FC2ブログ

“ホッとひと息”ますまずの復帰戦

ブランクはプラスかマイナスか-。

例えばプロボクシングの場合、元世界王者の浜田剛史氏(帝拳代表)は、現役時代の自らの経験を踏まえてこう言います。

〈私は、2年1カ月のブランクがあったとき、これは試合が組まれては流れるということが3回あって生じたのですが、状況的に減量を含めて臨戦態勢は出来ていました。それでも試合勘に微妙な違いが生まれていましたね〉

では故障などで休養した場合はどうなのでしょうか。

〈休養の場合、また引退した選手がトレーナーなどを経験し、ボクシングを一度、外から見た場合など、その後に復帰してプラスになる例もある。自分以外の周りが見えて成功するというケースですね〉

なるほど・・・。戦いの渦の中にいたときは見えなかったものが、一度そこから離れて俯瞰(ふかん)することで“第三者的”な見方が出来るようになる、ということでしょうか。

〈そうです。要はブランクの期間をどう過ごしてきたか、が、プラスとなるかマイナスとなるかを分けることになりますね〉

さて・・・ではプロゴルファーの松山英樹(26=LEXUS)はどうだったでしょうか。

松山が左手親指付け根周辺を痛めたのは、2月1日開幕のUSPGAツアー「フェニックス・オープン」(米アリゾナ州スコッツデール=TPCスコッツデール)でのことでした。

この大会、3連覇を目指していた松山は第1日、2アンダーの69(パー71)とまずまずのスタートを切りながら第2日、練習場で左手親指付け根付近に痛みを感じ、スタート前に棄権を余儀なくされる事態となりました。

そこから休養に入って治療などに専念した後、今週3月15日開幕のUSPGAツアー「アーノルド・パーマー招待」(米フロリダ州=ベイヒルクラブ&ロッジ)で復帰。6週間、1カ月半のブランクを経ての参戦となりました。

4つのパー5で5アンダーの威力

その松山は、ブランクを経てどんなゴルフをするのだろうか? と注目、大会を中継するテレビの画面に見入りました。
(大会はゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク」が生中継)

いやはや、深刻かな? と気遣う観る側の心配を吹き飛ばすかのように松山は、画面を通しても元気いっぱいに見えました。

第1日は、タイガー・ウッズ(米国)、ジェーソン・デー(オーストラリア)ら元世界ランク1位の実力者たちとのラウンドということもあり、松山も気合が入ったのでしょう。1イーグル、3バーディー、3ボギーで2アンダーの70で回り、首位に6打差の22位とまずまずの滑り出しとなりました。

ショットの凄さが随所に見られ、6週間のブランクをプラスにしているな、と感じられたのは、4つのパー5で1イーグル、3バーディーを奪取したことに表れていました。

インスタート。最初のパー5となった12番は、第3打を1メートルにつけバーディー。次のパー5、16番(511ヤード)は凄かったですよ。

316ヤードをぶっ飛ばした第1打。そこから残り約200ヤードをピン下5メートルに2オン。しっかりとイーグルをものにしました。

後半アウトに入ってからも、4番、6番のパー5でいずれも危なげなくバーディーを奪い、ショット、パットとも安定感が漂う復帰戦第1ラウンドとなりました。

ちなみに3月16日(日本時間同17日未明)の第2日、松山は4バーディー、4ボギーの72で回り、スコアは動かず通算2アンダー(順位は31位)。首位は通算11アンダー。

第2日は出入りの激しい内容となりましたが、このあたりはやはり、試合勘の問題かもしれません。

左手親指付け根付近の痛みに関しては、帰国して複数の病院で診察を受け、精密検査も行って慎重に構えてきたとのことでしたが、いずれも「異常なし」の診断だったそうです。

とはいえ、今大会の第1ラウンド終了後に松山は「今日は出なかったが、いつ出るか分からない不安はある」と話していました。

視線の先に置くのは、言うまでもなく「マスターズ」(4月5日開幕、米ジョージア州オーガスタ=オーガスタ・ナショナルGC)です。

松山は「この4日間プレーして見つかった課題を解決していきたい」と「マスターズ」に向けて意欲を見せています。

復帰戦の今大会で手応えをつかみ、今回のブランクをプラスに変えて前に進んでもらいたい、と思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR