この悔しさを次へのバネにしてほしい

プロボクシングのWBA世界フライ級王者・井岡一翔(28=井岡)が、判定勝ちで5度目の防衛ら成功するとともに具志堅用高氏が持つ国内ジム所属選手の日本記録「世界戦14勝」に並びました。

4月23日夜、エデイオンアリーナ大阪で行われたダブル世界戦です。

試合後の井岡は、勝利を喜びながらも、倒せなかったことを悔しがりましたが、そんな悔しさが“ぜいたく”に思えるほどの悔しさを味わわされたのが、もう一つの世界戦、WBO世界バンタム級タイトルマッチに臨んだ大森将平(24=ウォズ)でした。

大森は10回に左アッパーから強烈な右フックを浴びダウン。ダメージが残る11回に連打され、レフェリーストップでTKO負けとなりました。

ウ~ン、残念! 大森に勝たせたかったのは、だいたいがアンフェアな試合だったからでした。

試合前日(4月22日)の計量で王者のマーロン・タパレス(25=フィリピン)は、53・52キロのリミットより780グラム多い54・30キロ。再計量では何と54・40キロと減るどころか100グラムの増量という信じられない事態となっていました。

「減量中に疲れて水を飲んでしまった」(タパレス)とのことでしたが、まったく自覚のないひどい王者で王座は剥奪。試合は大森が勝てば新王者。引き分け、負けなら王座は空位というルールで行われましたが、実際のウエートは、タパレスが約61キロ、大森が約58キロで行われています。

自覚なき前王者に喝!

まあ、しかし・・・およそ体重制のあるスポーツに関わる選手にとって、まずウェートコントロールありき、は言うまでもないことでしょう。

とはいえ、プロボクシング界の世界戦で、王者が減量失敗で王座を剥奪されるケースは、決して少なくありません。

思い出されるところでは、2006年10月のWBC世界ライト級タイトル戦でのディエゴ・コラレス(米国)=2キロ増。同世界ライトフライ級暫定タイトル戦でのワンディ・シンワンチャー(タイ)=1・2キロ増。国内では2007年3月に開催されたWBA世界フライ級タイトル戦で王者ロレンソ・パーラ(ベネズエラ)の2・1キロ増、などがあります。

元世界王者の浜田剛史氏は、現役時代に約10キロの減量を強いられて苦労しているだけに減量失敗の見方は厳しく、こう言います。

〈ボクサーの減量は、それがいくらきつくても、できて褒められるようなものではなく、できて当たり前のものです。失敗は自覚の問題で特に王者は立場上からも恥ずべきものでしょう〉

試合が決まれば計量の日も決まります。ボクサーはその日に合わせてウエートの調整を開始しますが、だいたい試合の1カ月前に3キロ増程度に持っていき、この後は、絶食も含めて一気に落とす方法、節食しながら徐々に落とす方法、の2種類から自分に合った方法を選ぶことになります。

だいたい、まじめで繊細な日本人選手は、長期の我慢を必要としますが、徐々に落とす安全策を選択し、中南米選手やタイ人選手は、一気に落とす方法を選ぶ傾向にあり、その分、失敗すれば・・・のリスクを負うことになります。

この季節は、特に暑くもなく寒くもなく、減量をしにくい時期でもありますが、今回のタパレスのように再計量で体重が増えているなどの不真面目さは、ちょっと聞いたこともなく、ア然としてしまいました。

大森は2015年12月16日のWBO世界バンタム級挑戦者決定戦でタパレスと戦い、2回TKO負けしているだけに、初の世界挑戦はまた、リベンジ戦でもありましたが、負けは本当に残念! そして気の毒な結果でした。

大森には、この悔しさを次に生かしてほしいものですね。
スポンサーサイト
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR