FC2ブログ

モテモテの人気ロケ地「旧華頂宮邸」

鎌倉市(神奈川県)の浄明寺エリアに“竹の寺”として人気のある「報国寺」(鎌倉市浄明寺)があります。

JR横須賀線「鎌倉」駅の東口(鶴岡八幡宮側)前から出ている京急バスを利用するなら「金沢八景行き」に乗り「浄明寺」バス停下車ですぐです。

・・・といった書き出しにすると、いつもの〈鎌倉散策シリーズ〉になってしまいますが、今回はそれではありません。

「報国寺」に沿った道を約4~5分、奥に進むと、風格のある木造建築の洋館が見えてきます。それが「旧華頂宮(きゅうかちょうのみや)邸」(鎌倉市浄明寺)ですが、この建物がこのところ、結構な話題となっていることにちょっと触れたかったのです。

何を今さら・・・と言われそうです。知っている方はもう、とっくに! いったところでしょうね。そうです。私自身はうっかり知らず、小欄〈鎌倉散策シリーズ〉に毎回登場の鎌倉好きの友人Fに教えられたのですが、何とこの建物が目下、2本のテレビドラマに使われているのです。

ともに4月にスタートした、ひとつがテレビ東京系の「執事 西園寺の名推理」(毎週金曜日20時~)、もうひとつがフジテレビ系の「モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐~」(毎週木曜日22時~)です。

「執事・・・」は、主演の上川隆也が、資産家夫人の伊集院百合子(八千草薫)に仕える“完ペキすぎる執事”西園寺一に扮して数々の事件を名推理で解決していくストーリー。「モンテ・・・」は、ディーン・フジオカ扮する主人公の柴門暖が復讐劇を展開する、フランスの小説「巌窟王」を原作としたドラマです。

テレビドラマ2本に登場

改めてこの邸宅の歴史をたどってみると、資料には「華頂宮」は、大政奉還後の慶応4年(1868年)に伏見宮邦家親王の第12王子・博経親王によって設立された宮家、とあり、その「旧華頂宮邸」は、1929年(昭4)に元皇族・華頂博信侯爵邸として建てられた、とありました。

現在は、鎌倉市が1996年(平8)に建物を譲り受け、庭園部分を一般公開、建物内部は春と秋の年2回、それぞれ2日ずつの計4日間、公開されています。

私たち“鎌倉散策好き”も、この浄明寺エリアに出向いたとき、きまってこの邸宅に足を運び、一般公開されているフランス式庭園から建物を眺め、こうした「旧宮邸」とか「旧侯爵邸」で特権階級が優雅な日々を過ごした昭和初期の時代はどうだったんだろうなァ、などと思い浮かべたりしたものでした。

建物内部には、公開日しか入ることはできませんが、柱や梁などの骨組みを外に出し、その間を壁で埋める〈ハーフティンバー〉という西洋式の建築様式が大きな特徴となっているそうです。

テレビドラマの舞台といえば、この「旧華頂宮邸」は2016年(平28)10月にもTBS系で放映された織田裕二主演の「IQ246~華麗なる事件簿~」で主人公の自宅に使用されています。

現在、この建物は鎌倉市によって管理されていますが、せっかく残されているのなら、人知れずひっそり、ではなく、多くの人たちに知られたほうがいいでしょうね。

まあ、あまり、俗化されない程度に・・・ですが。

「報国寺」を拝観の後、ちょっと、この「旧華頂宮邸」も観ておこうか、と足を延ばす人が多くなったのは、やはり、テレビの影響も少なくないことでしょう。

それにしても、現在放送中のテレビドラマ2本に同時に使われている「旧華頂宮邸」は、モテモテの人気ロケ地として何やら一気に鎌倉の名所として格上げされそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR