鎌倉散策~日蓮ゆかりの地を歩く

今週末のプロボクシング“世界戦ラッシュ”に向けてこのところ、ボクシング取材に動き回る日が続き、なかなか仕事モードを切り替えられないでいました。

が、気分転換には、ブラり散策が一番! と鎌倉好きの例の友人Fと、例によって例のごとく、JR横須賀線「鎌倉」駅の東口(八幡サマ側)で待ち合わせました。

私は最近、コンビニの100円コーヒーが、安くて美味(うま)い! と好きになり、早めに鎌倉について、駅近くのコンビニでおにぎり&コーヒーの軽いランチを済ませ、約束時間の午後1時に合流しました。

ところで・・・私の自宅から徒歩10分くらいのところに「竜口寺」(神奈川県藤沢市片瀬)というお寺があります。

処刑場があった竜口寺といえば、伝説として知られているのが「竜ノ口法難」でしょう。私も小学生のころ、この話をよく聞かされたものですが〈南無妙法蓮華経〉の日蓮宗の開祖・日蓮をここで斬首しようとしたところ、海から光るものが飛んできて、刀を振り上げた役人の目がくらみ、目的が果たせなかった、という“天候急変”が原因だろう出来ごとです。

ということで今回の鎌倉散策は、日蓮ゆかりの地をぶらつこうか、ということになりました。

鎌倉駅東口前のロータリーを直進、若宮大路の信号を渡ると正面に老舗書店の「島森」があります。向かって右方向に進むと郵便局があり、その角を左折して歩きます。

このあたり、鎌倉市大町の周辺が、日蓮宗のお寺が多数、点在するエリアです。

まず、日蓮宗の本山「妙本寺」(鎌倉市大町)に足を運びました。

このお寺が建つ地は、現在「比企谷(ひきがやつ)」と呼ばれ、資料には鎌倉時代、源頼朝に仕えた御家人・比企能員一族の屋敷があった、とありました。

素晴らしかった「妙法寺」の苔

一族は北条氏と対立し、返り討ちにあって北条時政に滅ぼされ、難を逃れた能員の末子・能本が日蓮の信者となってこの地にお寺を建てた、とのことでした。

境内の片隅には比企一族の苔むした墓があり、そうした悲劇的な歴史を持つ妙本寺で当時の栄枯盛衰を偲(しの)びつつ、ここの境内は、今の時期、うっそうと茂った新緑に包まれて素晴らしい景観を見せており、楽しむことができました。

このお寺を出た後は、バス道の名越街道をブラブラと歩き、街道横の「安養院」(鎌倉市大町)に寄り道して北条政子の供養塔などを見物。さらに歩くとやがて「安国論寺」(鎌倉市大町)が見えてきました。

ここは日蓮関連エリアとして欠かせないところですね。

日蓮が初めて鎌倉に入った際の拠点であり、入り口で配布されている「境内霊場案内図」には、修行を続けた日蓮岩屋とも呼ばれる岩窟「御法窟」が記載され、あの〈立正安国論〉は、この岩窟で書かれた、とされていました。

〈立正安国論〉は、1260年(文応元年)に著した仏教書で、法華経を信じることなく国の安寧は得られない、とするものですが、強烈な主張ゆえに、それから11年後に日蓮は、竜口寺の処刑場に立たされています。

この安国論寺に近い「妙法寺」(鎌倉市大町)は、日蓮が鎌倉で本格的な布教活動に乗り出したときの拠点と言われています。

このお寺に伝えられているのが「松葉ケ谷の法難」です。

妙法寺が配布している資料によると、日蓮が読経しているとき、一匹の白猿が現れて袖を引き、どこかへ導こうとしています。導かれたところが、安国論寺の裏山にある「南面窟」で、この不思議な避難により日蓮は、反徒からの焼き討ちを逃れた、とされています。

まあ、そうした歴史的な出来ごととは別に「高いなァ」と思った300円ナリの拝観料を「なるほどね~」と納得させたのが、石段を緑の絨毯に変えている苔の素晴らしさでした。

この石段は歩行禁止となっていますが、その脇に階段を造っており、さまざまなアングルで苔の石段を観(み)ることが出来ます。

写真好きには、たまらない被写体でしょうね。若い人がローアングルで懸命にシャッターを切っていました。

少々、太ももに筋肉痛を感じつつ・・・こうしてブラり散策は終了しました。

そして恒例の打ち上げの楽しみは、蕎麦屋に入り、私はビールとせいろ、友人Fは日本酒とせいろ、です。

気分転換になったいい一日でしたネ~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR