FC2ブログ

鎌倉散策~義経・弁慶 ゆかりの寺へ

「江の島」(神奈川県藤沢市)に向かう弁天橋をはさんで左側の海辺が「片瀬海岸東浜」です。ここは海水浴のシーズンが終わると一転、ウインドサーフィンでにぎわうエリアです。

その先は鎌倉市となり「腰越(こしごえ)海岸」「腰越漁港」(鎌倉市腰越)を経て「小動岬(こゆるぎみさき)」(同)へと至ります。

「小動岬」の先は、江ノ島電鉄(通称・江ノ電)の線路に沿った、いい波が来てサーファーでにぎわう七里ケ浜の海岸→稲村ケ崎、そして鎌倉です。

〈腰越って面白い地名だよね〉

友人が言いました。

地元の人間は、昔から馴染んでいる地名で“面白い”とも思いませんが、そうですね、言われてみると“面白い”かもしれません。

ちなみに地名の由来を調べてみると〈北の山に住んでいた人が南の海ぎわの肥えた土地を求めて山の腰を越えるように移り住んできた、との説もある〉とありました。

〈・・・との説〉というからには、他のさまざまな由来もあるのでしょうね。

江ノ電の「藤沢」駅から鎌倉方面に向かい、5駅目が「江ノ島」駅。そのひと駅先が「腰越」駅です。「腰越」駅は、昔ながらの駅で小さく、江ノ電が4両編成で走るようになってから、後部2両は駅をはみ出してしまい、この駅で降りる人たちは、前部2両に乗っていることが、いかにも昔のノンビリ江ノ電を感じさせてのどかです。

満福寺で義経の苦悩を偲びながら・・・

この「腰越」駅から江ノ電の線路に沿って鎌倉方面に約7分ほど歩き、案内板のあるところを左折、江ノ電の踏切を渡った先に「満福寺(まんぷくじ)」(鎌倉市腰越)があります。

744年(天平16)に僧侶・行基が開山した真言宗大覚寺派のお寺ですが、というより、満福寺と言えば、すぐ思い出されるのが源義経ですね。

兄・源頼朝の怒りを買った義経が、1185年(元暦2)5月、鎌倉入りを許されずに腰越の地に足止めを余儀なくされ、頼朝にその心情を訴える〈腰越状〉を書いたお寺、といったほうが、よく知られています。

その〈腰越状〉の下書き~弁慶が書いたと伝えられています~が、満福寺には残されており、また、境内には、弁慶の腰掛け石や手玉石、などもあり〈義経・弁慶 ゆかりの寺〉として最近は、ご婦人たちの拝観コースにも入っていて人気があるようです。

実は、この満福寺の副住職を務めていた執事のI氏は、私たちが日ごろ、行きつけの〈呑み処〉の常連客でした。

“でした”としたのは、今年3月、病により亡くなってしまったのですが、今でもI氏がいつも座っていた店のカウンターの左端に遺影と好きだったタバコが置かれており、元気だったころがしのばれています。

カラオケでは、横浜のご当地ソングをよく歌い、一方、ボクシングが好きな人で、年末になると、私の顔を見るたびに(ボクシングの)カレンダーが入ったらちょうだいね、というのが口グセでもありました。

I氏の名刺に「義経腰越状旧跡」とあるように、この由緒あるお寺を守るのに人知れず、心労も重なっていたのでしょうね。

満福寺をひと通り拝観した後、ブラブラ歩いて江の島に行ってみるのもいいですね。なぜなら、江の島のヨットハーバー側から眺める腰越海岸~小動岬、右方向に遠く七里ケ浜を見渡す景色は抜群だからです。

腰越の地から義経は、鎌倉を見据えて涙したことでしょうが、足止めされているとき、江の島に足を運んだでしょうか。

兄・頼朝とソリが合わない辛さの中、この景色は多少、心の安らぎ、慰めになったのではないか、と思われるような美しい景色が見られます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR