乗客も怖い過当競争

先日、東京都内でこんなことがありました。タクシーに乗ろうと道路端で通るのを待っていたときのことです。

最近は節約のためにタクシーの利用などめっきり減って、移動の足はもっぱら地下鉄となっていますが、このときは時間が遅く、電車の時間も気になっていたものですから、駅までタクシーに乗ろうか、ということになりました。

待っていた場所は2車線道路。向こうから2台の空車が内・外車線を並行して走ってきました。手を上げると何と外側のタクシーが内側のタクシーにかぶさるように接近。両車両とも音を立てて急ブレーキを踏み、あわや接触の危ない場面となり、待っていたこちらも、思わず“危ない!”と声を上げてしまうようなシーンでした。

目の前に2台が止まり、私は常識的に内側のタクシーを選びましたが、乗ったタクシーの運転手さんは、アッという間に急発進で遠ざかる外側のタクシーに舌打ちしつつ、しかし、怒りより、むしろ“明日はわが身”といった口調で「危ないなァ。ま、稼ぐためには仕方ないか」と言い、仲間に代わって・・・といった感じで私に頭を下げていました。

シ烈な乗客獲得合戦

昨今のタクシー業界、新規参入が免許制から許可制になったり、また増車も許可制から届け出制になったり、いわゆる「規制緩和」がシ烈な自由競争を生みました。ただ街中を流して乗客を探す“流し営業”だけでは「うだつのあがらない仕事ぶり」(運転者さん)となり、運転手さんにとっては乗客獲得合戦に四苦八苦の受難の時代なのだそうです。

皮肉なことにタクシー業界が過当競争でオーバーヒート気味なのに反比例して利用客の方は、このご時勢、節約はまず“足元から”と、企業のタクシー控え、地下鉄利用の励行は、もはや常識的となり、増えるタクシー台数、減る乗客、とこれはもう致命的なのが現状のようです。

では、とタクシー側は、街中を流す時間帯、駅構内で待機する時間帯のリサーチ、イベント開催など人が集まる日時、場所の把握など、情報収集を元に効率よく動こうとします。つまり、市場調査の重要性です。体力勝負から頭の勝負へ・・・の切り替え。

運転手さんが苦笑交じりに言いました。

「ハイ、そういうことが出来る人でないと稼げません。大変な時代です」

リストラによる再就職でタクシードライバーへの転身者も増えています。昔取ったきねづかで、そのテの調査などお手のものの人もいることでしょう。乗らなくなった乗客獲得に向けて「ワンコイン(500円)タクシー」など新サービスの出現も聞かれます。

とはいえ、忘れてならないのは、人の命を預かるタクシー業界です。運転手さんも乗客も「金も大事だが命も大事」です。

・・・あの2台がもし、目の前で衝突していたら、あるいはこちらへのとばっちりも・・・。それを思うとゾッとします。

ああ、日々、身を削る思いの世の中です。

スポンサーサイト
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR