FC2ブログ

映画「十二人の怒れる男」に見る審議の重さ

無作為に選ばれた一般の国民(市民=20歳以上の有権者)が裁判官として刑事裁判に参加する「裁判員制度」が、先月の5月21日で施行からまる9年を迎え、10年目をスタートさせました。

2004年(平16)5月21日に「裁判員が参加する刑事裁判に関する法律」が成立し、5年後の2009年(平21)5月21日に制度がスタートした当時は、通知が舞い込んだときはどうしようか、そのときは覚悟しなくちゃな、など真剣に考えたことが思い出されます。

・・・といっても、この欄で日本の裁判員制度がどうの、などと堅苦しいことを書く気はありません。このテーマに触れるとき、私が決まって思い出してしまうのが、社会派シドニー・ルメット監督の米映画「十二人の怒れる男」(1957年製作・公開)なのです。

公開当時、まだ10代の中学生だった私が、この映画を劇場で観(み)たわけではありませんが、後年になってテレビで放映されたのを観たとき、ほとんど有罪は免れないだろう、という父親殺しの不良少年を、最後は無罪へと導く12人の陪審員たちの白熱の論議を描いた異色の法廷劇にときを忘れて感動、私の中で忘れ難い名作となりました。

映画というのは面白いですね。昨今、テレビドラマを含めて「法廷もの」は多くなり、検察官と弁護士の手に汗握るやりとりの末の逆転無罪劇などが人気を得ていますが、この「12人の怒れる男」は、法廷での攻防を表舞台としておらず、ひと通りの審議を終えた後、陪審員たちが評決を下すべく、意見を調整するために戻った裏舞台の控室を表舞台にしています。

10年目を迎えた日本の「裁判員制度」は?

無作為に選ばれ、名前も伏せられ、1番から12番までの番号が付けられた12人の市民が、全員一致でなければならない評決のために議論を開始します。

被告人はスラムに住む18歳の少年。「父親をナイフで刺し殺した」とする殺人事件です。有罪なら死刑は免れない情勢-。

法廷の場で誰が見ても有罪だと思われ、陪審員たちも、早く終わらせてこの厄介な場から離れようぜ、という中、8番陪審員(ヘンリー・フォンダ)が、わずかな疑問点によりただ一人、有罪に反対を唱えたことから、この映画の本格的なストーリーが始まります。

有罪か無罪か-。12人の陪審員たちの白熱のディスカッション。それは次第に陪審員個々の偏見、自分の見方は先入観に左右されていないか、差別的な感情はないか、などにも及び、最後は〈疑わしきは罰せず〉の無罪にたどり着きます。

「12人の怒れる男」では、1番陪審員(マーティン・バルサム)が司会進行、というか意見のまとめ役を演じていましたが、日本の裁判員制度は、1件につき、裁判官3人と裁判員6人の合議制とされ、評決は裁判官と裁判員の双方を含む過半数によるもの、と資料にありました。

映画の中で展開される、陪審員だけの、あるときはケンカ腰の意見の主張、ぶつけ合い・・・無作為に集められた、見ず知らずの12人が、一人一人が納得できるまで徹底して議論し尽くし、一つの結論を出すことこそが民主主義の原点、と、この「12人の怒れる男」は〈民主主義賛歌劇〉とも言われています。

日本の裁判員制度での審議の場は、どうなのでしょうか? もし、自分の場合だったら、あれほど(映画の中ほど)徹底して意見を主張できるだろうか、とも思ってしまうし、あるいは手慣れた裁判官主導に任せてしまうかもなァ、とも思ってしまいます。

映画の中の18歳の少年は、有罪濃厚の流れの中で陪審員たちが有罪の評決を下せば、冤罪による死刑となってしまうわけだし、こうした状況はやはり、怖い、身が引き締まる、というのが、偽りのないところでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR