良き飲み仲間とのひととき~パートⅣ

行きつけの「呑み処(どころ)」に集まる常連客の、このところのブームは〈ステーキ〉です。

肉好きに人気急上昇のステーキ専門チェーン店「いきなり!ステーキ」が、私が住む神奈川・藤沢市内にも開店したことで、呑み処の店主、肉食女子のCちゃんママが、行こうよ、ネ~、みんなで行こっ! ということになり、静かなるブームとなりました。

ン? 静かなる、ですか?

そうです。静かなる、ですよ。なぜ? って常連客の面々、年々、平均年齢がアップする中、医者の指導のたまものか、妙にコレステロール値などに詳しくなってしまい、脂質異常症(高脂血症)がねぇ、とか、血圧が下がらなくてねぇ、LDL(悪玉)コレステロール値が高いんだよ、など、そのテの専門用語を駆使した話題が増えつつあります。

じゃ、夜遅い時間は、アルコール、甘いもの、そして肉食は控えましょうね、と医師にキツ~く言われ、ハイハイと表向き、素直に返事をしながらも、夜な夜な、ここのカウンターに座る呑兵衛(のんべえ)たち。それでも、若いときは分厚いレアの肉にかぶりついていたことを懐かしみながら、まあ、肉は我慢しようか、と遠ざけていたのに、Cちゃんママの“旗振り”で一気に火がつきました。

だから、あまり大っぴらにはできず、女房・子供に、アナタだけいい思いして、となじられるのも嫌だし、ここだけの話だけど実はね、という類の静かなる、なのでした。

他人に厳しく、自らに甘い面々は、こう自己弁護します。

〈悪玉だか善玉だか知らないが、もう、このトシになれば、コレステロールも関係ネーだろ〉

何やら、ステーキひとつ食べるのにも、やけっぱち気味の理由づけがいるトシになってしまった仲間たちでした。

某月某日の午後-。

「いきなり!ステーキ」の店内に面々がそろいました。

だいたい、1グラム=8円、をベースにして客が好みの肉、各種200グラム以上を注文、客の前でカットして焼き上げることをウリにしています。200グラムなら1600円-。

静かに漂う“ステーキ”ブーム

といっても、200グラムを頼んでも、キッチリと200グラムにカットすることは、技術的に難しいようで、190グラムだとか200グラムちょいオーバーくらいの肉が出てきます。

日ごろ、何かとひと言、言いたがり屋のAちゃんが案の定、口を開きました。

〈客が注文した量をカットできないのは技術の問題だろ。だったら、多めに出して(注文した)200グラム分の料金にしたら、この店は良心的だなァ、と思うけどね。少ないってのはヘンだろ〉

いいよ、いいよ、そんなことはどうでも・・・ジュージューと音を立てる肉が目の前に出されれば、もう文句なし、紙のエプロンを首からぶら下げて、理屈抜きに舌なめずり、となってしまいます。

〈もう、イヤ! 薄着になるこの季節、嫌いヨ〉

ちょっぴり太り気味が悩みのタネらしい日本舞踊の先生を務めるKちゃんは、半袖のシーズンが苦手ですが「いきなり!ステーキ」には、しっかり顔を出し、男連中がサーロインやヒレを200グラムなどと控えめに注文する中、じゃ、アタシは・・・リブロース300グラム! などと大胆に注文しています。

まあ、彼女の悩みのタネは、世間体程度のもので実際は、肉が食べられるのなら太ってもいい、と問題外なのかもしれません。たくましいですね~。

それにしても・・・肉好きが肉を食べるときの幸せそうな顔は、店内の雰囲気までも幸せな気分にするものですね。

特に女性が、ガッツリと肉をほおばる姿は、電車内で化粧をする女性やドカッとあぐらをかいて座る女性が「はしたない!」と非難されるのと同様、文句を言う方々もいるでしょうが、それはそれで見事なものです。まあ、それが“時代の流れ”-今ふうのオンナというものでしょう。

ところで「いきなり!ステーキ」藤沢店は、椅子席がメーンとなっていますが、もともとは“立ち食い”でスタートしたのだそうです。

ステーキと言えば、高価格、豪華、のイメージですが、このスタイルを採用したことで、低価格、質素、とイメージをガラリと変えました。

私たちが満腹状態で店の外に出ると、店の前では順番を待つ人たちが行列をつくっています。

それを見てCちゃんママが言いました。

〈結構、若い人たちだよね。ステーキ食べに並ぶんだものね。イメージが変わったよね。半分、ウチの店に並んでくれないかなァ〉

まあまあ、そうした本音はともかく、おいしいものを食べた後は、気持ちが豊かになるものです。

・・・で、面々は、次はいつ? と何やら、クセになりそうな気配-。

まさに静かなるブームでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR