FC2ブログ

松山を目指す後進に望むこと

米男子ゴルフツアーのメジャー競技「マスターズ」(米ジョージア州オーガスタ=オーガスタ・ナショナルGC)で日本人、いやアジア人初の優勝を飾り、世界最高峰の“ゴルフの祭典”史にその名を刻んだ松山英樹(29=LEXUS)の快挙は、日本のゴルフ界に大きな影響を与えることでしょう。

女子の宮里藍(引退)が全盛時、父親の宮里優さんがインストラクターを務める沖縄・名護市の大北ゴルフ練習場には、県内外から多くの少年・少女たちが未来の藍ちゃんを目指して集まったものでした。

日本列島を歓喜の渦に巻き込んだ松山の偉業も、これによって底辺がより一層広がる現象を見せつつあります。

この状況は喜ばしいことですが、少年・少女たちジュニアの育成に関して優さんは以前、こんなことを言ったことがあります。

〈子供たちの成長を阻むのは“親の欲目”ですね。親たちの過剰な期待、一日も早くいいボールを打てるようになるように…などの期待が子供たちに重圧を与え、結果、ゴルフをつまらなくさせてしまうのです〉

練習を続けていれば、次第に本人に欲も出てきて、いつかはうまく打てるようになる、親に必要なのはそれを見守る忍耐、それよりこの時期は、球をうまく打つこと以前にまず、練習を通して礼儀とかマナーを覚えることのほうが先、という考えです。

仏料理の食事マナーを覚えろ!

以前の話です。プロの川岸良兼らが日大で活躍していた1980年代後半のこと。恒例の「日米大学ゴルフ選手権」を控えたある日、日本チームを率いた当時の監督が話した言葉が思い出されます。

〈球を打つことより、彼らにはフランス料理のフルコースの食べ方を教えたい〉

2009年の「マスターズ」で4位に入った片山晋呉を育てた高校ゴルフ界の名門「水城高」(茨城県)の石井貢監督(当時)が常に念頭に置いていたのは「(高校生たちが)社会常識を身につける」ということでした。もちろん教員と生徒という教育的立場もあったことでしょうが、部員の指導には、球を打つこと同様にこのテーマに時間をさきました。

3人の指導者は、まだ経験が少ないこの年齢の子供たち、高校生たち、大学生たちに対し、ゴルフというゲームは、ひとたびコースに出て起きるさまざまな問題を、すべてプレーヤーがひとりで判断し、決断し、解決しながら前に進まなければならないのだ、ということを理解させようとしています。

直面する問題には、攻め方のようなマネジメント、それを生かす技の部分もあるだろうし、また、同伴競技者の目が届かない林の中に打ち込んだボールに対する“ホンの出来心”といった心の部分もあるでしょう。

フランス料理の食事マナーはたとえにしても、社会的知識の吸収がゴルフでも判断の幅を広げるということです。

コースに出て自然を相手とするとき、球を打つことは皆、横一線でしょうが、どう攻略したらいいかなどの思考部分、引き出しの多さが差をつける要素となります。

第2、第3の松山を目指す後進には、このあたりをしっかり身につけて成長していってほしいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR