FC2ブログ

近づく“ボンバー”の王座復帰戦!

“ボンバーレフト”三浦隆司(33=帝拳)の復権なるか-。

プロボクシング元WBC世界スーパーフェザー級王者(現=同級1位)の三浦が、同級王者ミゲル・ベルチェルト(25=メキシコ)に挑むWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチは、7月15日(日本時間同16日)に米カリフォルニア州イングルウッドの「ザ・フォーラム」で行われます。
試合の模様は7月16日午前11時からWOWOWが生中継

すでに米国入りしており、ジムワークも開始している三浦は、帝拳ジムを通して「日本にいるときのように落ち着いている。しっかり動けており、試合では気負わずに頑張ります」とのコメントを発しています。

いかにも三浦らしい頼もしさを感じる、大事な試合の受け止め方であり、だからこそ、このボクサーの戦いは、やってくれる男、としてファンを喜ばせるのでしょうね。

王座を4度防衛後、2015年11月21日、ラスベガス(米ネバダ州)で行われた5度目の防衛戦で同級1位の挑戦者フランシスコ・バルガス(メキシコ)に9回TKOで敗れ、王座を手離しました。

が、両者ダウンを奪い合う、激しい試合展開となったこの試合、両者のファィティング・スピリットが称えられ、負けて王座を陥落した三浦も、逆に評価を上げる結果となりました。

そして臨んだ2017年1月28日のWBC世界スーパーフェザー級挑戦者決定戦(米カリフォルニア州インディオ)で三浦は、ミゲル・ローマン(メキシコ)を12回KOに下し、挑戦権を獲得します。

このリングで王者バルガスがベルチェルトに敗れ、三浦のバルガスへのリベンジは失われましたが、今回のベルト奪回のチャンスを自らの手で獲得、浮上してきたという経緯がありました。

打撃戦必至の強打者対決

三浦の、こうした、あきらめない粘り、不屈の闘魂、などに接するにつけ、つくづく“あのとき”が思い出されます。

2011年1月31日のWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、王者・内山高志(ワタナベ)のV3戦です。

この試合、内山は当初、同級暫定王者ホルヘ・ソリス(メキシコ)と戦う予定でしたが、ソリスが急病を理由に来日できず、代役が急きょ、三浦(横浜光=当時)に回ってきました。

世界初挑戦が突然、回ってきた三浦は、この条件の悪い戦いの中で根性を見せます。3回、ボンバーレフトでダウンを奪ったのです。結果は内山の8回終了TKO勝ちでしたが、先制のダウンを奪って王者を焦らせた三浦の善戦はキラリと光りました。

三浦自身も、この試合で何かを期するものが生まれたのでしょう。直後に所属ジムを帝拳に移し、本腰を入れます。2013年4月8日、WBC世界スーパーフェザー級王者ガマリエル・ディアス(メキシコ)に挑み、4度のダウンを奪う9回TKO勝利で頂点に立つに至りました。

今回のタイトル戦、三浦は復権に向けて「自分の人生を懸けた試合になるだろう」と覚悟の強さを示しています。

スポニチ本紙の世界戦評論でおなじみの元世界王者・浜田剛史氏(帝拳代表)は「ベルチェルトはバルガスよりもやりづらい選手ですね。(ベルチェルトは)自分の得意な距離を保ち、コンビネーションがうまい。特にワンツー後の3打目にフックではなくストレートを打つのが特徴で、受けるほうは構えているヒマがない」と、一筋縄ではいかない厄介な相手、と分析しています。

そんな中で〈カギを握るのはボディー〉と浜田氏は言います。

相手に足を使われ、得意な距離をつくられないよう、ボディーで動きを鈍らせ、打ち合わざるを得ない状況に持ち込みたいですね

三浦のボディーといえば、ローマン相手の次期挑戦者決定戦、10回の狙いすませた左ボディー一撃をはじめとする一連のボディー攻撃は印象的でしたね。

さて・・・好戦的な強打者同士の戦いは、どんな結果を生むことでしょうか。

三浦には何としても、勝ってもらいたいものです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR