とことん笑えた「お熱いのがお好き」

映画をどう観(み)るか、あるいは、どう楽しむか、については、もちろん特別なセオリーなどはなく、観る人々の個々の感性に任せて自由です。

この点を以前、ある映画監督に聞いたところ、こんな言葉を頂きました。

〈映画はね、100人100様の見方があっていいんですよ。それで監督だってね、自分の意図と違う見方をされても、ああ、こういう見方もあるんだ、と教えられるわけですからね〉

従って映画館で、1人の観客が大笑いした場面で、隣の席に座った別の観客が涙を流したとしても、それは個々の感性による解釈、受け止め方によるもので、それもアリ! なのが映画なのであり、面白さなのでしょう、と思います。

・・・が、しかし、です。そんな肩の凝る話ではなく、他方には、とにかく皆が、一斉に笑えて無条件に楽しめるコメディ映画もあります。

そんなジャンルの代表作がビリー・ワイルダー監督(製作)の米映画「お熱いのがお好き(Some Like It Hot)」(1959年公開)ですね。過日、映画愛好家が集まった例会で上映され、クスクスだったり、声を上げたり、大いに笑ってきました。

トニー・カーティスとジャック・レモンの芸達者な2人にB90を揺らし、セクシーでキュートなマリリン・モンローが加わってさまざまな騒動を巻き起こす、このドタバタ喜劇の代表作は、名画座だったりテレビだったり、以前にどこかで観たっけなァ、と思い出す方々も多いと思います。

私も数回、観た覚えがあり、筋書きはだいたい頭の中に入っているにもかかわらず、何回観ても面白さが色褪(あ)せず、そのたびに笑いが呼び起こされるのは、やはりこの映画が傑作だからなのでしょう。

ちなみこの映画は、米映画協会が選ぶ「アメリカ映画喜劇映画ベスト100」の第1位に位置づけられています。

ときは1920年代後半、禁酒法時代のシカゴ。もぐりの酒場で演奏することで食いつないでいたミュージシャンの2人、サックス奏者のジョー(トニー・カーティス)とベース奏者のジェリー(ジャック・レモン)は、酒場に警察の手入れが入り逃げ出します。

職を失った2人は、稼ぐために移動用の車を借り、受け取りに行ったガレージでマフィアの虐殺現場(聖バレンタイン・デーの虐殺)に出くわしてしまい、マフィアのボス、スパッツ・コロンボ(ジョージ・ラフト)の一味に追われることになってしまいます。

モンローの魅力満載の傑作コメディ

右往左往する中、2人は苦肉の策でジョーはジョセフィン、ジェリーはダフネ、と名を変え、女装して女性だけの楽団にもぐりこむことに成功。一行は寝台列車でフロリダ(マイアミ)へと向かいます。

車中で出会うウクレレ奏者でボーカル担当のシュガー(マリリン・モンロー)にジョーでジョセフィン“カーティス”は一目ぼれ。しかし、シュガー“モンロー”は、フロリダで成金の金持ちを探そうと目論んでおり、女装ゆえに手が出せないジョセフィンを歯ぎしりさせます。

一方のジェリーでダフネ“レモン”は、マイアミに到着するなり、本物の大富豪のオジさん、オズグッド・フィールディング3世(ジョー・E・ブラウン)に一目ぼれされてしまい、こちらも正体がバレるのを恐れ、逃げまくるのに必死となります。

やがて・・・シカゴから逃げた2人の前にマイアミにやってきたコロンボが姿を見せます。巻き起こるギャング同士の抗争。コロンボが射殺され、それを目撃した2人はまたまた、追われる身に・・・。

ドタバタ! ドタバタ!

エンディングは、ダフネに一目ぼれしたオズグッドに助けを求め、シュガーも合流して、彼が所有するクルーザーに逃げ込みます。助けられて身分を隠すわけにはいかなくなったダフネが、男であることを明かすとオズグットは、ニヤリとして言ってのけました。

〈な~に、人間、誰もが完ペキなんかじゃないさ。(Well,nobody’s perfect)〉

と-。

私は、このドタバタ・コメディを楽しみながら、トニー・カーティスとジャックレモンの達者な演技の2人に囲まれてマリリン・モンローの存在はどうなのだろうか、などと考えていました。

ビリー・ワイルダー監督は当初、シュガー役をミッチー・ゲイナーにしようとも思っていたそうですが、私は、モンロー以外だったら、シャーリー・マクレーンあたりは? などと思いましたが、やはり、この役はモンローでしたね。

なぜなら、あの場面、あの歌・・・もう、モンローなくして成り立ちません。

そうです。

I wanna be loved by you

ですね。

Boo boo bee doo

悲惨だったと言われる私生活面はともかく、スクリーンの中のモンローは、ひたすら「可愛らしさ」で観る側を魅了してくれました。
スポンサーサイト
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR