市民ランナーの快走に拍手!

日曜日(2月27日)の朝、自宅から近い江の島(神奈川・藤沢市)方面からにぎやかな“音”が、風に乗って聞こえてきて目が覚めました。

「朝っぱらから何だよ~」とまだ、開かない目をこすりながら耳を澄ますと、にぎやかな音は、ゼッケンの番号らしいものをアナウンスする声だとか交通規制の声だったりして「ああ、そうか。きょうは『湘南藤沢市民マラソン』の日だったか」と納得。同マラソンは今回初開催で地元市民ランナーの間で話題となっていましたが、昨今の江の島&海岸道路周辺は、ビッグな「湘南国際マラソン」なども行われたりしており、市民マラソンの聖地化現象を起こしています。

そんな日にとんでもないニュースが飛び込みました。東京で開催された「東京マラソン」(東京都庁前~東京ビッグサイト)の男子の部で、まさに正真正銘、市民ランナーの川内優輝(23=埼玉陸協)が、日本人最高位の3位に入り、タイムも2時間8分37秒をマーク。「日本人トップで2時間9分30秒を切った選手を世界陸上の代表に内定する」という基準をクリアして、8月に韓国・大邱で開かれる世界選手権の出場権を獲得してしまったのです。

世界のスピードに日本勢がどこまで食い下がれるか。このところの日本男子マラソン勢に課せられたテーマがそのまま、ポイントとなるレース。過去に2時間8分~9分台の記録を持つ藤原新(29=レモシステム)、入船敏(35=カネボウ)ら実業団の有力選手が2時間7分台を目標にして代表の座を狙う展開が予想されていました。

実業団のエリートを蹴散らした“なにくそ”精神

個人活動がすべての市民ランナーに比べて、実業団に所属するエリート選手の環境は、ほぼプロ化、時間的にも金銭的にも恵まれています。優勝候補の一人に挙げられていた藤原の環境は、レモシステムとスポンサー契約を結び、成果が条件となるプロランナーですが、レースでは25キロ過ぎから先頭集団を脱落、最終的に57位では、アマランナー・川内の大健闘の前に、惨敗の理由が何であれ、それは言い訳にしか聞こえず、恥ずかしくて仕方がなかったのではないでしょうか。

川内の快挙には、本当に初々しさとアマチュア・ランナーらしさが感じられ、ゴール後に倒れ込む姿も“出し切った”全力投入が伝わり、すがすがしい気持ちとなりました。

現在、埼玉県立春日部高校の定時制事務員を務めており、平日は空いている午前中に2時間程度の練習、週末に駒沢公園に出向いて走りこむのだそうです。

川内の倍、あるいは数倍は練習できる時間を持ち、良い環境も持つだろう実業団選手に足りないものは何だろう、と思うとき、これは今回の出来ごとに限らないのですが、やはり、快挙を達成した選手の背景に必ずあるものは「ハングリー精神」であり、目の前の困難に“なにくそ!”と立ち向かう勇気があるかないかの差ではないかと思います。

川内にとって3位賞金200万円は、本当にうれしかったことでしょう。代表に内定したからには日本陸連も今後、川内の環境づくりに手を貸し、何よりも大きいことは強化選手として強化費によるバックアップを行うことでしょう。

そうした環境の変化を、川内がどう受け止めてさらなる飛躍を遂げるのかは、本人次第ですが、当初の“なにくそ精神”を忘れずに大舞台を目指してもらいたいものです。

スポンサーサイト
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR