悲喜こもごもの有明での世界戦5連発

東京・有明コロシアムを舞台に5月20日の土曜日、翌21の日曜日と2夜連続で行われたプロボクシングの世界戦5連発-。

私も連日、足を運びましたが、ボクシングの取材というものは、試合を含めて周辺に漂う緊張感に記者も巻き込まれ、やはり2日連続というのは結構、体にこたえますね。

今回は特に2012年ロンドン五輪ボクシング(ミドル級)金メダリスト・村田諒太(31=帝拳)が臨んだWBA世界ミドル級王座決定戦で不可解判定による敗戦! という出来ごとがあり、それが記者たちをグッタリさせていました。

何しろ、村田が勝てば“歴史的出来ごと”ということで、新聞各社は試合の途中、村田有利の情勢に“こりゃ、勝つぞ!”と紙面大展開の準備を開始・・・が、最後の最後に予想外のどんでん返しとなってしまったのですから皆、ガックリです。

2夜目の21日、プレスルームの雰囲気は、どこか沈んでいて元気がなく、いつもは記者連中の雑談でにぎやかな声も聞かれず、静かな中に疲労感だけが漂っている感じでした。

村田の結末に関しては、ボクシング・ファンの皆さん、思い出しませんか? そうです。逆パターンですが、2006年8月2日、神奈川・横浜アリーナで行われたファン・ランダエタ(ベネズエラ)vs亀田興毅(当時19=協栄)のWBA世界ライトフライ級王座決定戦です。

亀田興とダブるエンダム勝利の不可解判定

この試合、初回に亀田がダウンを喫し、その後の反撃もポイントが奪えない状態ながら、出された判定は、亀田が新王者となる不可解判定の勝利を得ました。

ジャッジの採点は、1人が115-112でランダエタを支持、2人が114-113、115-113で亀田を支持した2-1の微妙判定。まあ、この採点は少差ということでまだ、救いもありましたが、今回のようにエンダムを支持した2人の採点が116-111、115-112、村田を指示した1人の採点が117-110とともに大差となっていては、いったいWBAのジャッジはどこを見ているの? どういう教育を受けているの? とあきれてしまいます。

今回の不可解判定に対して、WBAのヒルベルト・メンドサ会長が、自身がつけた117-110で村田勝利の採点表を公表して謝罪、ダイレクト・リマッチ(直接再戦)を行うよう指示を出しましたが、まったくWBAは何をやっているんだ! 命がけでリングに上がっている選手がかわいそうだろ、と非難したくなってしまいます。

まあ、そんなことがあって、何かの文句ではありませんが「事件は常に現場で起きる」ことが実感されます。

激闘王のIBF世界ライトフライ級王者・八重樫東(大橋)が、何もしないまま、1回に3度のダウンを喫し、わずか2分45秒でTKO負けしてしまったことも、拭い切れない重い雰囲気に輪をかけてしまいましたが、そんな暗雲を吹き飛ばしてくれたのが、やはり、WBO世界スーパーフライ級王者、日本のエース・井上尚弥(24=大橋)の進化し続ける強さでした。

相手がランク2位の指名挑戦者リカルド・ロドリゲス(米国)であっても、もはや、井上の敵ではなく3回、左2発でケリをつけ、5度目の防衛に成功。秋に予定される米進出に向けて弾みとなる勝利を挙げました。

東京・有明の熱い2日間。世界戦5試合の結果は〈3勝2敗〉となりました。

その中で村田が、今後に向けてどんな決断を下すのか、それだけが気になるところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR