鎌倉散策~東慶寺の「イワガラミ」を観る

イワガラミ」って知っていますか?

鎌倉好きの例の友人Fからメールが入りました。

〈今、東慶寺で「イワガラミ」を特別公開しているよ。行かないか?〉

花好きの方々は、ご存知のことでしょうが、そちらの方面に疎(うと)い私は、ン? 「イワガラミ」って何? ということで百聞は一見にしかず、ヨシ、行こう! と足を運びました。

6月2日午後1時30分-。待ち合わせ場所は、JR横須賀線「北鎌倉」駅の改札口前です。

この日は、天気予報によると“7月上旬の気候”とかで真夏の太陽が照りつける暑さとなりましたが、時折り、サーッと吹き抜ける乾いた風が、心地良さを運んでくれます。

「北鎌倉」駅前から鎌倉街道を八幡サマ(鶴岡八幡宮)に向かって約3~4分ほど歩くと右側に昔・駆け込み寺、今・花の寺「東慶寺」(神奈川・鎌倉市山ノ内)の、手入れが行き届いた山門が見えてきます。

山門をくぐり抜け、拝観料200円を払って境内へ。お目当ての「イワガラミ」は、本堂の裏にある、ということでそちらに向かいました。

私はまず、知ったかぶりはナシに案内係の方に「イワガラミって何なのですか?」と質問しました。案内係の方が、さすがですね、待ってましたとばかり、胸を張って教えてくれます。

〈そうですね~。「イワガラミ」(岩絡み)はですね、学術的に言うと「アジサイ科(旧ユキノシタ科)の蔓(つる)性の植物なんですよ。白い花が可憐です〉

フムフム、そうですか。やっぱり、百聞は一見にしかず、ですね。で、本堂に上がらせてもらいました。

特別公開ということで見物料がまたいるのかな? と思いましたが、無料(昨今の鎌倉各所は、拝観料ばかりでイヤになるときがありますネ)ということで感心感心! でした。

本堂の裏手に壁のような岩があり、その岩肌を「イワガラミ」が覆い尽くしています。その名の通り、もともとは1本の蔓が成長して岩肌に絡みつき、次第に這い上がって一面に広がっていく、という植物なのですね。

岩肌一面を覆う緑の葉と白い花

緑の葉の中に可愛い白い花が浮かび上がり、なるほど、これは見に来て良かったな! の感です。

友人Fに言わせると、毎年6月上旬の季節限定で行われるこの特別公開は人気があり、長蛇の列ができてなかなか入れないといった混雑ぶりとなるのだそうです。そんな中でこの日は、予想外にすいており、ゆったりと観(み)ることができて、ツイていたな、となりました。

それにしても・・・ときの執権・北条時宗の没後、1285年(弘安8)に夫人の覚山尼が創建し、縁切り寺法によって女性を救済してきた駆け込み寺の尼寺「東慶寺」は今、そうした生々しさ、封建時代の女性の悲しさ、がまったく感じられない(当たり前のことではありますが・・・)こぎれいな花の寺として存在感を増しています。

そのせいか、境内にはご婦人たちのグループが、多く見られました。

山門を出て帰り道、じゃ、ちょっと寄ろうか、と近くの「明月院」(鎌倉市山ノ内)に向かいました。“アジサイ寺”としてあまりにも有名になってしまったこの寺は、また長蛇の列でにぎわう季節が近づいて今は、その日に備えているかのように、ひっそりとしていました。

中には入らず、入り口周辺でひと休みした後、テクテクと歩いて八幡サマへ。ここは今、修学旅行の季節なのでしょうか、少年・少女たちの行列で大にぎわいでした。

暑さの中、よく歩き、ノドも渇き、さあ帰ろうか、ともう、目の前にビールがちらついています。鎌倉から私の地元・藤沢に戻り、居酒屋に飛び込んでグビグビと渇きをいやします。

ああ、うまい!

友人Fの鎌倉への誘いも、それに応える私も、最近は何か、散策を終えた後の、この打ち上げが主目的の様相を呈してきた感じです。

やがて・・・むし暑く、憂鬱な雨の季節となって、それが終われば夏-。着物の四季で言うなら、単衣(ひとえ)から薄物へ、と移り変わっていくのですね。

いやいや、そんな情緒に浸っている場合じゃありません。思い出しました。まだ、たまった冬ものを洗濯屋に出していませんでしたっけ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR