

メダル・ラッシュとなった柔道(ハンガリー・ブダベスト)の日本勢、バドミントン(英グラスゴー)のシングルス女子で男女を通じ初優勝を飾った奥野希望(のぞみ=22)の快挙、また卓球のワールド・ツアー(チェコ・オープン)で史上最年少のシングルス初優勝を飾った14歳の張本智和・・・と、ニッポンってこんなに強かったっけ、と改めて思うほどの活躍が演じられています。

もちろん各競技の日本勢は、2020年東京五輪という大目標を背負い、燃え尽き症候群だのモチベーションだのといってはいられない状況下での日々の精進があり、その勢いが外国人勢を上回っていることが見ていて感じられます。

そうした中でただただ、驚かされるのが、卓球の張本をはじめとする10代選手の台頭でしょう。

かつて「15歳」がキーワードとなり、フィギュアスケート女子の浅田真央、卓球女子の福原愛、柔道女子の田村亮子、水泳女子の岩崎恭子らが話題になったときがありましたが、ときをを経て今、10代選手の台頭は本格化しているようです。

こうした出来事に触れるにつけ、私などはいつものことですが、ベテラン選手が年月をかけて養った経験の数々を、若年層が怖いもの知らずの勢いであっさりとしのいでしまうものなのか、ということを考えてしまいます。

例えば将棋の史上最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14)は、現役最高齢76歳の加藤一二三九段を破って公式戦連勝を開始しましたが、将棋の対局こそ経験が大きくモノをいうだろう中で“62歳差”をはねのけてしまう才能は、どうして得たものなのか、と・・・。

当たり前になった“世界が相手”の思考

プロゴルファーの中嶋常幸は、若いとき、ひと晩経つとフィーリングが変わってしまうスイングを何とかしようと考え、何千球をも打つことで体のマシーン化に挑みました。

藤井四段は、先輩棋士から研究用にコンピューター・ソフトの導入を勧められ、以降、その腕前はめきめき上達したと言われています。

ソフトでの研究は、経験が必要とされるためにうまくいかなかった序盤の指し方にいい影響を与えることになったそうですが、マシーン化に挑む“スポ根”的な汗の日々より、今はやはり、コンピューターの活用なのでしょうか。

一方、スポーツ各界には、例えばプロゴルフの松山英樹(25=LEXUS)ら世界を舞台に活躍する選手が台頭しており、子供たちを“第2の松山に”と意気込む親たちも増えています。

かつて、宮里藍ら宮里3兄妹をプロゴルファーとして世に出した父親・優さんの元に全国から、ウチの子を“第2の藍ちゃんに”と弟子入り志願者が送り込まれました。

優さんが拠点とする「大北ゴルフ練習場」(沖縄・名護市)は、そんな子供たちであふれましたが、そこで優さんが“こりゃいかん”と思ったのは、親の欲目、だったといいます。

最初は、曲がろうが空振りしようが、ただ、楽しんで球を打つだけでいいのに、親たちは、今すぐ藍ちゃんにしてほしい、と上達を急ぎます。その高望みが、子供たちにプレッシャーを与え、ゴルフが苦痛になってしまうことを優さんは最も気にしていました。

この問題は、若い選手の台頭の原点に必ずあるものと思われます。子供たちが嫌がらず、楽しんでやれる環境を得たとき、そのために親は一歩引きながら、いい環境づくりをしてあげることが必要ですが、持てる才能は子供たちが自分で意欲を持てたときに開花するのでしょう。

そして・・・そうした子供たちは、出発点から“世界が相手”の意識を持ち合わせています。

2020年東京五輪には、そうした様々な形で才能を開花させた若年層が世界を相手にしてくれることと思います。

それを観(み)てまた、驚かされるのも楽しみですね。

記憶力が生む状況に対応する強さ

将棋の史上最年少棋士・中学3年生の藤井聡太四段(15)が出現したことにより、知人・友人と交わす会話の中にこのところ、将棋の話題が増えています。

私自身は、そちらのジャンルに疎(うと)いこともあって、この中学生が、恐らく何手も先を読みながら駒を動かすのだろう頭の構造がどうなっているのか、にわかに見当もつかず、ただただ、恐るべき今どきの“スーパー中学生!”だなァ、と脱帽するばかりです。

そんな矢先、知人と雑談している際にやはり、将棋の話題、藤井四段の話となりました。

知人が言います。

〈彼に限らず、一線級の棋士は皆、そうなんだろうけど、何時間にも及ぶ対局にあって、始まりから終わりまで、自分が動かした駒はすべて、頭の中に入っているんだそうだね〉

まあ、一線級の棋士なら、それくらいのことは出来ているのではないか、と思いますが、もし、それが、以前の対局にまでさかのぼって記憶されているとしたら、これは凄いことでしょうし、そうした記憶力が、さまざまな構築力を生み、対応の強さにもつながっているのだろうな、と思います。

一線級の棋士の優れた記憶力を聞いて、フッと思い出されたのがゴルフの青木功プロ(現・JGTO会長)でした。

プロゴルフのトーナメントを取材するとき、選手たちは広いゴルフ場のあちこちでプレーしているため、記者が一人の選手について回るということが出来ません。

そのため、上位で回ってきた選手は、プレスルームに来てもらい、自分のプレーを振り返って話してもらうことになります。

例えば、1番はティーショットが右のラフに入ってしまって、ラフが思ったより深く、食われてしまいショート、そこから寄らずにボギーだった、などという具合に18番まで・・・です。

一打に一手に一撃に込めた目的意識

これを「ホール・バイ・ホール」と言いますが、面白いもので、この説明が苦手の人が結構いて、途中、え~っと・・・あそこ・・・どうしたんだっけ、などと詰まったりして、思い出すのに苦労したりします。

この「ホール・バイ・ホール」を滑らかに、常に絶“口”調といった感じで話してくれるのが青木プロでした。私が接したプロゴルファーの中で青木プロほど、18ホールで自らがやったことのすべてを鮮明に把握している選手は、そうそういなかったですね。

取り囲んだ記者連中に向かって「オメーら、見てなくちゃダメだろ。しっかり歩いて仕事しろよ」など辛らつな“青木節”を放ちながら、1番から18番までのブレーの解説が始まります。

それは、まさに微に入り細に渡って・・・で、芝の一本一本の状態まで記憶に残しているのですからたいしたものです。

そうした青木プロに接して思うことは、名手というものはやはり、1番から始まる18ホールの戦いで、この1打をどうしたいのか、という目的があって打ち、漠然とした無目的な1打はないのですね。無目的な1打は、ともすれば忘れてしまいがちでしょう。

そうした1打の積み重ねが、キャリアとして記憶に刻み込まれ、状況に対応する強さを生んでいるのでしょうね。

まだ15歳の中学生・藤井四段が、どれだけのものを積み重ねているのか、それは分かりませんが、やはり、記憶力というのは、欠かせない武器になっているのではないでしょうか。

プロボクシングの元世界王者・浜田剛史氏と話していたとき、面白い話が出ました。

〈試合が近づくと、だいたい寝る前などに相手の戦い方を想定して頭の中で展開を組み立てるんですけどね。1R、2R・・・相手がこうきたら、こうかわしてこうする、と進んで途中、なぜか手がスムーズに出なくなるときがあるんですよ。不思議なもので、こんなとき、実際の試合でその場面、打ち込まれています〉

浜田氏のこの話も興味深いものがあります。

青木プロの1打に、藤井四段の一手に、もちろん無目的なものはなく、それは浜田氏の1撃にも当てはまり、無目的になってしまうと反撃を受ける、ということなのでしょうね。

勝負事は、まぐれでは勝てない、と言われるのは、ある意味、戦う面々のこうした下準備の上に成り立っているからなのでしょうか、とも思いますね。

大人を蹴散らす“中学生パワー”の威力

その活躍に接するにつけ、この少年たちの頭の構造、思考回路、などは一体、どうなっているのだろうか、と考えてしまいます。

卓球界の話題を独り占めしている13歳の中学生・張本智和(エリートアカデミー)の、この年齢の少年とは思えない躍進ぶり、がひとつ。もうひとつは、プロデビューからの公式戦23連勝で注目を集める将棋の史上最年少プロ、14歳の藤井聡太四段です。

先の卓球世界選手権(ドイツ)をテレビの前にかじりついて応援した方々は多かったのではないでしょうか。私の友人も、卓球という競技を、あれほど夢中に観てしまうとはネ・・・と苦笑いしていました。

それもこれも、女子の平野美宇(17=エリートアカデミー)ら日本選手の活躍の中、ひときわ「チョレイ!」の掛け声とともに輝いていた張本の存在でした。男子シングルスの2回戦で日本のエース・水谷隼(木下グループ)を下すなど最年少8強入りの活躍-。

将棋界の藤井四段は、史上5人目の中学生プロ棋士ということです。6月7日に行われた「上州YAMADAチャレンジ杯」(大阪・関西将棋会館)で3連勝し、2016年12月24日のプロデビュー戦から公式戦23連勝を達成(継続中)しました。これも凄いですね。

卓球も将棋も、ある意味「頭脳の格闘技」的な要素が強いジャンルです。

であれば、やはり、駆け引きなどを含めて豊富なキャリアを持つほうがメンタル的に有利、となります。技術はある程度、様々な練習によって得られるでしょうが、それを生かすためのメンタルを、彼らローティーンは、どう養っているのか、若い選手が出てくるたびに思うことですが、私には不思議でなりません。

強いメンタルはどうして生まれる?

以前、ゴルフの「日米大学選手権」という競技が定期的に開催されていました。

日米とも代表に選ばれた大学生たちは、いずれも“プロ予備軍”でレベルの高い技術の持ち主ばかりです。

こうした戦いにあって日本代表は、強い米国代表に勝つために何が必要か? 取材に当たっていた私は、チームを率いる監督に聞いてみました。

監督が言います。

球を打つ技術は変わりません。だから今、練習場で球を打つことより、私は彼らに「フランス料理のフルコースを食べさせたい」ですね

ン? エッ? このコメントを理解するのに少々、時間がかかりましたが、監督の意図するところは、つまり、コースに出ればすべて選手が、自分の判断・決断で対処していかなければならない、正しい判断を下すためには、社会性というか社会的な常識が身についていなければ、何が良くて何が悪いか、が分からないでしょ、若い大学生に欠けているものは、そういう面ですから、ということなのでした。

社会的な常識を、フランス料理のフルコースの食べ方、に例えて、このときの監督は、大学生ならではのパワー、勢い、はあっても、やはり、若さゆえの経験不足を勝負の分かれ目に置いていました。

なるほど。よく分かる話ですね。

では・・・そうした面を今の中学生たちは、どう克服しているのでしょうか。

2020年東京五輪に向けて、これからは張本のような若年層がどんどん台頭してくることと思います。

世代交代劇が活発化する中、私がいつも不思議に思う、経験不足をどうカバーしているのだろうか、強いメンタルをどう身につけているのだろうか、という大事な面を、平成世代はすでに資質として持ち合わせているのだ、と安易に解釈してしまっていいのでしょうか。

何がどうあれ、目の前で大人を蹴散らす大活躍を演じているのは、まぎれもなく“中学生パワー”なのですから・・・。
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR