FC2ブログ

今季最後のメジャー「全英女子…」開幕

夏場を迎え酷暑の中での国内プロゴルフツアーには、思わず“ご苦労サマ”と声を掛けたくなってしまいます。

まあ、しかし、このスポーツ分野に生きるもの、雨が降ろうが風が吹こうが、あるいは寒くても暑くても、そうした自然との折り合いを含めてゴルフなのだ、という覚悟というか開き直りというか、そんなことは当たり前という“図太さ”が必要なのですね。

天候だけではありませんよ。今週の海外女子ゴルフツアーは、今季メジャー最終戦となる「AIG全英女子オープン」(英ミルトンキーンズ=ウォバーンGC)が8月1日(日本時間同日夜)、4日間にわたる熱戦の幕を開けます。

この日程を見て“選手もホント大変、ご苦労サマだよね~”と思ったのは、前週に今季メジャー第4弾となる「エビアン選手権」(7月28日最終日、フランス=エビアン・リゾートGC)が開催されており、実に2週連続でメジャー競技が行われる、選手にとっては心身に負担がかかる厳しいスケジュールとなったのです。

もっとも今大会に参加する日本勢計9人のうち、勝みなみ(明治安田生命)などは、7月28日に国内ツアー「センチュリー21レディース」(埼玉=石坂GC)を終え、その足で渡英しているのですから、プロゴルファー稼業はつくづく、たびたび使わせてもらいますが“ご苦労サマです”と思います。

日本勢は“3本の矢”で攻める

さて・・・今年の「全英女子…」ですが、例年「リコー」が冠スポンサー名としてついていましたが、それが「AIG」なるものに代わっています。「AIG」は米保険会社「アメリカン・インターナショナル・グループ」のことなのだそうですが心機一転、お金もありそうだし、いい大会にして選手たちの“ご苦労サマ”に応えてもらいたいですね。

日本勢の注目選手の一人として私は、アマチュアの安田祐香(18=大手前大1年)を挙げてみたいと思います。

前週の「エビアン…」で予選を通過した日本人3選手の中でトップの活躍。最終的には通算イーブンパーで37位。見事にローアマ(ベストアマ)に輝きました。

ちなみに海外メジャー競技での日本女子アマ選手のローアマは、服部道子、福嶋晃子、小山美保に続いて4人目でした。

安田の良さは、何しろ今年4月、茨城・ザ・ロイヤルGCで開催された「アジアパシフィック女子アマ選手権」で優勝。自力で「エビアン…」「全英女子…」両メジャー競技の出場権を勝ち取ったことです。こういう“自力派”は自らの道を切り開いていく力に優れており、何かをしてくれる予感がします。

畑岡奈紗(森ビル)ら3人の“黄金世代”はどんな戦いをするか? そして見逃せないのが充実度の高い中堅選手・比嘉真美子(TOYO TIRES)ですね。

昨年の「全英…」で優勝争いを演じて4位。今年の「全米女子オープン」でも、粘りのゴルフで優勝争いに絡み、首位とは3打差の通算3アンダーで惜敗の5位。比嘉自身、山あり谷ありのゴルフ人生の中で今、やっと“世界で戦える”の実感を得ています。前週の「エビアン…」では予選落ちしましたが、そのリベンジ戦でもありますね。

今回の日本勢は、黄金世代、中堅世代、そして実力派アマ、と異なった“3本の矢”が、悲願のメジャー制覇に挑みます。

どんな結果を生むか楽しみですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR