FC2ブログ

近づく井岡vs田中の日本人“ガチ対決”

大みそか決戦が近づきました。

王者・井岡一翔(31=Ambition)vs挑戦者(同級1位)田中恒成(25=畑中)のプロボクシングWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ、注目の日本人対決です。
(試合は12月31日、東京・大田区総合体育館で開催

12月24日、井岡はオンラインでの会見に臨み、自信に満ちた言葉を口にしました。

〈ボクの中では、ビッグマッチでも注目カードでもない。持っているものが違う。どの部分でも差を見せられる〉

まあ、これほどの自信がどこから出てくるのだろうか、というほどの“格の差”発言でした。

井岡がしばしば口にするこの“格の差”にしても、実際、どれほどの差があるのでしょうか。2人のキャリアをちょっと振り返っておさらいしてみます。

ともに“早熟”のボクサーです。

田中が誕生(1995年6月15日生まれ)したとき、1989年3月24日生まれの井岡は6歳。中学1年でボクシングを始めた井岡に対し、田中は幼稚園時から空手を始め、小学5年時にボクシングに接しています。

格闘技歴では田中が上の2人は、プロ入り後、井岡が2011年2月、当時国内最速の7戦目で世界王座(WBC世界ミニマム級王座)を奪取。その記録を田中が2015年5月、プロ5戦目で世界王座(WBO世界ミニマム級王座)を奪って塗り替え、それぞれがスピード出世を争っています。

実力は“五分”と下馬評

その後、井岡が2015年4月に3階級制覇を達成。後を追う田中も2018年9月、世界最速のプロ12戦目という記録をつけて3階級制覇を達成しました。

昨2019年6月、井岡はWBO世界スーパーフライ級王座決定戦に勝利、日本人男子初の4階級制覇を成し遂げ、この田中戦が2度目の防衛戦。井岡に挑む田中は、4階級制覇を懸けた戦いとなります。

ざっとキャリアを見比べても、ともに遜色のない戦績。実力伯仲。井岡がこだわる“格の差”を見つけ出すとするなら、数字には出ない“メンタル面”になってくるのでしょうか。

エリート転じて思うようにならない挑戦の失敗や引退までも井岡は経験しており、そうした紆余曲折はボクシングという戦いにおいて決してマイナスにはならないということも言えるのです。

つまり、井岡がここのところ見せる若さを脱却した“円熟”のボクシング。井岡には”相手が嫌がることをする術゛があり、それが田中の勢い、持ち味であるスピードのある攻撃を鈍らせれば、田中が井岡の術中にハマることになかもしれません。

田中に勝って年が明ければ、井岡にはまた、新たなロードが開ける可能性が出てきます。スーパーフライ級は既に来年3月、WBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)vsWBC正規王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)トの統一戦が決まっており、その勝者の第1コンテンダーはシーサケット・ソールンビサイ(タイ)が指名されているようですが、ここに井岡も一枚加わろうか、という目論みです。

いずれにしろ、その前にこの2人には、コロナ禍で気勢が上がらない大みそかを熱く盛り上げる義務も背負っての戦いとなります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR