今度は“強さ”を見せつけたい

プロボクシングIBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑(28=セレス)の動向はどうでしょうか。

岩佐は3月1日、東京・両国国技館で開催されるダブル世界戦で初防衛戦に臨みます。

前WBC世界バンタム級王者(現・同級1位)山中慎介(35=帝拳)が現同級王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)と再戦する注目のリングにセミファイナルで登場しますが、初防衛成功で山中につなげたいところ、大事な役割を担います。

今回の岩佐のテーマは「強い岩佐を見せたい」なのだそうです。これは元世界3階級制覇王者の長谷川穂積から、王者になったからには「巧(うま)さより強さを」とのアドバイスを受けたから、ということでした。

確かに岩佐は“技巧派”の左ボクサーです。

昨年9月13日、IBF世界スーパーバンタム級王者・小國以載(角海老宝石)を6回TKOに下して王座を獲得した試合-。

お互いに手の内を知り尽くしている技巧派同士とあって“静”の展開が予想されましたが、小國が序盤から積極的に出てきたことで“動”の展開となりました。

激しい打ち合い。2回に岩佐が2回のダウンを奪うなど計3回のダウンを奪い、しかし、小國も意地で立ち向かい、激闘の末に小國の流血がひどく、レフェリーのストップが入りました。

鬼門の初防衛戦をクリアできるか

日本人同士の世界戦は、どうしても意地のぶつかり合いがあり、激闘となりがちですが、戴冠後の初防衛戦は、サウスポーの左を武器に「強さ」を見せたいというのが王者の抱負のようです。

チャレンジャーは、同級13位のエルネスト・サウロン(28=フィリピン)で24戦21勝(8KO)2敗1分の戦績。関係者の話を総合すると、典型的なフィリピン・タイプだね、なのだそうです。頭を下げて左右のフックをパワフルに振り回して迫る、打たれ強い、しつこくてタフなタイプですね。

変な一撃をもらわないことですが、それがなければ王者の優位は否めない、というのが下馬評です。

岩佐の世界戦はセミファイナルですが、後に控える山中とは過去、思い出深い戦いを演じています。

山中が日本バンタム級王者だった2011年3月5日、岩佐はそのタイトルに挑戦して10回TKO負けを喫しています。このときの2人の激闘は“名勝負”と称えられ、岩佐自身「あの試合の悔しさ、挫折があったからこそ、今があるのだと思う」と語っています。

初防衛戦は、タイトルを奪う試合より難しいと言われます。攻める姿勢に変わりはないのですが、戴冠後はやはり、そこに守りの姿勢が入ることによる難しさ。“鬼門”と言われるゆえんですね。

岩佐がそうした心理面の変化にどう対応するかによって、思わぬ展開となるのもボクシングですが、岩佐には「技+強さ」を見せて勝利に結びつけてもらいたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR