FC2ブログ

平昌五輪~期待に応えることの難しさ

テレビの画面にクギ付けになりました。

2月18日の日曜日夜。午後9時25分-。

スタートから100メートル。思わず声が出てしまいます。行け! 頑張れ!

平昌五輪スピードスケート女子500メートルの小平奈緒(31=相沢病院)の激走です。

同走の今季W杯ランキング3位のエルバノバ(チェコ)とデッドヒート(エルバノバは37秒34で3位)の末、後半の強さに凄味を見せてゴール。ただ一人、37秒台を切る36秒94の五輪新記録を樹立して金メダルを獲得しました。

両手のガッツポーズ、こみ上げる感涙をこらえているような表情・・・同種目で日本勢女子が金メダルを獲得するのは史上初という快挙。小平を追うカメラが映し出す映像の中でひときわ、観(み)る側の胸を熱くさせたのが、地元・韓国の李相花(29)との抱擁だったのではないでしょうか。

2010年バンクーバー、2014年ソチと五輪2連覇を成し遂げている李は、韓国では「氷上の女帝」の異名を持ち、3連覇の偉業達成に向けた韓国民の期待、思い重圧をズシリと両肩に背負っての出撃でした。

小平の直後、大声援の中、レースに臨んだ李は、コーナーでふくらむなどわずかなタイムロスがあって小平に及ばず、37秒33で2位となりました。涙を拭う李に小平が近づき、肩を抱いて言葉を投げかけます。李のスタート時、日本の観客に向けて“静かに”と唇に指を立てた姿も印象的でした。

ともに背負った重圧の中で・・・

後のインタビューでこの場面の出来事を聞かれ、小平は「『たくさんの重圧の中でよくやったね。あなたをリスペクトしているよ』と言いました」と答えました。

ともに国民の期待を背負い、重圧と闘う日々を送り、さらに上へと精進してきたからこそ、分かり合える、涙の意味、抱擁の意味、だったでしょうか。

両国の国旗を翻しながら2人並んでのウイニングランに「金」と「銀」を超えたアスリートの友情が漂い、それらを含めてやはり〈五輪という場は凄いな〉と感じたものでした。

例えば、プロスポーツにあって“スーパースター”の条件は、複数ある中の一つに〈観客が“してもらいたいな”と思ったことをやってのけること〉というのがあります。

今回の小平には、バンクーバー、ソチで果たせなかったことへの雪辱があり、ただでさえ周囲の期待という重圧がある中、余計なことは排除したかったはずだったでしょうが、あえて日本選手団の主将を引き受けています。

重責を請け負ったなぜ? を追い求めるなら、小平には“皆が望むなら”があり、そしてやはり、ソチ後の4年間、スケート大国オランダへの単身留学など苦闘の中でつかんだ「自信」と「強さ」が、それを引き受けさせたのかもしれません。

小平の「金」とライバル・李の「銀」-。

観客が“してもらいたいな”と思ったことを“やってのけた”小平と“やれなかった”李。

やってのけてもやれなくとも、期待に応えるということがいかに難しいかを、日韓2人の第一人者が示してくれた歴史的レースでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR