金沢八景周辺をブラリ散策

気持ちのいい秋晴れとなった9月某日-。

以前から「金沢八景」方面の散策を主張していた鎌倉好きの例の友人Fの希望を叶えるべく“そっち方面”に出向きました。

私は、自宅(神奈川県藤沢市)の立地的立場? から、三浦半島の“こっち側(相模湾側)”に妙な愛情があり、だから“あっち側(東京湾側)”には、さほど興味がありません。

金沢八景ねェ~。だいたい“あっち側”に見どころはあるのかい? と私。何いってんだい、金沢北条氏の金沢文庫もあるし、歴史的に結構、重い地域だぜ、と友人Fは、いつもの悪いクセを発揮、アカデミックに攻め込んできます。

まあ、こちらは、金沢八景と言えば、その景観の美しさを描いた〈歌川広重の8つの風景画〉くらいしか知識がありませんが、友人Fの、とにかく行ってみなければ話にもならネーだろ、ということで「金沢八景」駅前に時間厳守、午後1時半集合! ということになりました。

だいたいね~。“あっち方面”を走っている京浜急行は“こっち側”から不便なんだよな、などブツブツ文句を言いつつ、私の場合はまず、横須賀線で「逗子」駅に行き、そこから徒歩約10分ほどのところにある京浜急行逗子線「新逗子」駅から「金沢八景」駅に向かいます。

「金沢八景」駅に着き、駅前から周辺を見渡すと、このあたりの風景が一風、変わって見えるのは、駅前を走る幹線道路16号線の信号を渡るとすぐ、目の前に「平潟湾」が広がり、そこに「琵琶島神社」が突き出していたり、その先の海に向かってモノレールの「シーサイドライン」がきれいに弧を描いていたりしているからでしょうか。

フ~ン、なかなかいいじゃないか、と私。だろ、とF。ここから歩いてもいいが、お前の足じゃ、きついだろうから、シーサイドラインに乗ろうじゃないか、と続けます。

ひと言多いのは、この男の常ですが、素直に従ってシーサイドラインに乗車。改札口で手前の「海の公園南口」までなら230円、ひとつ先の「海の公園柴口」までなら260円、じゃ、手前にしとこうか、など、30円を惜しむケチな根性で、あ~だ、こ~だ、と言いながら「海の公園南口」で下りると、埋め立てて整備された人工的な美しさを誇る「海の公園」(横浜市金沢区海の公園)が目の前に広がっています。

悪くはなかった“あっち側”

この横浜市内では唯一、海水浴場のある海浜公園、をウリとする「海の公園」には、周辺に関東学院大や横浜市立大があるせいか、夏の盛りを過ぎても、若い人たちでにぎわっており、ビーチバレーの常設コートやウインドサーフィンなどのスポーツ施設、さらにバーベキュー場などアウトドア施設もあり、これはこれで結構、楽しめる場だなァ、と設備の充実にひとしきり感心・・・。

ここをブラブラと「海の公園柴口」駅まで歩き、そこから「まあ、歩いて15分くらいだろう」と友人Fが言う「神奈川県立金沢文庫」(横浜市金沢区金沢町)に向かいました。

住宅街のダラダラとした上り傾斜の道を「15分」に期待しつつ歩きます。エッ、まだかよ、もう15分経ったぜ、先頭に立つ友人Fは、アレレと道を間違えたりして私たちの足では、まあ、倍の30分、といったところでしたが、まず「称名寺」(横浜市金沢区金沢町)に到着。「神奈川県立金沢文庫」は、このお寺に隣接しています。

「称名寺」は、いい雰囲気ですね~。

北条氏の一族である金沢(“かねさわ”なのだそうです)北条氏の祖・北条実時が開基した北条一門の菩提寺、と資料にありました。

境内には、人懐こい猫が数匹いてノンビリと昼寝をしたりしています。阿字ケ池に大きな太鼓橋が架かる風景は〈浄土式庭園〉と呼ばれるものなのだそうで、境内はそこだけ、時間が止まっていて鎌倉時代、の趣を感じました。

境内の隅にある短いトンネルを抜けると「神奈川県立金沢文庫」です。鎌倉時代中期、北条実時が設けた日本最古の文庫。「武家文化の正倉院」とも呼ばれるそうです。今は神奈川県立の歴史博物館、図書館として運営(観覧料200円)されています。

・・・ということで金沢八景周辺をブラリ、散策してきました。

な、いいだろ、と友人F。まあ、確かに、行かないより、行ってみれば、必ず新鮮な出会いがあるものです。それはそれで“あっち側”も悪くはありません。

で、恒例の打ち上げを、知らない街の金沢文庫でやろうじゃないか、ということになり、駅前を探したところ、まだ陽が高く開店前の店ばかりです。そんな中にありました、営業中の居酒屋が-。

それも、学生の街、ならではでしょうか。

初秋の陽がまだ落ちず、外はまだまだ明るい中でビールをグビッ! ああ、何という贅沢、を反省しつつ、1日を終えた次第でした。
スポンサーサイト
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR