世界の“ボンバーレフト”再び!

ボクシング・ファンの方々にとっては、見逃せない、楽しみな一戦が、今月末に控えています。

1月28日(日本時間同29日)に米カリフォルニア州インディオで行われるWBC世界スーパーフェザー級1位・三浦隆司(32=帝拳)vs同2位ミゲール・ローマン(31=メキシコ)の挑戦者決定戦ですね。

前WBC世界スーパーフェザー級王者の三浦にとっては、王座奪還への第一歩となる、負けられない試合です。

2015年11月21日(日本時間同22日)、本場ラスベガス(米ネバダ州)のリングで5度目の防衛戦に臨んだ三浦は、1位の挑戦者フランシスコ・バルガス(メキシコ)とダウンを奪い合う激闘を展開させた末、9回TKO負けで防衛に失敗しました。

ボクシングの原点を確認し合うように両者の闘魂が火花を散らしたこの試合を、米国メディアは最大の評価で称え、その年の年間最高試合に選出したことは周知のことです。

敗れたものの、三浦はむしろ、負けて価値を高めた形で“ボンバーレフト”の名を全米にアピールしました。

それが、三浦をもう一度、米国のリングで戦わせたい、という関係者のラブコールにつながりました。

1年2カ月ぶりに回ってきたチャンス

昨年の12月中にオルランド・サリド(メキシコ)とのWBC世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦が組まれましたが、サリドがケガを理由に辞退したことで、今回の挑戦者決定戦に変更され、試合も約1カ月間、先送りされた、という経緯がありました。

このサリドは、昨年6月4日(日本時間同5日)に米カリフォルニア州カーソンで王者バルガスに挑戦しており、バルガスが初防衛に成功したものの、内容は両者一歩も引かずの激闘を展開させ、結果は大接戦のドローとなっています。

これを受けて三浦vsサリド戦が行われたなら、勝者がバルガスに挑むことは既定路線。これは行われず、挑戦者決定戦になったものの、返り咲きを最大目標とする三浦にしてみれば、王座奪還に向けた大きなチャンスが回ってきたことに違いはありません。

相手のローマンの戦績は、資料によると「56勝(43KO)11敗」とありました。ニックネームは“突貫ファイター”なのだそうで何やら、スゲーッ! といった感じの怖そうな相手ですね。

が、それは逆に“三浦向き”ともいえそうで、激闘王的な戦いを得意とする三浦の周辺には、類は友を呼ぶ、ではありませんが、そういう相手が集まってくるのでしょう。

そういえば、三浦から王座を奪ったバルガスだって、三浦の試合、サリドとの初防衛戦、と、試合は常にスリリングなものとなり、それを激闘で乗り切っています。

三浦が登場する1月28日のリングでは、この宿敵バルガスも防衛戦が行われるとのことで、これぞボクシング! そこら中で激しい火花が飛び散りそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR