FC2ブログ

指導者イチロー氏への期待

MLB「マリナーズ」で同球団会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(46=本名・鈴木一朗氏、今年3月現役引退)が、このほど東京都内で行われた「学生野球資格回復制度」の研修会に出席、受講したことがスポーツ新聞各紙で報じられました。

この研修会は、プロ野球経験者が高校や大学で野球を教える資格を短期間で回復するために創設されたもので、研修会を終了して資格回復が認められれば、高校野球などの指導が可能になるというものです。

既に今季限りでプロ野球「ヤクルト」ヘッドコーチの職を辞した宮本慎也氏(49)が、2017年に学生野球資格を回復したことを受け、東洋大の指導に着手したりしています。

イチロー氏は、12月13日から3日間に渡ったこの研修会の受講を終え、終了証を手にしましたが、それにより今後のイチロー氏の活動がにわかに注目されるところとなりました。

ちなみに活動は、来年2月7日に行われる日本学生野球協会による審査を経て翌2月8日から指導が可能になるとのことです。

アマ野球界は、例えば高校野球の投手に対する球数制限導入など、これまでの“真夏の酷使”から大きく方向転換し始めており、もし、イチロー氏が関わるとしたら、豊富な経験がどんな形で指導に行かされるのか、これは興味のあることですね。

後継者育成も視野に…

他方…学校の部活動を中心とする体育会系各部にあって「体罰」などがなかなかなくならないという現実があります。

以前、あるスポーツの指導者にこうしたことに関して聞いてみたことがあります。

その指導者はこう言いました。

「スポーツを通して本人が“何を学ぶか”ということが大切なのですが、そうした中で今は理不尽と批判される体育会系の指導、部活での上下関係とか礼儀や挨拶をキチンとすることなどは、むしろ体育会系の良い部分であり、日本ではずっと生きていていいのでは、とも思います。が、近年はそうしたことに敏感ですぐに批判を受けてしまうので教育者が尻込みしてしまっていますけどね」

良い部分と悪い部分があり、やはり育成に名を借りた体罰などがあると、良い部分も帳消しになってしまいます。

体罰問題などが表面化して学校の体育会系指導を嫌がる青少年たちは、自由を求めて「クラブ」での活動を選択するなど古い体質からの脱却を求めます。

テニスの錦織圭に代表される「IMGアカデミー」へのスポーツ留学のような形は、これからどんどん増えていくのかもしれません。

実際、世界のジュニアたちは、自らそうした環境を求め、自ら英才教育の中に身を置くことを自分で選択しているのですね。

イチロー氏は、この研修会受講に際して「資格をとったらいろいろな意味で改善する手助けをしていきたい」と提出したリポートに記していたといいます。

プロ・アマの関係や学校の部活に対する改善、あるいは“天才”イチロー氏の後継育成など指導者イチロー氏は、どんな流儀で手腕を発揮してくれることでしょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR