高齢者ドライバーについて思うこと

友人というものは、ときにして歯に衣着せず、酷ではあるけれど“いかにも”と思う適切な助言を、ストレートでズバッと投げつけてくれるものです。

その友人が言いました。

〈そうだねェ。そういう段階に来ているんなら、もうひとつ、別の考えが必要なんじゃないか。そう、つまり、手離すか、手離さないか、のほうを・・・ネ〉

車の話です。

私が今、乗っている車は、1998年(平10)7月に購入したものですから、もう18年目、今年の7月で丸19年の長きを迎えるのです。

乗り始めてから通算7台目となるその車は、私が53歳のときに購入、年齢的にこれが最後の車かな? と“乗り潰し”のつもりでいましたから、特に買い替えを考えずにここまで来てしまったのでした。

振り返ってみれば、故障と言えば、エアコンの不具合、Dレンジで動力が伝わらなくなってしまったミッション系の不具合、などがありましたが、おおむね良好状態で今に至っています。

・・・が、車は長く乗ればいいというものではないのですね。当時の排ガス規制は、今に合わないし、とともに古い車は、税金が年々、上がってくるのが、頭の痛いところです。

運転免許証の自主返納を含む試行錯誤

といったことにより、以前に比べて乗る回数も減っており、これからは維持費の削減を優先させたいということで、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」の1000CCあたりはどうだろうか、思い切って“軽”にしてスズキの「ワゴンR」にしちゃおうか、など、通算8台目に気持ちが傾き始め、しかし、乗り続けている18年目の車には、妙な愛着が沸いており、なかなか決断がつかない状況が続いています。

そんなとき・・・冒頭に記した、友人のキツ~イ、一撃を受けたのでした。

そういうときを迎えているということは、買い替えも結構だがネ、乗る回数が減っているのなら、もう車を手離す、免許証の自主返納も選択肢のひとつなんじゃないか、という考えです。

しかし、この決断も、頭を痛めますよね~。やはり、手元になければ、何かのときに不便が生じるのではないか、ということを考えてしまいます。友人は、慣れだよ、何ごとも慣れ、慣れれば、車などないのが普通になる、といいますが、どうでしょうかね~。

そんな折、加入している自動車保険の担当者から連絡があり、ちょっと相談があるからか・・・ということで会いました。担当者が言うには、対物賠償の項目を厚くしたほうがいいてすよ、というアドバイスでした。

事故を起こしたときの対人賠償は、誰もが“無制限に”など重要事項として考えます。が、対物賠償は、車がぶつかって相手の車を壊してしまった、くらいの意識で、どちらかというと軽く考えがちです。

が、担当者は、それは違いますよ、と言い、一例として、軽乗用車が電柱にぶつかり、跳ね飛ばされて近くにあったコンビニに突っ込んだ、という出来ごとをを挙げ、その賠償金は1億円超えでした、と怖い話? を聞かせてくれました。

昨今、高齢者が運転する車の事故が、いたるところで起きており、社会問題化しています。「ブレーキとアクセルの踏み違え」が原因の多くを占め、コンビニに突っ込んだり、集団登校中の小学生の列に突っ込んだりしています。

私はどうだろうか、と振り返ったとき、ブレーキとアクセルをなぜ踏み間違えるのだろうか、とまだ、その理由が理解できないところがあるものの、うっかりと出合い頭は交通事故の常であり、気をつけなければならないところですね。

あと数年、今の車を走らせ続けるか、維持費がかからない車に乗り換えるか、そうした“車ありき”の生活に別れを告げ、思い切って免許証を返納して車を手離すか、などの様々な問題が加わり、1966年(昭41)に免許証を取得、運転歴51年となる私という高齢ドライバーは、どうやら、車に対する考え方の分岐点にぶつかったようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR