FC2ブログ

楽しみな“ボンバーレフト”の出撃!

何をもって有効とするんだ!

当たらないが手数を出しているほうか? 手数は少ないが単発を当てているほうか?

・・・そうして生まれる不可解な採点-。

だったら、エ~イ、面倒くさい! ぶっ倒せばいいんだろ!

少々、乱暴ですが、プロボクシング元WBC世界スーパーフェザー級王者・三浦隆司(33=帝拳)のボクシング・スタイルは、昨今の微妙なポイントの取り合いとは違い、ボクシングの原点である、殴り合い、倒し合い、に徹して不可解なし! 分かりやすさでファンを魅了しています。

だから、世界が“見たい”と、この男に注目するのでしょうね。

この魅力的な“ボンバーレフト”の出番がやってきました。7月15日(日本時間同16日)に米カリフォルニア州ロサンゼルス郊外イングルウッドの「ザ・フォーラム」で行われるWBC世界スーパーフェザー級王者ミゲル・ベルチェルト(25=メキシコ)へのチャレンジです。

世界の頂点にもう一度立たせたい

王者時代の2015年11月21日、ラスベガス(米ネバダ州)の「マンダレイベイ・ホテル&カジノ」で行われた5度目の防衛戦で三浦は、挑戦者(同級1位)のフランシスコ・バルガス(メキシコ)と倒し倒されの激闘の末、9回TKO負けで王座を手離しました。

それから1年8カ月、三浦が王座に返り咲くか、注目の一戦となります。

王座陥落後、1位にランクされた三浦は、このチャンスを自力で勝ち取りましたね。

今年1月28日(日本時間同29日)に米カリフォルニア州インディオで行われた同級2位ミゲル・ローマン(メキシコ)とのWBC世界スーパーフェザー級王座への挑戦者決定戦です。

この興行では、メーンで王者フランシスコ・バルガス(メキシコ)vs挑戦者ミゲル・ベルチェルト(メキシコ)のWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチも行われ、勝者が挑戦者決定戦の勝者の挑戦を受ける、緊迫感漂うカードが並びました。

三浦自身も、勝てば次があるが、負ければ終わり、という背水の陣での戦い。この試合は凄かったですね。

序盤、接近して加速する連打で攻め込んでくるローマンに三浦は、たまらずに足を使うなど手を焼き気味の展開となります。

そんな中、三浦が最初に勝負を懸けたのが、後半戦開始の7回でした。強打の連発にローマンも応じて激しい打ち合い。それは8回も続きましたが、そのせいか9回を迎えてローマンは失速気味になります。10回、終了間近に三浦は狙いすませたボンバーレフトをボディーに叩き込んでダウンを奪い、その後は11回、最終12回にそれぞれダウンを奪い、12回KO勝利を収めました。

メーンのタイトルマッチは、王者バルガスが負け、三浦の標的は新王者ベルチェルトに変わり、バルガスへのリベンジは果たせなくなりましたが、まあ、しかし、こうして這い上がり、自力で指名挑戦権をもぎ取り、チャンスをつかんでいくことが、三浦の三浦らしさ、といったところで頼もしい限りです。

三浦がもう一度、世界の頂点に立つことができるかどうか、目が離せなくなりました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR