FC2ブログ

桜の木の枝を折る行為に思う

私が住む藤沢市(神奈川県)のお隣りが茅ケ崎市です。

そこに住む友人のOクン君と昼食をともにしながら雑談の後、天気も良いことだし、桜でも観(み)に行こうか、ということになり、散歩がてら、近くの川沿いにある花見のスポットに足を運びました。

「茅ヶ崎にはあんまりいい場所がないんだよね」とO君。それより、東京都内では既に満開などとテレビで報じられ、隣県のこちらも…と思っていましたが、神奈川県南部エリアの桜はまだ全開には遠く4分程度(3月26日現在)の寂しさでした。

それでも枝の下に腰を据えて空を見上げると、青に白っぽいピンクが映えて、桜ならではのいい雰囲気を醸(かも)しています。

やがて来る満開時の華やかさと、それも一瞬、散り時の潔さ…桜と日本人はやはり、切り離せないよなァ、などO君と語り合っているとき、見たくない光景が目に入ってきてしまいました。

年配のご夫婦(と思われる方)が桜の木の枝を折り始めたのです。

オイオイ、ちょっと…これはまずいだろう…その場にいたのは私たち2人だけと遊びに来ていた女のコが数人。注意しようか、ということで声を掛けました。

「折ってはダメですよ。良くないですよ」と私。それを聞いた男性は「事情があるんだよ」と言って折り取った数本を手に姿を消しました。

子供たちにも説明できるのか?

その後、女性が私たちのところに近づいて来て「事情があるんです。実は…」と話し始め、その内容はよく分かりませんでしたが、確か、亡くなった方の墓前に添えたいのだ、といったようなことでした。

桜の木の枝を折った場合、法的には刑法上の「器物破壊罪」が適用されます。さらに折った後で持ち帰れば「窃盗罪」です。ただし、この罪を成立させるには、桜の木の所有者が告訴した場合に限られます。

私たちは別に桜の木の持ち主などではなく、罰則がどうのなど追及するつもりはありませんが、何よりも、事情がどうあれ、公共マナー違反でしょ、という意味で声を掛けたのです。

「子供が見ているんですよ。大人がおかしいでしょ」と私。女性は頭を下げてその場を離れていきましたが、私とO君は「ホント、皆、自分が良ければいい、と思う連中ばかりだなァ」と嘆きます。

女性が言う“事情”を、別に言い訳だろ、などと疑う意地の悪さは持ち合わせませんが、それがホントであっても、状況次第で「器物破壊罪」や「窃盗罪」に問われるものを墓前に添えられても、故人は喜ぶものだろうか、とも思います。

桜の木の枝を折った場合、所有者の告訴によって刑事事件となるのは、資料によると、桜は幹や枝を切ると、その切り口から菌が入って腐りやすくなる樹木なのだそうです。そのため、何気なく折っても、場合によっては全体を枯らしてしまうこともあり得るから、とありました。

そりゃ、誰でも、あの桜の美しさを思えば、枝の1本くらい欲しいなァ、と手を出したくなります。

そんな欲に負けて、たまらずに手を出してしまった場合、それが違法かそうでないかを問う前にまず、自らのマナー違反に気づき、反省しなければいけませんね。

枝を折って持ち帰った2人は、それを見ていた子供たちにも一人づつ、事情を説明して理解を得られると思っているのでしょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR