FC2ブログ

独善的男乃着物考・其ノ廿壱

1月中旬くらいまでは、やはり、新しい年を迎えたということでまだ、新年会や飲み会など知人・友人たちとの集まりが、何かと続いている時期ですが、着物好きの私は、場に応じて和服を着用したりして出掛けていました。

そんなときの失敗の多くは、洋服にはない和服独特の「袖」が起こします。

ある新年会でのこと-。

着物の袖については、普段は片手で袖を押さえて手を伸ばすなどの注意を心掛けているのですが、そのときはつい、ザバッとやってしまい、置いてあった紹興酒のグラスを派手に倒して袖に浴びてしまいました。

ア~ア、と嘆いても、後の祭り、まったく自分の不注意です。

袖は、その他にも、着物に慣れないときによくやってしまったものですが、狭い通路を歩くときに袖口を何かに引っかけて袖口の下の部分を破ってしまったり、特に他人の家におじゃましているときなど、こんなところにあったのか、とドアノブに引っかけてやってしまうことは多かったですね。

そんな反省があり、狭いところを歩くときは、両手で袖を押さえるなどしていますが、酒の席などになるとどうしても酔いで頭が回らなくなり、袖が原因でこぼしたり、浴びたりする失敗は、なかなか直ることがありません。

まあ、そういうことが繰り返されれば、洋服にはない着物の袖は、何かと邪魔な存在であり、実用的ではないなァ、とも思います。

が、最近のマンション暮らしにあっては、もはや死語となっているかもしれない〈床の間〉同様に、無駄と思われることがあってこそが日本の美。着物の袖も、あるいはその類(たぐい)なのかもしれません。

実際、実用性を求めるなら、動きに邪魔にならない〈筒袖〉もあるわけですから・・・。

袖をポケット代わりにしないほうがいい

私は、和装のとき、出来るならバッグ類を持たず、手ぶらでありたいと思っています。しかし、最近は男でも、携帯電話や財布などの必携品、タバコを吸う人なら一式、などと、なかなか手ぶらにはなれません。

そんなとき、男の着物の袖は、女のそれが「身八ツ口」で開いていて役に立たないのとは違い、閉じている分、ポケット代わりになるだろう、と思っていました。

使いようによっては、なかなか便利じゃないか、と-。

しかし、それは以前までのことですね。

確かに袖の中に身近なモノを入れておくことは便利ですが、そのまま人込みの中を歩いたりすると、揺れる袖がゴツンと行き交う人に当たったり、例えばファミレスなどでは、通路を歩いているときに椅子に座っている人の頭にぶつかったりもします。

・・・ですから、この部分を“便利なポケット”と思わないほうがいいですね。

第一、袖の中に重いものを入れ過ぎて垂れ下がっている状態では、ダンディズムに反します。

やはり、着物の醍醐味は、袖の部分にしても裾の部分にしても、風が吹けば揺れ動く状態でなければダメですね。

着物は、立体裁断の洋服と違って“直線裁ち”の分、着物を“着る”というより、むしろ、布を“巻く”というイメージが強く、だからこそ、風が吹けば、その風が巻きつけた布の中を通り抜け、また布をひるがえす、着物好きには、それを楽しむ、という自己満足があります。

・・・などなどを考えると、まあ、どうにも邪魔で役に立たない着物の袖は、やはり、ファッション性のものなのですかねェ。

厄介は厄介で注意を要しますが、しかし、それには、実用的な筒袖では味わえない情緒がありますね。

そういうのが、もちろん「独善的」ですが、私は好きなのです。

注=「独善的男乃着物考」シリーズは「日常」の項に収めています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR