“イチ たす イチ”は「に~」の笑顔

自宅から歩いて約10分ほどで「江の島」(神奈川県藤沢市)を中心とする片瀬海岸に出ます。

乾いた風が吹き、梅雨どきとは思えない心地よい気候となった6月の某日-。

午後からウォーキングに出かけると、愛称「エノスイ」(新江ノ島水族館)前の片瀬海岸西浜には、遠足で訪れたのでしょうか、大勢の小学生たちがにぎやかに砂浜を走り回っていました。

やがて“集合!”の声が掛かり、ワイワイ・ガヤガヤと集まった小学生たちは、江の島を背景に記念撮影タイムとなりました。

カメラマンが「ハイハイ、行くよ。“イチ たす イチ”は~?」の掛け声に小学生たちは大きな声で「に~」と応じ、カシャッ! とシャッターが切られました。

歩いていた私は、この光景と集合写真を撮る際の掛け声に思わず、笑ってしまい、ヘエ、今は「ハイ チーズ」じゃないんだなァ、と感心しながら、皆、楽しげな笑顔の、いい記念写真が撮れたことだろうな、と心の中で拍手をしてしまいました。

帰宅した後、写真撮影時の掛け声が気になり、近くに住む、保育関係の仕事で日々、忙しくしている娘と連絡を取り、子供たちを相手に今ふうの掛け声ってどんなのがあるの? と聞いてみました。

娘が言いました。

〈今ふうって、特にないけど“イチ たす イチ”は、別に新しいわけではなく、昔からある鉄板ヨ。ただし、足し算を覚える年齢ね。それ以下のチビちゃんたちは、やっぱり、ハイ チーズ が一般的かなァ〉

私は、初めて聞いた“イチ たす イチ”に新鮮さを感じてしまいましたが、フ~ン、そう、以前からある掛け声だったのですね。

様々に変化する写真撮影時の掛け声

では、と娘の子供たち(私の孫たちですが・・・)にも聞いてみました。

今春に高校に進学したばかりの上の女の子は、配属されたクラスが「1年D組」だったことで、クラスメートと写真を撮るときは「たいてい“ワン・ディー”ね」と教えてくれました。

やはり今春、中学に進学した下の男の子のほうは、目下、バドミントンの選手を目指して頑張る日々を送っていますが、この年代の男の子は、笑顔の写真などダサいそうで、バドミントン仲間と写真を撮るときは“バッドー”で口をとがらせたヘン顔をつくるのだそうです。

いかにも、この年代の男の子らしいですね。テレかな?

ヘンなヤツだな~とも思いますが、まあ、しかし、私たちの思春期を振り返ってみても、写真撮影でニコやかな笑顔などを見せるヤツなどはいなかったですねェ。たいてい皆、胸の前で腕を組んで斜めに構え、顔はできるだけ強面(こわもて)に、硬派に、写るように眉間にシワを寄せたものでしたっけ・・・。

こっちのほうが、ヘンですか?

ところで定番の“ハイ チーズ”が日本で一般化したのは、1963年(昭38)にテレビで放映された〈雪印乳業のチーズのCM〉がキッカケになった、と言われています。

資料には、日本人の女性モデルが笑顔をつくれないでいると、カメラマンが「チーズって言ってごらん」といい、その結果、いい笑顔がつくれたことで〈あなたもチーズと言いましょう。チーズは笑顔をつくります〉のキャッチフレーズとなった、とありました。

ちなみにこの年、1963年は、フジテレビが元日から手塚治虫作の初の国産連続テレビアニメ「鉄腕アトム」をスタートさせており、高視聴率を記録するなどテレビの影響力が高まっており、CM製作にも力が入っていたのでしょうね。

面白いですね。「チーズ」の「チー」あるいは「イチ たす イチ」の「にー」など、最後に「イー」と伸ばす音が来ることで〈口角が上がり〉笑顔が生まれます。

最近は「飲みに行こう」「ウィスキー」「ビー(ル)」や「何食べる?」「キムチー」あるいは「どこに行く?」「ディズニーシー」などもあるそうで、これからもどんどん増えていきそうですね。

そして・・・いい笑顔が撮れれば、最高! でしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR