大人を蹴散らす“中学生パワー”の威力

その活躍に接するにつけ、この少年たちの頭の構造、思考回路、などは一体、どうなっているのだろうか、と考えてしまいます。

卓球界の話題を独り占めしている13歳の中学生・張本智和(エリートアカデミー)の、この年齢の少年とは思えない躍進ぶり、がひとつ。もうひとつは、プロデビューからの公式戦23連勝で注目を集める将棋の史上最年少プロ、14歳の藤井聡太四段です。

先の卓球世界選手権(ドイツ)をテレビの前にかじりついて応援した方々は多かったのではないでしょうか。私の友人も、卓球という競技を、あれほど夢中に観てしまうとはネ・・・と苦笑いしていました。

それもこれも、女子の平野美宇(17=エリートアカデミー)ら日本選手の活躍の中、ひときわ「チョレイ!」の掛け声とともに輝いていた張本の存在でした。男子シングルスの2回戦で日本のエース・水谷隼(木下グループ)を下すなど最年少8強入りの活躍-。

将棋界の藤井四段は、史上5人目の中学生プロ棋士ということです。6月7日に行われた「上州YAMADAチャレンジ杯」(大阪・関西将棋会館)で3連勝し、2016年12月24日のプロデビュー戦から公式戦23連勝を達成(継続中)しました。これも凄いですね。

卓球も将棋も、ある意味「頭脳の格闘技」的な要素が強いジャンルです。

であれば、やはり、駆け引きなどを含めて豊富なキャリアを持つほうがメンタル的に有利、となります。技術はある程度、様々な練習によって得られるでしょうが、それを生かすためのメンタルを、彼らローティーンは、どう養っているのか、若い選手が出てくるたびに思うことですが、私には不思議でなりません。

強いメンタルはどうして生まれる?

以前、ゴルフの「日米大学選手権」という競技が定期的に開催されていました。

日米とも代表に選ばれた大学生たちは、いずれも“プロ予備軍”でレベルの高い技術の持ち主ばかりです。

こうした戦いにあって日本代表は、強い米国代表に勝つために何が必要か? 取材に当たっていた私は、チームを率いる監督に聞いてみました。

監督が言います。

球を打つ技術は変わりません。だから今、練習場で球を打つことより、私は彼らに「フランス料理のフルコースを食べさせたい」ですね

ン? エッ? このコメントを理解するのに少々、時間がかかりましたが、監督の意図するところは、つまり、コースに出ればすべて選手が、自分の判断・決断で対処していかなければならない、正しい判断を下すためには、社会性というか社会的な常識が身についていなければ、何が良くて何が悪いか、が分からないでしょ、若い大学生に欠けているものは、そういう面ですから、ということなのでした。

社会的な常識を、フランス料理のフルコースの食べ方、に例えて、このときの監督は、大学生ならではのパワー、勢い、はあっても、やはり、若さゆえの経験不足を勝負の分かれ目に置いていました。

なるほど。よく分かる話ですね。

では・・・そうした面を今の中学生たちは、どう克服しているのでしょうか。

2020年東京五輪に向けて、これからは張本のような若年層がどんどん台頭してくることと思います。

世代交代劇が活発化する中、私がいつも不思議に思う、経験不足をどうカバーしているのだろうか、強いメンタルをどう身につけているのだろうか、という大事な面を、平成世代はすでに資質として持ち合わせているのだ、と安易に解釈してしまっていいのでしょうか。

何がどうあれ、目の前で大人を蹴散らす大活躍を演じているのは、まぎれもなく“中学生パワー”なのですから・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR