“神風が吹いた”数的優位

何がどうあれ、とにかく勝たなくてはならない試合にあって、それはまさに“神風が吹いた!”といった類(たぐい)の出来ごとだったかも知れません。

連日、熱戦を展開させるサッカーのW杯ロシア大会-。

満を持して6月19日に出撃した日本代表の1次リーグ(H組)初戦、対コロンビア戦は、開始早々の前半3分、いきなり相手の反則(選手は退場)で「11対10」の数的優位に立ち、この反則で得たペナルティエリアからのPKをMF香川真司(29=ドルトムント)が決め(前半6分)南米の強豪相手に日本が主導権を握る立場となりました。

ちなみにコロンビアは、FIFAランク16位の格上チーム。前回のW杯ブラジル大会1次リーグで対戦した日本は、1-4と歯が立たず惨敗しています。

さて、この開始早々の出来ごと-。

ゴール前になだれ込んだ日本の予想を超えた攻撃に、コロンビアが、エッ、以前と違うな、と思ったかどうかは分かりません。しかし、そうしたことが思わず、ハンドを誘ってしまった、という、物わかりのいい説明より、ここはむしろ、神風が吹いた説のほうが、南米チーム初撃破を成し遂げた格下・日本の大金星に似合っているのではないでしょうか。

かつて・・・今もそうかもしれませんが、日本代表の致命傷的な「決定力不足」が指摘されていたとき、どんなに“どうして?”が叫ばれても改善できず、相変わらず点が取れない試合が続いて観(み)る側をもイライラさせました。

サッカーは「個」か「組織」か-。

まず欧米に比べて体力差(身体能力の差)がある日本(広くアジア勢全般)は、個のぶつかり合いより組織での戦いをを重視。特に日本は、日本人の国民性もあるのでしょうか、組織に関しては他の追随を許さない緻密性があり、かなりのレベルの高さにまで上り詰めたことは周知のことです。

“獲物を狙う個の姿勢”が見えた西野ジャパン

が、一方、ゴール前まで攻め込んでまだ、パスを回しているのはどうしたものか、という見方が、決定力不足ゆえに批判としてあったことも確かでした。

ゴール前に攻め込んだとき、そこでのやりとりは、個か組織か、と問われれば、やはり、個の技術のぶつかり合いでしょう、とするのが一般的だと思います。

それが出来ない日本勢は、これはもう、民族の差、狩猟民族である欧米勢と農耕民族である日本勢の“獲物を捕る姿勢の差”・・・つまり、だから、日本人にサッカーは合わない、という極論まで飛び出したものでした。

これも点が取れない日本代表への、日本のサッカーを愛するサポーターのイラ立ち-。

実際、今回のW杯、各国の戦い方を観ていると「個の重視」が目立ちます。それゆえに私のところに掛かってきた友人からの電話にこんな意見がありました。

〈サッカーの格闘技化は、もはや動かせないね。個々のぶつかり合い、そこで起きているダーティーなプレーは、何とかならないかとも思うがね・・・〉

もちろん、フェアプレー精神は絶対的です。が、サッカーのW杯は、国と国との意地のぶつかり合い、そこでの削り合いには、相手を壊滅させる気迫に満ち溢れます。それを含むのがW杯のサッカー・・・。

日本代表の選手も応援するサポーターも、優等生過ぎて狡(ずる)さが見えないプレーが決定力不足を生んでいるなら、やはり農耕民族の悲哀か・・・となってしまいます。

さて・・・対コロンビア戦に戻って-。

戦半39分に1点を奪われて同点とされて迎えた後半28分。FW大迫勇也(28=ブレーメン)のヘディングによる勝ち越し点は凄かったですね。

MF本田圭佑(32=バチューカ)のCFを、大迫が競り勝って頭で一発! 私はこの勝ち越し弾を見て、日本の選手もようやく、獲物と戦う個の姿勢を身につけた、と“脱・農耕民族”を思い浮かべました。

この「勝ち点3」は大きいですね。次のアフリカ勢セネガル戦(6月24日深夜=日本時間同25日)に向けて日本代表チームは、世界最高峰の舞台で点を取るための「個人技勝負」にどう挑むことでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR