万葉公園に蛍を観に行く

卒業ソングの定番に「蛍(ほたる)の光」がありますね。

蛍の光 窓の雪
書(ふみ)読む月日 重ねつつ・・・

誰もが脳裏に刻み込んでいる、冒頭のこの歌詞は、蛍が放つ光や雪に反射して窓から差し込む月の光を使って書物を読む日々を重ね・・・と解釈されています。

ちなみに高校時代、身近にあった受験雑誌が「蛍雪時代」であり、故事にも「蛍雪の功」があり、この「蛍」と「雪」は、貧苦に負けずに勉学に励む苦学生、の代名詞のようになっています。

〈蛍雪(けいせつ)の功〉=「『蛍雪』は貧乏のため灯油が買えず、袋に蛍を集めてその光で書を読み、あるいは雪明りで書を読んだ、という故事。『蛍雪の功』は苦学した成果」(広辞苑)

まあ、たとえだとしても、月光に照らされた雪明りが、本を読める明るさにもなる、ということは確かです。しかし、蛍は何頭(蛍の数え方は「1頭(とう)」「2頭」・・・だそうですよ)集めたら、果たして本が読めるくらいの明るさになることででしょうか?

そういう屁理屈からではありませんが、6月上旬の某日、鎌倉散策シリーズでおなじみの鎌倉好きの例の友人Fから連絡が入り、湯河原に蛍を観に行こうぜ、ということになりました。

ヘエ、蛍ねェ~。そういえば、私などは蛍をこれまでに見たことがあったかなァ、などと遠い記憶をたどったりしてしまいますが、栃木県出身の友人Fは幼年時、身近なところに蛍の群れが飛び交っていた、とのことで何やら、この〈ホタル科の甲虫〉にどうやら、愛着というか、郷愁を覚えるのだそうです。

・・・ということで出掛けました。

「蛍雪」の忍苦とは対照的な光の舞

私が住む藤沢市(神奈川県)のJR東海道線「藤沢」駅から下り各駅停車の「熱海」行きに乗車して約40分。「熱海」駅からひと駅手前の「湯河原」駅に着きました。

ここで午後4時30分、友人Fと待ち合わせ。合流の後、駅前から出ている「不動滝・奥湯河原」行きのバスに乗り約10分、途中「落合橋」で下車します。

目の前に「万葉公園」が広がり、このうっそうとした森の中にある「花木園」という場所が蛍鑑賞の中心地なのだそうです。

私たちが着いた時間は、まだ日が高く、蛍の出現は当然のことながら夜であり、それも午後8時くらい、だというので時間潰しにひと苦労です。ひと通り万葉公園を散策した後、入り口に戻ると、観光会館前の広場にはテーブルと椅子がセッティングされ、屋台がオープンしていました。

湯河原温泉観光協会は、この蛍が見ごろ(花ではないし見ごろというのでしょうかねェ)のこの時期、6月1日から同13日までを「ほたるの宴」と称して力を入れており、広場の屋台風景は、さながら「夏祭り」の様相を呈していました。

やがて空が次第に暗くなり、午後7時過ぎころから、集まった人たちが動き始めました。私たちもそれに続き、進行方向左に流れる渓流の音を聞きながら歩くと、オッ、いたぞ! と友人Fが教えてくれます。

どこどこ、あっ、あれか、と暗がりに小さな点を発見、私にとっては、それが蛍との初遭遇という歴史的な? 瞬間となりました。

無数が飛び交っていた「花木園」は、大勢の人が取り囲んで見物しており、蛍が光を点滅させながら、優雅な飛行を繰り広げていました。

係員によると、ここを飛び交う蛍は「ゲンジボタル」だけで、幼虫まで万葉公園内の“蛍小屋”で飼育され、その後、3月中旬に地元・湯河原小1年生の手によって放流される、とのことでした。

ちなみに蛍が発光させるのは、オスとメスが相手を探すためなのだそうです。つまり暗闇の中でのナンパの仕合といったところですかね。

なるほど・・・秋口に飛びかう大量の赤トンボの群れも生殖のため、と言われていますが、飛び交う時期というのは、たいてい、そういうことなのですね。

湯河原観光協会は「夜のとばりが降りるころ、万葉公園の水際にゲンジボタルが舞い踊ります!」と力を入れますが、この昆虫群の実態は、幻想的とは裏腹に極めて現実的な行為なのでした。
スポンサーサイト

鎌倉散策~壮観だった「まんだら堂やぐら群」

梅雨入り間近を思わせる曇天の5月28日午後-。

JR横須賀線「鎌倉」駅の東口(鶴岡八幡宮側)改札口にいつもの面々が顔をそろえました。

鎌倉好きの例の友人FとS、それに私の3人。久々に“歩こうか”ということになって集合です。

が、高校時代に山岳部のF、丹沢のバカ尾根を石を詰め込んだザックを背負い、体育会系の理不尽な特訓に耐え抜いてきた若き日を思い出し、この鎌倉散策もこのところ、どうも坂道だとか山道だとかの方向に進む傾向になってきており、歩く距離も短い方がよくなっているSと私との意見がしばしば対立します。

坂道、山道はダメだぞ、分かってるな、まあ分かった、などと2対1のこちら優勢で出発となりました。

駅前のバス発着所から京急バスの「ハイランド循環」に乗り、春先は桜の名所にもなる住宅地「ハイランド」を目指します。そっち方面といえば、そうです、名越切通(なごえきりどおし)の中にある「まんだら堂やぐら群」(逗子市小坪)が目的地ですね。

今回の散策の企画立案? を任せたFは、普段は閉鎖されている「まんだら堂やぐら群」は、期間限定で公開され、初夏の部の公開最終日が5月28日ということで、この機を逃さず観ておこうじゃないか、ということになりました。

乗車したバスは、八幡サマに向かって走り、突き当たりの八幡宮前を右折して金沢街道をノンビリと進みます。杉本寺を過ぎ、報国寺も過ぎ、やがて見えてくる明石橋交差点を右折して「ハイランド」エリアに入って行きました。

終点に近いバス停の「夕陽台公園」で下車。そこからは住宅地をしばらく、トコトコと歩き、標識に沿ってうっそうとした森の中に入って多少の坂道を歩きながら進むと、左側に切り立った崖が見えてきます。

隣接する住宅街に違和感を覚えつつ

ヘエ、スゲェ~、といった感じ。これが「大切岸(おおきりぎし)」ですね。近寄ってみると、岩が人工的に削られて出来た崖が連なっており壮観です。説明書にはこう記されていました。

〈(略)従来、鎌倉幕府が三浦一族からの攻撃に備えるために切通の整備と一体のものとして築いた、鎌倉時代前期の防衛遺構だと言われてきました。しかし、発掘調査を行ったところ(略)最終的に城壁のような形で掘り残されたもの、つまり、石切り場の跡だということが確認されました。(略)〉

なるほど・・・こういう景色もなかなか見られず、大規模な石切りが行われていたのだろう当時の光景がなにやら、見えてくるような感じもしました。

ここから下り坂を進むと目指す「まんだら堂やぐら群」に到着します。

「やぐら」とは、山や丘の岩肌に掘られた横穴式の墓です。鎌倉には「高時腹切りやぐら」「百八やぐら」「十三やぐら」など、多くのやくらがありますが、このやぐら群は凄いですね。こちらも説明書を記載させていただくと-。

〈(略)「まんだら堂やぐら群」は、2メートル四方程度の小規模なものを中心に150穴以上の存在が確認されている有数のやぐら群で、これだけまとまった数のやぐらを良い状態で見ることのできる遺跡は鎌倉市内にも少なく、大変貴重です。(略)〉

まったくその通りでしょうね。小高い展望台から見下ろしたり、近寄って見たり、さまざまな角度から眺め、そのたびに違った顔を見せるこのやぐら群は、必見の価値がありました。

この歴史的な遺構を残す一帯は、切通によって囲まれていますが、私たちはここを後にして帰路、名越の第一切通を抜けたのですが、そこにたちまち現れる舗装した道路、立ち並ぶ住宅・・・エッ、何? と一気に現実に戻されてしまうことに驚きます。

ちょっと情緒がないよなァ、突然だものな、ここを住宅地とした業者は、今の時代、遺跡エリアも手をつけたかったんじゃないのか、などと、うかがった見方をしてしまいたくなります。

そんなことを口にしながら、またバスに乗って鎌倉に戻り、いつものように藤沢に帰り、打ち上げのビールをグビッ!

瀟洒(しょうしゃ)な住宅が並ぶ「ハイランド」や「亀が岡団地」に囲まれた、あの“幻”的な一帯に敬意を表しつつ、いつまでもあの状態が残るように祈りつつ、今回はなかなか中身が濃かった一日を終えました。

湯河原散策~万葉公園で文人を気取る

国民のお楽しみの日々、行楽地がにぎわう「GW」の前半3日間が終わり、5月3日からの後半4日間に向かう前の平日2日間-。

まあ、GW期間中は、どこに行っても混み合うからなァ、と例年、外出を控えるのが恒例でしたが、この“空白の平日2日間”を狙い、多少は混雑が回避されているだろう中で「(休日の)気分を味わってみようか」と友人のTからお誘いがかかり、では・・・と5月1日、いつものように無目的の〈ぷらり湯河原散策〉に出掛けました。

どうして湯河原に? などと聞かれても、理由などなく、まったく思いつくままの気まぐれですが、湯河原という温泉地は、隣接する熱海や箱根の全国に名を売る有名温泉地と違い、どことなく地味で“ひっそり感”を漂わせているのがいいねェ、とか、古くは多くの作家たちが長逗留して原稿用紙に向かった地、などということが知的イメージとしてあり、そんなことが足を向かわせたのでしょう。

・・・で、私が住む藤沢市(神奈川県)の「藤沢」駅からJR東海道本線(各駅停車)下りに乗って52分、お目当ての「湯河原」駅に着きました。

GWの後半は荒れ模様などと天気予報が告げていました。その前のこの日は、少々暑い、夏を思わせる好天に恵まれ、駅前は、いかにも立地する神奈川県南西部を思わせる、明るい光、に包まれています。

いいねェ、まあ、何だかんだ言っても、行ってみれば(来てみれば)何かがあるねェ、が、スローガン、というか、口グセの散策ですから、見るもの、手当たり次第、明るさまでも“いいねェ”となってしまうのですから単純です。

駅前から「不動滝・奥湯河原」行きのバスに乗り、街中を抜け、温泉宿が並ぶ道を走って約10分、やがて「落合橋」の停留所に着き、下車します。

まあ、混雑を避けた、日帰りのプチGW気分を味わうには、ここに開ける「万葉公園」(湯河原町宮上)を楽しむのがいいんじゃないか、といったところです。

狸も恋を成就させた湯

バス停の横を川(藤木川)が流れ、その橋を渡ると広場があり、周辺一帯が湯河原温泉街の中心地に当たる「万葉公園」になっています。

「万葉公園」というネーミングの由来は、万葉集に登場する植物が集められているから、というのは、よく知られていることですね。そして、この広場の観光会館前には「万葉歌碑」があり、こんな歌が刻まれていました。

足柄の 土肥の河内に出づる湯の 世にもたよらに 子ろが言はなくに 

万葉集の中で唯一、湯河原温泉を詠(よ)んだものなのだそうですが、そういう意味でもこの地はやはり、ひと味違った印象を受けますね。

その歌碑の奥から、右手に渓流を見ながらの散策コースが始まります。途中にあった「狸福(りふく)神社」は、立て看板に由来が書かれており、それによると-。

ここにいた雄狸をある日、土地の人が狩猟の矢で傷つけてしまい、雄狸は湯の出るところで傷を癒していると、同じように足に傷を負った雌狸が癒しに来て、次第に2匹は恋仲になり夫婦になった、そして2匹を結びつけた湯河原温泉の素晴らしさを世に広めた、ということでした。(概略)

なにやら、ほのぼの気分、となりました。

明治時代以降、多くの文人が湯河原を訪れて創作に励んだ地には、それを記念したさまざまな碑が立てられており、そんな中のひとつに「国木田独歩の碑」があり〈湯河原の渓谷に向かったときは、さながら雪深く分け入る思いかあった〉と、自身の小説の一節が刻まれていました。

渓谷に沿った散策コースは、やがて大きな円形の“足湯施設”である「独歩の湯」にたどり着きます。

ここで足を湯につけ、ノンビリしてもいいのですが、眺めるだけにしてUターン、帰路は渓流沿いの小径を歩いて、スタート地点の広場に戻りました。

残念だったのは、周辺にあるひと休みの場が、ほとんど早い時間に店じまい(午後4時くらいには閉店でした)してしまい、ちょっと一服、が出来なかったことでした。

ということで、ビールをグビッ、の時間は、バズで湯河原駅に戻るか、あるいはJR東海道本線の「湯河原」駅からひと駅先の「熱海」駅まで行き、ここは豊富な呑み処で1日を終えるのもいいですね。

全体を振り返ってみて、この「湯河原散策」は、なかなかグッドでした。

「小田原おでん」を食べに行く

グルメの友人Tからの誘いが入りました。

〈「小田原おでん」を食べに行かないか〉

エッ、おでん? おでんといえば、寒い冬の季節に最近、美味(うま)くなったと言われるコンビニの出来合いのものを買ってきたり、あるいはスーパーで売られている一式が袋に入ったものを鍋で煮立てたり、その程度の認識しかない私としては、改めて“おでん”と胸を張って構えられても、どうにもピンとこないものがありました。

友人Tによると、今や「小田原おでん」は、おでん=屋台、などのイメージを超えた、和食への殴り込みなのだ、といかにもグルメっぽい熱の入れ方です。

フムフム、そうかい、おでんの種、いやいや、話のタネに、では行ってみようか・・・と4月中旬の某日、小田原へと向かいました。

私が住む藤沢市(神奈川県)のJR東海道線「藤沢」駅から各駅停車で下って約30分。小田原の街は、お城があるせいか、どことなく落ち着きが感じられ、ブラブラとのんびり歩くのが似合います。

「小田原」駅の東口(海側)から、右側に小田原城を見て海方向に向かってブラブラと歩きます。行先は「小田原おでん本店」(神奈川県小田原市浜町)です。

お城に沿った道はやがて、国道1号線にぶつかり(本町交差点)そこを左折(右折すると箱根方面)して、小田原を代表する蒲鉾店が点在する「小田原かまぼこ通り」を歩くと、やがて「小田原おでん」と書かれた2つの大きな提灯が目印となる店に到着します。

小田原駅からのんびり歩いて約20分程度のちょうどいい道のり-。

ヘエ~スゲェ~な、とまず、驚かされたのが、慣れれば別にどうということはないのですが、最初はちょっと尻込みさせられそうな、古民家ふうの門構えでした。ここが店・・・といった感じ。

その風情に圧倒させられ、さらに庭を抜けて店内へ入ると、大きなおでんの鍋を取り囲むようにメーン・テーブルとなる15席のカウンターが、いい雰囲気で迎えてくれます。

たかがおでん・・・されどおでん、でした

席に座り、置かれたメニューを開くと、エッ、これがおでん? と思われるような、さまざまなおでんの楽しみ方が記されています。何をどう注文していいか戸惑う中、最初は「おまかせ5品」あるいは「おまかせ3品」あたりを注文するのが無難でしょうね。

5品なり3品なりは、お好みでチョイスできるようになっており、私は大根、エビ天、タコ天、金目なると、厚揚げ、などを頼みました。

味付けには「からし」「わさび」「梅みそ」の3種類が出され、私などは「おでんにはからし」とワンパターンでやってきましたが、ここ小田原流はやはり、梅の産地ですから「梅みそ」なのだ、ということも教えてもらいました。

出されたおでんは、大根をはじめとして美味しいものばかりでしたが、中でも金目なるとは、プリプリと弾力があり、食べ応えがありました。

ちなみに私の横に座った若い人は、3種類の日本酒が小さなグラスに入った「利き酒セット」というのを注文しており、お酒を呑み分けて楽しんでいます。私の感想としては、ああ、こういうセットもあるんだ、これは2回、3回と店に通わないと、中身の濃い注文が出来ないな、といったところでした。

ところでこの「小田原おでん」について、説明書きにこうありました。

〈小田原おでんの最大の特徴は種にあります。小田原の老舗蒲鉾店13社をはじめ、豆腐屋、こんにゃく屋、八百屋、精肉店など様々な地元商店が小田原おでんのために創出したオリジナル種が一つの鍋に入っています。もう一つの特徴は、梅みそを添えて提供することです〉(原文のまま)

なるほど。そうなんですね。「小田原おでん」は、名産品の蒲鉾や薬&菓子の「ういろう」と並んで新たな名物として売り出したものなのですね。

この「小田原おでん本店」は、カウンター席のほかにテーブル席や茶室、個室、はなれの部屋まであり、少人数から大人数まで、さまざまな利用の仕方が出来そうです。

そんなこんなで結構、しゃべり、楽しみながら、美味いおでんを堪能してお腹がふくれました。

帰路は店からまた、小田原駅までぶらぶら歩き、です。

もうこの季節、小田原の夜風も寒さがなくなり、心地よい腹ごなしの、駅まで約20分となりました。

鎌倉散策~満開の桜の下を走る

咲き誇る桜情報と佐川宣寿・前国税庁長官の証人喚問-。

世の中の話題が、この2つに絞られたかのような騒がしさとなった3月28日。

テレビの画面で各局の気象予報士の皆さんが、見ごろは今週ですヨ、来週は桜吹雪です、などと急がせるものだから、こちらもついつい乗せられ、じゃ、急ごう、桜見物にGO! となりました。

メンバーは、いつもの鎌倉好きの友人FとS、そして私の3人です。

プランナーのFが言いました。

〈今日はそこら中、思い切り観(み)て回ろうじゃないか。車で回ろう〉

いつもの“足で散策”の決まりごとを捨て、では・・・と私がドライバーとなって午前11時、この時間にもう、夏日近くに気温が上昇したかのような暖かさ、いやむしろ、暑さの中、小田急「片瀬江ノ島」駅前で待ち合わせ、出発となりました。

地元(神奈川県藤沢市)在住の私としては、この季節、ちょっとのぞいておきたいな、と思うのが「長久保公園(都市緑化植物園)」(藤沢市辻堂)です。

鵠沼海岸に流れ込む「引地川」沿いに位置するこの公園には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、などが約800本植えられているとのこと、桜の時期は、広い芝生の上で近隣住民の家族連れが、思い思いに憩いのひとときを過ごす、知る人ぞ知る、桜の名所です。

が、難点は、駐車場が満杯になってしまうこと。車で行くときは、それを覚悟しなくてはなりませんが、この日は、オッ、ついてるぞ、と空きがあり、駐車後、私たちは、こぼれんばかりの桜を見上げながら公園を一周、好調な出足となりました。

ここを後にしてさあ、次は、藤沢市と鎌倉市を結ぶ鎌倉山(32号線=藤沢鎌倉線)に向かいます。途中、そば処の「檑亭(らいてい)」(鎌倉市鎌倉山)を右手に見ながら走り、山を下りた後は「大仏トンネル」を抜けて「長谷の大仏さま(高徳院)」横の道につながっていきます。

景観抜群の「デニーズ葉山森戸店」

この鎌倉山の桜がまた、華やかなのですね。私たち3人は、オーッ、満開! スゲー、などと声を上げながら、桜のトンネルを走り、次の目的地、鎌倉の市街地を抜けて逗子に向かう途中にある「逗子ハイランド」(鎌倉市浄明寺~逗子市久木にかけての住宅地)に向かいました。

ここの桜も凄いですね~。この地を住宅地として開発した際に桜並木を造ったそうですが、ここに住む地元住民の方も、この季節になるとスマホで写真を撮っており、毎年、新鮮ですね、と話していました。

いやはや、バタバタと駆け足で藤沢市から鎌倉市、さらに逗子市と桜の名所を巡ってきました。どこもかしこも、満開状態で満足の連続でしたが、まあ、もともと“花より団子”の面々。どこかで腹ごしらえしようじゃないか、ということになり、ここから葉山に出て、森戸海岸に面して建つ「デニーズ葉山森戸店」(神奈川県三浦郡葉山町堀内)に入りました。

このデニーズは、屋外のテラス席にテーブルが取れると、温和な相模湾を一望できる気持ちよさに包まれながら、食事をすることができます。右方向の海には故・石原裕次郎さんを偲ぶ「裕次郎灯台(葉山灯台)」も見え、景観をウリにした、ひと味違ったファミレス、といった感じです。

食後の腹ごなし、お手ごろの散歩は、お隣の「森戸大明神」ですね。

広々とした境内をノンビリと歩き、神社の横を進むと海岸にぶつかり、そこに建つ、ひときわ目を引く石原裕次郎さんの記念碑には、こんな文字が刻まれていました。

上の石碑には-。

〈夢はとおく 白い帆にのって 消えていく 消えていく 水のかなたに〉

下の石碑には-。

〈太陽の季節に実る狂った果実たちの先達、石原裕次郎を偲んで〉

と・・・。

思えば私も、中学生のころ、葉山・森戸方面から聞こえてくる、にぎやかな〈太陽族〉に憧れたものでしたっけ・・・。

ああ、狂った果実たちの先達よ!

桜の華々しさから、最後はちょっとシンミリさせられましたが、なかなか味わい深い、1日のドライブとなりました。

車から解放された後のビールが格別だったことはもちろんのことです。
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR