FC2ブログ

令和に復活した「アマビエ」の存在

妖怪がうごめく魑魅魍魎(ちみもうりょう)の世界については、とんと疎く、話を聞いても、ヘエ~*〇▼?□◆…とチンプンカンプン、まったくイメージが浮かび上がってきません。

…が、その道の“通”によると「侮ってはいけませんヨ。今こそ『アマビエ』サマの神通力に頼らねばならない事態である」のだそうです。

フ~ン、ということで「アマエビ」…アッ、いや「アマビエ」でしたか、その裏面史をひもといてみました。ウ~ン、なるほど、これは-。

「アマビエ」は、日本における伝説の半人半漁の妖怪であり、海中から光り輝く姿で現れ、豊作・疫病などに関する予言をすると伝わっている、と資料に書かれていました。

実際、その出現を伝える資料が残されている、というのが凄いですね。江戸時代後期の1846年(弘化3年)4月中旬、肥後国(現・熊本県)の海に現れ、出向いた役人に対し「私は海中に住む『アマビエ』と申すものなり。当年より6カ年の間は、諸国で豊作が続くが、疫病も流行する。私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ」と告げ、海の中に帰って行った、とのことでした。

面白いですね。さすがこういう出来事には目ざとい瓦版、当時のスポーツ新聞です。この東スポが飛びつきそうなニュースは、さっそく「アマビエ」のイラストつきで記事にされ、たちまち遠く江戸にまで伝えられたそうです。

西洋医学vs「アマビエ」パワー

この瓦版は現在、京都大学付属図書館に収蔵されていますが、注目の「アマビエ」の姿は、長い嘴(くちばし)を持つ半人半漁で髪の毛を長く伸ばし、意外に可愛らしい妖怪像なのですね。

現実に目を転じれば、新型コロナウイルスの感染拡大は、新型ゆえにワクチンなど効果的な治療薬が定まらず、報道では米国が開発した「レムデシビル」なる抗ウイルス薬に期待が持たれているそうですが、今も昔も西洋医学が壁にぶち当たったときに存在感を見せ始めるのが漢方薬などの東洋医学です。

テレビを通して耳にする医学系の識者たちの展望も、発生の原因がつかめない新型コロナウイルスだけに“決定打”を打つことが出来ずに混迷状態が続いています。

そうした背景を考えると日本人好みなのが「神風」や「神頼み」の類…その延長線上に「アマビエ」の存在が、少なからずクローズアップされてくるのでしょう。

スポニチ本紙では5月8日付から、著名人による「アマビエの写し絵」を芸能面でスタートさせました。イラストで繋ぐコロナ退散の祈願-。

江戸時代に出現した「アマビエ」のお告げ通り、長い年月を経た後、令和の時代に復活した写し絵がどんな結果を生むか。

結構、こういう話は、自粛続きでへこむ人々の心に響くものなのですね。

妖怪のお力を借りながら頑張りましょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR