良き飲み仲間とのひととき~パートⅦ

1月下旬の某日夜-。

行きつけの「呑み処(どころ)」の、8~9人も座ればいっぱいになってしまうカウンター席に5人の熟年男たちが顔をそろえ、静かではあるが、それぞれがまだまだ内に熱いものを秘めて、大人の雰囲気を漂わせながらグラスを傾けていました。

私の横に座っていたのがTちゃん。北海道は室蘭出身の硬派でロマンチスト、いつまでたっても昭和から抜け出せない例のバンカラ男です。

まあ、熟年男たちは、年齢に応じて酔いも早くなり、明日を考えれば・・・と焼酎のお湯割りあたりで塩梅(あんばい)を考慮するようになっていますが、そんな中、Tちゃんは一人、やっぱり酒は日本酒だな、などと言いながら新潟の銘酒「越乃寒梅」を〈お猪口〉でグビグビッとやっています。

そのお猪口に対して、カウンターの面々、なんでこれをお猪口と言うんだろうなァ、という話になりました。

だいたい、熟年男たちの酒を呑みながらのは話題は、ウンチクものが多く、若い連中は、それを“ウザい”などと敬遠しますが、熟年男たちは、なぜかそうした、何ごともアカデミックに由来などを追及するのが好きです。

〈猪口(ちょこ)〉=「チョクの転。さかずき」(広辞苑)

・・・ということで「チョク」を調べてみると-。

〈ちょく(猪口=当て字)〉=「陶磁器で形が小さく、上は開き、下はすぼんだ酒杯」(同)とありました。

カウンターの端に座った一人から「猪口はね、もともと“おちょぼ口(小さくて可愛らしい口)”から来たそうだぜ」との解説が飛んできました。

ヘエ~そうなの? でもね~言葉のニュアンス的には、いかにも、もっともらしく聞こえはしますが・・・猪の口とおちょぼ口とは形が違うのでは?

しかも、辞書には「猪口は当て字」とありますから、この語源説は、あるいは、さまざまな説の一つに入っているのかもしれませんが、疑問符つきとなりました。

お猪口談義から始まった盛り上がり 

であれば、多くの資料に掲載されている「ちょく」は〈飾り気のないことや安直を表す「ちょく(直)」と考えられる〉というのが、イメージ的にはピンときますね。

お猪口やそれよりひと回り大きい「グイ呑み」など、ホント、素朴で愚直。「ちょく」という言葉がピッタリという気がします。

さらに・・・じゃ、お猪口に酒を注ぐ「お銚子」と「徳利」に違いはあるのかい、というテーマとなり、熟年男たちの得意のウンチクもので場はどんどん盛り上がっていきます。

〈銚子(ちょうし)〉=「酒をさかずきに注ぎ移すのに用いる容器で柄を長くしたもの。木製あるいは金属製で近世では多く婚礼用。両口・片口の2種類がある」(広辞苑)

〈徳利(とくり)〉=「陶製、金属製、もしくはガラス製の、細く高く、口のすぼんだ器。酒・醤油・酢などを入れておくもの。特に酒を入れ、さかずきに注ぐ器。とっくり。銚子」(同)

久しぶりに店に顔を出した、中折れ帽子が似合う後期高齢者の紳士Tさんが言いました。

〈銚子と徳利は、もともと違うものなんだよ。銚子はホラ、三々九度などの儀式でさかずき(盃)に御酒を注ぐときなどによく見る、長い柄のついたものね。あれを言うんだよ〉

さすが年の功です。

カウンターの端に座った一人から、また声が飛んできます。

〈そう。徳利はね、貯蔵用の容器を本来の役目としていたんだよね。酒や醤油を保存するための容器だったから、もともとは大きいものだったんだ〉

熟年男たちの、まるで高校生に戻ったかのような、あ~だ、こ~だ、の熱弁を黙って聞いていたカウンターの中のCちゃんママが言いました。

〈いろいろあって面白いね。でも、ウチの徳利も銚子も今、棚に置かれているだけだよ。そろそろ、お話の時間は終わり。呑もッ!〉

・・・ところでこの店の徳利も銚子も、細く高く、ではなく、どこか太く低く、だねェ。これ、ひょっとしたら、蕎麦のツユを注ぐ容器じゃないの?

〈いいのよ。うるさいこと言わないのよ。中の酒に変わりはないのだからね~〉

いつも通りのCちゃんママ。

何だかんだと言い合いながら、あっという間に時間が過ぎてお開きのとき・・・。

ああ、外は寒いだろうね、出たくないね、とボヤきながら、店を後に・・・。深夜の空気は冷え切っていて、いつまでこの寒いのが続くのかね~とブルルッとなりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR