FC2ブログ

この男の凄さ~思わず“スゲェ!”

思わず“スゲェ~!”と唸ってしまうほどの切れ味の鋭さでした。

10月31日(日本時間11月1日)、ラスベガス(米ネバダ州)の「MGMグランド」で開催されたプロボクシングWBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチに臨んだ王者・井上尚弥(27=大橋)の目の覚めるような一撃です。相手はWBA2位、IBF4位のジェイソン・モロニー(29=オーストラリア)-。
(試合は11月1日午前10時30分からWOWOWで生中継)

狼煙(のろし)を上げたのが6回。相手のうるさい左ジャブ連発に合わせた左フックをアゴに叩き込み、最初のダウンを奪います。

直後の7回。勝負を懸けた井上は、KOを狙って前進、追い詰めます。たまらずモロニーが反撃のワンツーを仕掛けた瞬間、勝機はここ! とばかり、左を“ミリ”の単位で交わした井上は、右ストレートをカウンターで顔に突き刺しました。

グニャリと腰から落ちたモロニーは、いったい何が起きたんだ? と言った表情を浮かべながら、しかし、立てずに試合は終わりました。

7回2分59 井上のKO勝利。ボクシングの“聖地”が無観客のために歓声がないという寂しさはあっても、日本の“モンスター”がハロウィーンの日にその名を世界にとどろかせた瞬間でした。

昨年11月7日に行われた「WBSSバンタム級トーナメント決勝」(さいたまスーパーアリーナ)で5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)を下し、バンタム級最強の称号を得た井上ですが、その後、年が明けて世界が新型コロナウイルスの感染拡大の渦に飲み込まれ、先が見えない状況となりました。

“聖地”の衝撃~モンスター参上

当初、4月25日にラスベガスでWBO王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う予定でしたが、それも延期を余儀なくされて宙に浮き、次戦の交渉が難航する中、モロニー戦が決まったという経緯がありました。

井上にとってはドネア戦以来、約1年ぶりとなる試合。ブランクも取りざたされる中、しかし、井上の絶対優位は変わりません。代わって勝てば名をあげ、負けても失うものがないモロニーが吠えます。

「勝てると信じている。勝つ準備は出来ている」と-。

実際、高いガードで守りを固め、手数もフットワークもあり、タフなモロニーは、やりにくい相手だったと思います。が、モロニーの意気込みは、あくまでモロニーの基準で考えられたこと。井上のレベルは、モロニーの予想が及ばないところにあったということでしょう。つまり“格上”-。

スポニチ本紙の世界戦評論でおなじみの元世界王者・浜田剛史氏(帝拳代表)はこう指摘しています。

まず、6回のダウンについて〈思い切り振ったものではなく、ジャブに近いカウンターにもかかわらず、モロニーとのパンチ力の差は決定的だった〉としています。そして7回の攻防-。

〈左ジャブだけを連発して流れを切り替え、相手が打ってきたところで右カウンターで仕留めた。(略)相手の動きも利用しながら最後は自分の倒す形に持ち込んだ。多く持っている引き出しの中から試合中に有効なものを選び、自ら組み立てて的確なパンチを打てるのが強みだ。(略)〉

鮮烈なKO劇でラスベガス初陣を飾った井上は、インタビューの“次は?”に「カシメロとの3団体統一戦、さらに4団体統一も目指したい」と答え、夢を広げます。

11月1日夜、知人から「井上 凄い 見事」と記されたメールが入ってきました。友人からの電話では、1時間近くも話し込んでしまいました。

WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)とともに井上の知名度も上がり、それはボクシングというスポーツが“市民権”を持つことでもあり、これからが楽しみです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR