FC2ブログ

故・佐瀬稔氏の思い出とともに…

在宅が多くなり、ヒマつぶしに結構、本を読む時間が増えました。

といっても新刊書は敬遠。書棚に無造作に詰め込んである、昔読んだ本を取り出し、埃を払って読んでいます。面白いものでかつての読後感と今とではかなりの差がある本もあり、違うものを読んでいるようなときもありますね。

そんな中、やはり“永遠だな”と思うのが故・佐瀬稔氏(1998年5月23日死去=享年65)の著作です。

佐瀬氏は元報知新聞(現・スポーツ報知)の記者で他社の私たちともつながりがあり、現場を離れた後、運動部長、文化部長などを務めていましたが、後に本人に聞いたところ「管理職になって人を使うのがイヤ」(もっとも酒が入っていたときの話でしたが…)で退職。フリーランスになったとのことでした。

著書は、ボクシングなどスポーツもの、社会ネタを扱った事件もの…など新聞記者らしく多岐にわたっていますが、私が読み返した数冊は、登山家を扱ったもので綿密な取材によりクライマーという山なしでは生きられない、社会性と離れた人物像の描き方が巧みで、文章の上手さもあり、いずれも、いつ読んでも読み手をグイグイと惹きこみ、あきさせない魅力がありました。

そんな中のひとつ「喪われた岸壁~第2次RCCの青春群像」に思わず、ニヤリと笑ってしまうような、懐かしい記述がありました。

かつてあった山好きの10代少年たちによる丹沢(神奈川県)の“風俗”です。

佐瀬氏はこう書いています。

かつてあった奇妙な丹沢風俗

〈丹沢の沢筋には、奇妙な風俗が流行している。だぶだぶのニッカー・スボンに工事現場風の脚絆。かつては伊達だったかもしれない背広の古チョッキ。頭にはツバを切り落とし、わざと変形させたソフト帽をかぶる。古ソフトが手に入らない者は、工事現場そのものにねじり鉢巻きを用いる。(略)〉

佐瀬氏は調子よくさらに続けます。

〈彼らを現場労働者とへだてるのは、肩から脇の下にかけた麻のザイルと腰に腰に下げたハーケン、カラビナである。ことさら素性の悪さ、あやしげさを強調するファッションを身につけている一方で少年たちは、ザイルやハーケンによっておのれのアイデンティティを主張していた。(略)〉

いいですね~。私は高校時代、山好きの友人とともに同じ県内の山ということもあり、丹沢にはよく出かけたものでした。最初は東丹沢のダラダラと長い、通称“バカ尾根”をせっせと歩き、次第に沢筋に入っていきます。

当時、そこには佐瀬氏が描く、バンカラな風俗を生きがいにしているかのような少年たちがゴロゴロいました。かく言う私もまだ10代の高校生。郷に入れば…ではありませんが、古チョッキを愛用していたことが懐かしく思い出されます。

そうした彼らはどうしたか。佐瀬氏がグイグイととどめを刺します。

〈東丹沢で沢登りに入門し、修業がひととおり終わると雨山峠を越えて西丹沢に入った。(略)雨山峠の道は、いつかは谷川岳へ通じる。谷川岳から日本アルプスへ。見果てぬ夢であることは分かり切っているが…。(略)〉

何も持たない少年たちが唯一、山に自分の存在を懸け、いずれは…と見果てぬ夢を見続ける風景が、あの時代の丹沢には確かにあり、あるいは地獄の一丁目だったかも知れない丹沢を原点とする青春群像を佐瀬氏は、上手く描いてくれていました。

佐瀬氏とは、私がスポニチ本紙のボクシング記者時代によく取材現場で顔を合わせました。

同様の取材をしていても独自の視点で記事を展開させる上手さには舌を巻いたものですが、ときを経て古い著書を読みながら、その精力的な姿が懐かしく思い出されます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR