黙祷の季節に伝えるべきこと

黙祷の季節ですね。

1945年(昭20)8月9日午前11時2分、長崎への原爆投下。それより3日前の同年8月6日午前8時15分、広島への原爆投下。そして同年8月15日、太平洋戦争終結-。

私が住む藤沢市(神奈川県)でも、両日の原爆投下時刻、サイレンが鳴らされて黙祷を求めるアナウンスによって人々の姿勢が正されました。

夏休み真っ盛りのこの季節、少年・少女たちは、学校を離れてさまざまな活動に精を出していることでしょうが、やはり、8月のこの両日は〈特別な日〉として大人たちが、黙祷の意味を教え、伝えるべきだろうな、と思います。

終戦直前の1944年(昭19)8月3日生まれの私は、この激動のとき、恐らく母親の背中に落ちないようにくくられていたことだろうし、記憶はまったくありません。

が、後々に資料によって、敗色濃厚の1945年8月4日、日本国民は総武装で竹やりの訓練を開始した、などという悲痛な記述に接したり、原爆投下に関しても、小学生になって新聞社系のグラフ誌により、白いアスファルトの路上に人の影だけがクッキリと黒く残された写真を見たりして、その凄惨な出来事を知らされ、改めて驚きもし、子供なりに心を痛めます。

世代を超えた“継承”こそが大事

〈もう72年も前のこと。昔の話だろ〉と背を向けてしまうのか。あるいは世代を超えて永遠に記憶にとどめておくべき出来事なのか。

もちろん、後者であるべきに決まっていますが、次第に薄く、消えかけていく認識をこれから、戦争を知らない世代ににどう継承していくのかは、大きな課題になるのではないか、と思います。

新聞・テレビの各メディアも、8月を迎えると戦争関連の記述、映像が増えます。

年々、出来事に対する新たな発掘があったり、従来の解釈とは違った新説や背景が新たに浮上したり、それはそれなりに興味深いことなのですが、メディアの役割としては、やはり、この出来事を風化させない、後世に伝える、ということをまず、根底におくことが大事なのではないかと思います。

だいぶ前の話になりますが、終戦記念日の8月15日夜にNHKが放送したスペシャル番組「あなたにとって戦争とは」が、いまだに記憶に残っています。

スタジオに集まった若い世代たちは、実感のない戦争というものを、例えば祖父の体験談から知り、あるいはアジアの人々との交流の場で、考えたこともなかった“傷跡”として知らされ、彼らは、国家の責任をそれぞれが出来る範囲で自分たちも背負いたい、と発言したのです。

若い世代がそう考える姿勢には、観(み)ている側の大人である私も、少なからず驚かされたものでした。

ときをどれだけ経ようと、繰り返し巡ってくる日本の8月が〈平和祈願の原点〉であることが変わることはないでしょう。

世の中に若年層の殺伐とした事件が相次いだりする一方、日本の責任を個人も背負うべきだと真剣に主張する若者もいます。

自らのことしか見えない無責任な若者群とが混(こん)然一体となった戦後72年の社会-。

戦争体験、被爆体験の後世への継承が、8月だけの行事的なものに終わらないよう、願うばかりですね。
スポンサーサイト
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR