FC2ブログ

山中に“想定外”の秘策あり!

記者の質問-。

-王者になって(環境が)変わりましたか?

「そうだね。(2階建ての)家と車を買ったよ。経済的レベルが上がったかな」

-どんな車を?

「(米高級車の)シボレー・タホ」

-今回また勝ったらどうしますか?

「家をもう一軒、買おうかな」

何とも景気のいい話ですが、この男、プロボクシングWBC世界バンタム級王者・ルイス・ネリ(23=メキシコ)です。

前WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35=帝拳)との再戦(3月1日=東京・両国国技館)を前に2月22日午後、ネリが帝拳ジム(本田明彦会長=東京・新宿区神楽坂)で練習を公開するというので足を運びました。

練習前に行われた記者会見でのやりとりが、これ、ですが、王者となったネリは、まさに鼻高々、23歳の若さもあって、自信の塊のようになって日本に戻ってきました。

昨年8月の王者・山中の13度目の防衛戦。無敗のチャレンジャー、ネリは勢いに乗って攻め込み、4回、猛攻を仕掛けました。

山中はロープに詰まって防戦一方となり、ここでトレーナーがタオルを投げ入れるとともにリング内に入り、レフェリーが試合を止めて、山中の4回TKO負けとなりました。

再戦に向けてのネリは、この4回の攻防がまだ、頭の中に鮮明に残っているようです。

豪語のネリは自信のKO宣言

-山中の弱点は?

ネリ「山中は質のいいボクサーだが、いくつか弱点はある。プレッシャーに弱いのが、そのひとつかな」

初戦での4回、ネリの前進に山中が棒立ちとなり、その圧力に「(山中は)何もできなかった」(ネリ)ことがこのコメントを生み、ネリを勢いづかせています。

まあ、ネリがその部分に優位を求めるのは、別に問題はありません。が、再戦に向けて山中陣営に話を聞くと浜田剛史氏(帝拳代表)は、その点はしっかり反省しつつ、なぜそうなったかを分析、ネリが同じ攻め方をしてきても、それを想定内として対応する戦法はすでに出来上がっている、と話していました。

とすると・・・今回の山中は、激しい打ち合いを覚悟しているのかも知れません。ネリは恐らく序盤から飛び出してくるだろうし、受けて立つ山中は、あるいは頭を付けて打ち合うインファイトも辞さず、の構えでいるのかもしれませんよ。

“面白い”といっては、新旧王者2人に申し訳ありませんが、お互い、手の内を知り尽くした再戦という難しい戦いにあって、何をどうするか、はまず、相手がエッ、こんなはずじゃなかった、と戸惑うような戦い方をすることでしょう。

ネリが、山中の印象を「確かに左は強い。油断しないようにしないと・・・。でも、右は強くなかった」と話していましたが、山中陣営は、そうしたイメージに当てはまらないような戦いを目論んでいるのではないか、という感じを浜田氏との雑談の中で感じました。

ネリが言いました。

〈判定までは行かないだろう。KO決着になるだろうね。1回でも10回でも12回でも、勝つのはオレ。オレは全力で勝ちに行くよ〉

まあ、ネリの豪語は、とりあえず聞いておきましょう。今は王者なのですからね。

それにしても、ネリ陣営は今回、総勢13人の大軍団で来日しました。

王者の勢いを誇示している感じですが、対する山中陣営は、もう少しの間“我慢”といったところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR