FC2ブログ

K-1イベント強行開催の賛否

“らしい”と言えば、いかにも“らしい”と言えたでしょうか。

3連休の最終日となった3月22日の日曜日、さいたまスーパーアリーナで行われた立ち技打撃系格闘技K-1のイベント「K-1ワールドGP」の強行開催です。

とどまるところを知らない新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府が大規模イベントの開催自粛を継続して要請する中、会場をさいたま市内に持つ埼玉県・大野元裕知事も再三、自粛を要請したそうですが、主催者は開催に踏み切りました。

大勢の人が集まる大規模イベントの開催自粛は、クラスター(感染者集団)の発生を潰すことを目的としています。①換気の悪い密閉空間②手の届く距離に多くの人がいる③近距離での会話や発声がある-の3点が同時に重なったところに発生のリスクがあるとし、それを避けるための対策です。

“悪い”条件をすべて満たしてしまうK-1のイベントは、あらゆるスポーツが中止・延期を余儀なくされ、2020東京五輪さえ延期に傾いていることを考えれば中止も仕方のないところでしょう。最近のK-1は、以前のようにテレビ中継がなく、もしこのイベントにどこかのテレビ局やスポンサーがついていたとしたら、メディアの常識として「NO」となっていたと思います。

主催者は、イベントの開催に際して①席数を削減して密集状態を避ける(観衆6500人=主催者発表)②マスクの配布③常時換気装置を設置、さらに④チケットの半券に入場者の住所や電話番号を記入、感染者が出た場合は追跡調査を行えるようにする-など「万全の対策を取る」(主催者)として、自粛要請を振り切りました。

独自の方向性もあり…

2011年3月11日に発生した東日本大震災のとき、同年夏に開催された女子サッカーのW杯(ワールドカップ)で日本代表「なでしこジャパン」が奇跡的な優勝を飾りました。その快挙が震災に沈む人々にどれだけの勇気と元気を与えたことでしょうか…スポーツにはそういう役割があります。

そういう視点で見た場合、スポーツの中でも、特にプロレスも含む格闘技系のイベントを開催する側には、世の中の危機にこそ立ち上がらなければならない、それが人々に元気を与えられれば…という独自の方向性があります。

今は運営母体が変わりましたが、K-1という新しい格闘技が産声を上げた1993年当時、これを立ち上げた正道会館・石井和義館長は、この格闘技のテーマを「破壊と創造」に置いていました。

つまり、既成の概念を打破、新しい価値観の創造へ、ですね。そしてそれが若者たちを揺り動かしていました。

K-1がそれを原点としているなら、無観客の興行などあり得ず、観客とファイターが一体化した熱狂に包まれた中での興行しかないわけです。

今回のK-1の強行開催を擁護するなら、K-1に限らず格闘技界が共通して持つこうした理念によるものと思います。もちろん、そうした理想とは別に、中止にした場合の金銭的な問題も計り知れないものになるだろう、など現実的な痛手も無視できませんが…。

しかし、いかにせよ、今回の世界的な非常事態を思えば、タイミングが悪いですね。だからだよ…との言い分もあるでしょうが、その議論を繰り広げればキリがありません。

この興行から何かが起きないことを願うばかりです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR