FC2ブログ

今季初戦の畑岡奈紗が好位置をキープ

米女子ゴルフツアーが開幕しました。

現地時間1月16日初日の「ダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズ」(米フロリダ州=フォーシーズンズ・クラブ)です。

過去2シーズンの優勝者だけが出場できる大会。この舞台に米国4年目を迎えた畑岡奈紗(21=フリー)が日本人選手でただ一人、参戦しています。

初日、6バーディー(1ボギー)を奪い「66」(パー71)をマークして首位に3打差の5位。第2日は強風の中、3バーディー、1ボギーの「69」と健闘、通算7アンダーで首位に2打差の4位-。

「下手したらオーバーとかイーブンになってもおかしくなかった。そこで2つ伸ばせたのは大きかった」と畑岡。(スポニチ本紙から)

“我慢”でつなげた第3日(日本時間1月19日午前)は、勢いに乗って5バーディー(2ボギー)を奪い、通算スコアを10アンダーに伸ばし、通算13アンダーで首位の座をキープした朴仁妃(31=韓国)を3打差で追う“いい展開”となりました。

東京五輪代表争いもスタート

五輪イヤーの初戦。やはり、いつもの開幕戦とは違い、気持ちが高ぶっていることと思います。オフの間は、スイングの修正に加えて上半身の強化に取り組んできたといいます。これまで鍛えてきた下半身とのバランスを図るためとのことでした。

1999年(平成11年)1月13日生まれの21歳。女子ツアー界を席巻する“黄金世代”の一員です。彼女にとって悔しかったことは、昨年8月の海外メジャー競技「AIG全英女子オープン」で同じ黄金世代の渋野日向子(21)が歴史的な優勝を飾ったことでした。

その渋野は、来年からの米ツアー参戦を視野に入れ、今季は1月下旬からタイで合宿を行い、2月20日開幕の「ホンダLPGAタイランド」(タイ・サイアムCC)で始動。翌週の「HSBC女子チャンピオンズ」(シンガポール・セントーサGC)を経て国内ツアー開幕戦の「ダイキン・オーキッド・レディース」(3月5日初日=沖縄・琉球GC)に出場する予定でいます。

東京五輪の女子ゴルフは、真夏の8月5日、埼玉・川越市の「霞ケ関CC」で開幕します。女子代表は6月29日の世界ランキングで上位2人が決まります(6月30日に発表)。

現段階では、畑岡が6位、渋野が11位、鈴木愛が15位につけています。世界ランキング15位以内に3人以上が入れば最大4人までが出場できることになり、こちらの出場権争いもシ烈なものになりそうです。

いずれにしろ、好スタートを切った畑岡が、この大会で逆転優勝でも飾ろうものなら、五輪に臨む女子勢にとってこれほど力強いものはありませんね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR