FC2ブログ

井上戦~「これは運命」とドネア

考えられた不安要素は、すべて杞憂に終わり、まったく“余計なお世話”となりました。

5月18日(日本時間同19日早朝)、英スコットランド・グラスゴーで行われたプロボクシング「WBSS(ワールド・ホクシング・スーパーシリーズ)」のバンタム級準決勝戦、IBF世界同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)と戦ったWBA世界同級王者・井上尚弥(26=大橋)です。
(試合はWOWOWが5月19日午前4時30分から生中継)

井上が17戦全勝(15KO)ならロドリゲスも19戦全勝(12KO)の無敗対決。ともに速く多彩なパンチを武器とする総合力の高い同タイプの選手同士の激突とあって、戦前はさまざまな角度から長所・短所が俎上(そじょう)に乗せられ、あ~だ、こ~だ、の指摘がありました。

私は井上の好調ぶりから、負けることはないだろうが、メンタル面で唯一、気にかかることは、WBA世界バンタム級スーパー王者で世界5階級制覇のノニト・ドネア(36=フィリピン)が一足先に決勝戦に駒を進めており、井上が当面の敵ロドリゲスより、その先(ドネア戦)を意識しすぎてしまうと集中力を欠いてしまうのでは? とそのあたり、ボクシングは何が起きるかわからないので不安といえば不安な材料でした。

・・・が、そんことはまったくお構いなしの勝負。試合を振り返ってみましょう。

実際、滑り出しは主導権の奪い合いで井上は押されていました。積極的に前進してプレッシャーを懸けるロドリゲス。

試合を中継するWOWOWの解説を務めた元世界王者・浜田剛史氏(帝拳代表)は「パンチの威力の差(井上が上)から(ロドリゲスは)足を使ってくるだろうと見ていましたが、圧力をかけてきましたね~」と“想定外”を口にしていました。

ロドリゲスの積極的な攻撃とロープを背負わされるなど後退を余儀なくされた井上。ジャッジの採点は、3者とも井上の「10-9」でしたが、攻勢点でロドリゲスの「10-9」とされても仕方のない内容だったのではないかと思います。

英国席巻“モンスター”の威力

ところが井上は、同じことを2度繰り返しません。修正力の巧みさとでも言うのでしょうか、やはり、無敵の強さはこのあたり、卓越した対応力にあるのでしょうね・・・。

初回3分間の攻防中に井上が何を考えたかというと、まず「負けはないだろうな」とロドリゲスの力量を見切ってしまい、2回は相手の圧力を腰を重くして受け止め、距離を近づけておいて“調子に乗るなよ”とばかり、右の軽いボディーから上に強烈なカウンターの左フックを叩き込みました。

観る側が思わずアッと声を出してしまうほどの鮮烈なダウン。立ち上がったロドリゲスの右脇腹にまたまた強烈な左ボディーアッパーがめり込みます。

2度目のダウン。四つん這いになりながら苦悶の表情で“もうダメだ”というように首を横に振るロドリゲス。まだ2回なのに・・・それも無敗の王者の屈辱的な泣き顔・・・。

既に勝負はつき、立ち上がったロドリゲスに戦意は薄れ、攻め込む井上の左ボディーで3度目のダウンを喫し、レフェリーが試合を止めました。2回1分19秒、TKO勝ち-。

試合が終わり、リング上でインタビューを受けた井上は「1回を終えてどうなるかわからない状態だったが、いい結果となってホッとしています」と答えました。その横にリングに上がって来たドネアが立っています。

ドネアは「素晴らしい試合だった。(井上は)ファンが望んだ通りの試合をしてくれた。凄いファイターだ」と健闘を称え、決勝戦での激突に対し「これはもう運命。思い切りやりましょう」と続けました。

とはいえドネアは、井上のこの日の試合を観て何を感じたことでしょうか。

2018年10月7日に神奈川・横浜アリーナで開催された「WBSS」のバンタム級1回戦(準々決勝戦)で元世界同級スーパー王者ファンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を一撃で倒した1回1分10秒KO劇の衝撃と合わせ、これはひと筋縄ではいかない強敵と改めて認識したでしょうか、決勝戦はまたまた凄い試合が予想されます。

ちなみに浜田氏は「まだまだ伸びる井上と現状維持のドネア」と位置づけ、2人の戦いは“井上優位”をにおわせていました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR