FC2ブログ

痛っ! 3連覇が懸かった大事な試合に・・・

残念な一報がもたらされました。

USPGAツアー「フェニックス・オープン」(米アリゾナ州スコッツデール=TPCスコッツデール)に出場中の松山英樹(25=LEXUS)です。
大会の模様はゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク」で生中継

大会3連覇を懸けて第1日(2月1日=日本時間同2日)、2アンダーの69(パー71)で回り、首位に5打差とまずまずのスタートを切りましたが第2日(2月2日=日本時間同3日)、左手親指痛のためスタート前に棄権を余儀なくされてしまったのです。

大会3連覇は、達成すればアーノルド・パーマー(米国)が成し遂げて以来、実に55年ぶり2人目、という偉業になるところでしたが、それも水泡に帰してしまいました。

左手親指の付け根部分の痛みは、第1日の前半インの13番(パー5)でティーショットを放った際に激痛が走ったとのことでした。

その後、14番(パー4)でテーピングを施してプレーを続行。5バーディー、3ボギーと健闘したものの、第2日の練習時、痛みが引かないため、スイングは無理と判断、無念の棄権に至ったようです。

松山が左手親指痛で“痛~い”棄権

よりによって偉業が懸かった大事な試合に何故? と悔しい思いだったでしょうが、こういうトラブルは、得てして大事な局面で起きるケースが多く、皮肉なものだなァ、とつくづく思います。

松山の左手親指痛は、2013年に国内ツアーの賞金王に輝いたときにも起きたことを思い出します。このときは翌2014年前半くらいまで長引かせていましたね。

痛みの個所が前回同様のところなのか、あるいは新たな箇所なのか、現段階では詳しいことは分かりませんが、心配されるところです。

松山の序盤戦の構想は、この相性のいい「フェニックス・オープン」を好成績で乗り切って弾みをつけ、大目標であるメジャー初戦「マスターズ」(4月5日開幕、米ジョージア州オーガスタ=オーガスタ・ナショナルGC)で優勝を狙いたい、というところにあります。

痛みの状態が軽く、早期に治るものなら心配はないでしょうが、長引く状態となれば、今後の試合出場のスケジュールを変更せざるを得なくなることも考えられます。

いずれにしろ、松山にとっては、1日も早く痛みのない状態でプレーできるように持っていくことが最優先されます。

棄権に対し、松山のコメントは「プレーした結果がダメなら納得できるが、プレーできなくなったことが悔しい」と報じられました。

胸中の無念さがにじみ出る言葉ですが、まあ、今は焦らず、完治させることが先決、じっくりと治療に専念することが大事ですね。

そして・・・2カ月後の「マスターズ」には、絶好調の状態で出陣。観(み)る側を楽しませてもらいたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR