FC2ブログ

迫る再戦~好調・村田の胸中は?

2012年ロンドン五輪ボクシング(ミドル級)金メダリストでプロの世界でも再び頂点を目指す村田諒太(31=帝拳)の動向はどうでしょうか。

10月12日午後-。

公開スパーが行われた帝拳ジム(東京・新宿区=本田明彦会長)に足を運びました。

10日後の10月22日(東京・両国国技館)に迫ったWBA世界ミドル級王者アッサン・エンダム(33=フランス)とのダイレクトリマッチ。前回の初戦は、国内外で物議をかもす不可解判定で敗れ、村田に懸かる“今度こそ”の大きい期待を裏付けるように、帝拳ジムにはテレビカメラ7台、100人を超える報道陣・関係者が詰めかけ、ムッとした熱気を漂わせていました。

報道関係者の中には、現役の担当記者に加えて私のようなOB記者も各社から数人来ていて、記者会見用にリングの前に設置された丸椅子の一角が自然にシルバーシートのようになり、威勢のいい現役記者連中から、ハイハイ、あそこの強面先輩が並んだコーナーには近づかないように、など適当にからかわれているうちに村田の練習が始まりました。

ジム内に評論家でマッチメーカーのジョー小泉氏の姿があったので雑談がてら今回の試合に関して聞いてみました。

小泉氏の視点はやはり、採点方法です。前回の初戦、採点を分けた「単発ながら有効打」VS「手数の多さ」のどちらを取るかの判断。2-1でエンダムの勝利となった採点内容は、2人が115-112、116-111でエンダムを支持、1人が117-110で村田を支持でした。

のしかかる“勝って当たり前”の重圧

小泉氏が言います。

〈私はやはり、単発でも効いているパンチのほうを評価しますよ。ボクシングですからね。原点は格闘技、殴り合い、倒し合いです〉

いずれにしても、5点差、7点差がつくような内容ではなく、10-10から始まって、ラウンドごと、どちらかに優劣をつけなければならない採点方法、それが様々な視点を持つジャッジによるものであることに改善の余地があるのでは・・・ということでした。

村田の練習は、観(み)るものを震撼とさせるものがありました。一撃必殺の右ストレートの凄さは、ミットで受ける田中繊大トレーナーが吹っ飛ぶのではないかという激しさがあり、磨きがかかった右を当てるためのボディーを中心とする左もド迫力でした。

そんな中で元世界王者の浜田剛史氏(帝拳代表)が言いました。

〈実力は紙一重です。前回、周囲の目は、村田が世界のミドル級に挑戦することへの驚き、難しいだろう、勝ったら大変、というところにありました。が、今回は、誰もが勝つと思っている。そこが前回との大きな違いですが、勝って当たり前と思われる試合に懸かるプレッシャーは並みではありませんよ〉

村田自身、もちろん「勝って当たり前などという気持ちはありません。ただ挑戦者として戦うだけです」と自分に言い聞かせています。

とはいえ「公開練習は緊張します。早くこの公式行事を終えたいという気持ちでいっぱいです」というところに人知れず、重圧を抱えているのかもしれません。

同じ相手との連戦-ダイレクトリマッチは、お互いに手の内を知っているだけに戦い方は難しいものです。

特にこの2人の前回は、負けた村田が勝っていた、と言われ、勝ったエンダムが負けていた、と言われる勝負だけに、心理面の葛藤が大きく影響するのではないか、とも思われます。

さてさて、この因縁の決着戦、結末はどうなることでしょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR