FC2ブログ

最強へ~尚弥の夢が開くとき

さて…プロボクシング界にを向けると-。

新型コロナウイルス禍にあって流動的だったWBA&IBF統一世界バンタム級王者・井上尚弥(27=大橋)の試合がやっと決まったということで過日、大橋ジム(大橋秀行会長=神奈川・横浜市西区)に様子を聞きに足を運びました。

井上は10月31日(日本時間11月1日)、米ネバダ州ラスベガスの「MGMグランド」でジェーソン・モロニー(29=オーストラリア)の挑戦を受けます。

当初、WBO王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が予定されていましたが、ラスベガスで長期合宿を行っていたカシメロは、コロナ禍を含む諸事情で延期を余儀なくされ、9月26日に米国でデューク・ミカー(ガーナ)と対戦することが決まりました。


そんな経緯を経て井上の相手は、WBA3位&IBF4位のモロニーに-。

破格のファイトマネーにも注目

やっと、ですね、と話を始めると…大橋会長の第一声はモロニーへの警戒でした。「モロニーはスキがないね。全体的にまとまっている。カシメロは一発の怖さがあるけど、結構スキだらけの選手だからね。モロニーは要警戒です」。井上については、試合間隔があいたことで“試合勘”が気になるところですが、大橋会長はいつも通り、それに関しては“問題ない”と楽観視していました。

井上陣営は2週間ほど前に渡米する予定で「そのときにお話ししますが…」と大橋会長は、この場では詳細を明かしませんでしたが、米国側から提示された今回の試合のファイトマネーがハンパな額ではないそうなのです。

「防衛を重ねたら天文学的な額に行くかも…」し大橋会長はジョーク交じりで語っていましたが、あるいは井上は、ゆくゆくは1試合十数億円を叩き出す“アジアの英雄”マニー・パッキャオ(フィリピン)と肩を並べる選手になる可能性を秘めているようです。

ちなみに「WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)」のバンタム級決勝でノニト・ドネア(フィリピン)を下して優勝した井上は、100万ドル(約1億800万円を獲得しています。

大橋会長は「ボクシングもやはり“夢を売る”商売ですからね。後に続く日本人選手たちにも励みになるのではないかと思いますよ」と話し、同会長が果たしてとどれだけの金額を口にするのか、興味がまた一つ増えました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR