最強の追及・・・無差別の魅力

今年の「全日本柔道選手権大会」は、例年通り、4月29日に東京・日本武道館で開催されますが、数ある柔道の大会の中でも、この大会は、体重や年齢などすべて〈無差別〉で行われることで見応えがありますね。

女子の「皇后盃全日本柔道選手権大会」は、男子に先駆けて4月16日、神奈川・横浜文化体育館で開催され、決勝戦は朝比奈沙羅(20=東海大)vs田知本愛(28=ALSOK)の重量級対決となり、若い朝比奈が優勢勝ちで初優勝を飾りました。

大会を中継したNHK総合テレビの解説を務めた2011年大会優勝の杉本美香(32)さんは「予選から勝ち上がって優勝にこぎつける。階級に関係ない無差別の大会に勝つことは、特別のものがありますね」と話していました。

〈柔よく剛を制す〉という言葉があります。「温柔な者がかえって剛強な者に勝つことが出来る」(広辞苑)という意味ですね。

範囲を広げれば、体が小さい者が大きい者に勝つ、ことにもたとえられます。

この表現は、いかにも“武道的”で以前、むさぼるように読みふけった富田常雄著の柔道小説「柔」の中でも、体が小さく非力な主人公の矢野浩(後に正五郎)が、大男を〈理と力の法則〉で投げ飛ばす術の妙が描かれています。

読み手の心を躍らせる〈無差別の戦い〉こそ、格闘技の原点なのでしょう。

柔道やレスリング、ボクシングなど格闘技各分野で実施されている階級制は、競技として成り立たせるために導入されています。

競技性重視で薄まる戦いの本質

例えば、米総合格闘技リング「UFC」は、1993年11月12日、コロラド州デンバーで第1回大会が開催されたとき、トーナメント(出場8選手)は、階級制なしの無差別で行われています。体重的にはミドル級クラスのホイス・グレイシー(ブラジル)が、グレイシー柔術の技を駆使した戦いで重量級戦士を下して優勝したことに面白さはあったものの、全体的に試合の内容は「ケンカだった」とも言われています。

もちろん、まだ「バーリ・トゥードって何だ?」という時代です。

この「UFC」は、1997年の大会から階級制を取り入れ、現在の運営会社「ズッファ社」(ダナ・ホワイト社長)は、興行性から競技性への移行に徹して継続に成功しています。

日本で1997年10月11日に“平成の格闘王”高田延彦(当時キングダム)とグレイシー柔術のヒクソン・グレイシー(ブラジル)が戦うことになり、そのためのリング「PRIDE-1」が立ち上げられたとき、国内では、一部のコアなファンは別にして、一般的にはまだ「バーリ・トゥード(スペイン語で“何でもあり”)」とか「アルティメット(究極=反則技を最小限にとどめた格闘技)」などという言葉は浸透していませんでした。

しかし「UFC」が、グレイシー柔術の企画・主催でスタートしたバーリ・トゥード・ルールによるアルティメット大会であることを考えれば、その戦いのルーツは、柔術や柔道にあるのではないか、との見方もありました。

柔道やレスリングが今、五輪や世界選手権を視野に入れた競技性重視のため、ルールにがんじがらめになる中、無差別戦は唯一、残されたロマンなのかもしれません。

そう言えばプロボクシング界でも、マニー・パッキャオ(フィリピン)が階級を超えた戦いに挑んで6階級制覇を達成したり、公認団体が増えて王者が増える中、階級を超えて誰が一番強いのかを問う「パウント・フォー・パウンド」ランクが注目されたりするようになっています。

競技性やスポーツ性は大事、欠かすことはできませんが、やはり、格闘技の原点は、無差別の戦い、にあるのでしょうね。

競技者には、その心を忘れてほしくないですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR