「大雄山最乗寺」で天狗パワーを浴びた?

5月4日正午近く-。

自宅から最寄り駅の小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅は、さすがGWのど真ん中ですね、大混雑でした。

私は、そんな人の大波に逆流しながら藤沢に向かいます。JR東海道本線「藤沢」駅から下り電車に乗って「小田原」駅へ。そこから伊豆箱根鉄道の大雄山線に乗り換えて約25分。終点の「大雄山」駅に着きました。

鎌倉好きの例の友人Fと、この期間、大混雑するだろう鎌倉を避け、たまには違ったところで・・・と、ここで待ち合わせ。駅前から「道了尊」行きのバスに乗ります。約10分ほど、山道を上りながら走って到着です。

ここは凄いですね。

何がって、そうです。曹洞宗の寺院「大雄山最乗寺」(神奈川県南足柄市大雄町)が建つ広大な土地をびっしりと埋めるようにそびえ立つ杉木立の迫力に、です。

特に新緑のこの季節、見上げれば天を突く杉、その間に鮮やかな緑の紅葉、その下を歩く人々は、それらが放つエネルギーに包まれて、森林浴効果、とでも言うのでしょうか、行き交えば和(なご)やかな表情で「コンニチハ」と挨拶をかわし、なかなかいい光景が繰り広げられていました。

「大雄山最乗寺」を紹介したパンレットにこうありました。

〈開山・了庵慧明(りょうあんえみょう)禅師。(略)ある日、一羽の大鷲が禅師の袈裟をつかんで足柄の山中に飛び、大松(袈裟掛けの松)の枝に掛ける出来事が起きた。その啓示によって、この山中に大寺を建立。大雄山最乗寺と号した。応永元年(1394年)3月10日のことである〉

建立のいきさつからして、何やら“神秘的”ですが、ここは神秘のオンパレード地域で、杉木立の神秘に続いて「天狗の神秘」が語り継がれています。

バスの停留所名にある「道了尊」は、了庵慧明禅師を助け、大寺の建立に尽力した修験道の行者(山伏)名です。

このとき、道了尊は、天狗と化して500人分の力を発揮、神通力により、わずか1年あまりでこの大寺を完成させた、と伝えられています。天狗というところがいいですね。

広大な境内を、それこそ汗ばみながらウオーキングすると、奥のほうに「結界門」があり、門の両サイドに建つ、山伏姿の天狗の像が目を引きます。

頭上を覆う杉木立の迫力

向かって右側が「鼻高天狗」の像。

左手に巻物を、右手にウチワを持つ、あの天狗の姿です。

左側には「烏(からす)天狗」の像。

〈烏(からす)天狗〉=「鳥のような嘴(くちばし)や羽を持つと想像された天狗」(広辞苑)

友人Fが言いました。

〈ホラ、牛若丸の話。鞍馬山の鞍馬天狗は烏天狗だよな。剣術が滅法、強くて牛若丸の先生だった、という話・・・〉

こういう話は、面白いですね。

この「大雄山最乗寺」に満ちている、不気味と言えば不気味な天狗パワー。

その極めつけが、とんでもない石段を上り切らなければたどりつけない「奥の院」です。

見上げれば、どこまでも延々と続く石段の下で、行こうか行くまいか、と迷う面々が集まっています。

「どうしますか?」「ここまで来たら行かないと・・・ネ」「でも上に何があるのかなァ」-他人同士の会話。みんなが顔を見合わせながら「では思い切って」と一人が上り始めると、それに続く光景は、まさに天狗パワーに後押しされているようで、この階段には、本当にパワーが宿っているのではないか、と思ってしまうから不思議です。

まあ、しかし・・・この石段の長さは凄いものがありました。あえぎあえぎ、途中何度も休憩しながら、上から下りてくる人に「もう少しですよ。頑張って」と掛けられる声が、烏天狗の声のようにも聞こえてきて・・・でした。

こうして一日を終え、帰路、小田原駅前の蕎麦店に入り、いつものように、ちょい呑みで乾いたノドを潤しながらの打ち上げです。

早くも筋肉痛気配の両足にビールがしみ込むよう・・・と思ったそのとき、携帯電話の呼び出し音が鳴りました。

出るとスポニチ本紙に勤務している後輩のボクシング担当記者です。

〈サトーさん、ステーキもいいですが、ホラ、村田(諒太=帝拳)の世界戦が近いですからね。頼みますよ〉

そうですね。「いきなり!ステーキ」で栄養を補給しつつ、いつまでも働く身・・・現実に戻されながら、ああ、烏天狗の神通力が永遠に欲しい! と、つくづく思った次第でした。
スポンサーサイト
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR