FC2ブログ

「鼻出しマスク」~49歳男が何のために…

新型コロナウイルスの蔓延などという“普通でない”日々が長く続くと、それがウィズ・コロナ時代の「新しい生活様式」などといっても、そこかしこに大なり小なり、歪みが出てきてしまうものです。

人との接触を極力避けるためのテレワークにしても、長く続けば対面で会話できないことによるストレスがたまり、ステイ・ホームによる運動不足も重なって、それが精神面にも影響を及ぼすことにもなりかねません。

大学入学共通テストが2日間にわたる第1日程を終えた1月17日、全国4会場で「マスクの不正着用」により計4人が失格になったという出来ごとが報じられました。

新聞報道によると、失格になった4人のうち、東京都内で受けた受験生は、1月16日朝の試験開始時から、口だけをマスクで覆い、鼻を出した状態で試験を受け続け、監督者の再三の注意に従わなかっため“不正行為”として失格となった、とのことです。

それにしても…長時間のマスク着用は、基本的にうっとうしいし、次第に息苦しくなるのは否めません。鼻を出しただけで失格になるとは…と最初はどちらかというと大事な試験の場でちょっと規則がきつすぎるのでは、と思ってしまったことは確かです。

心の歪みが怖い自粛生活

しかし、表に出た一つの出来ごとを単純に受け取ってしまったはいけません。後に明らかになったこの出来ごとの背景にあったことを知ってビックリさせられてしまいました。

まず第1にこの男が「49歳」であったこと。答案用紙に必死に向かった普通の受験生は、監督者がマスクの完全着用を求めて「6回注意し次は不正行為となる」と伝達する声を聞いて、このオジサン、何しに来たんだろう? と不思議な思いだったことでしょうね。

第2は7回目の警告も無視して失格となったこの49歳男は、その後、トイレに約3時間も閉じこもり、関係者の説得に応じなかったことで警察官が上部から入り込み「建造物不退去容疑」により現行犯逮捕されたということでした。

この前代未聞ともいえる出来ごとに対し文部科学省は「鼻と口を覆うことは政府として啓発している。対応は適切だった」との見解を公表しています。

出来ごとの真相が明らかになるにつれ、頭に浮かんだこととあまりにもかけ離れた事実に「なぜこんなことが起きるのだろうか」と混乱、複雑な気持ちになってしまいます。

そういえば…2020年9月7日、北海道から大阪に向かうLCC航空機ビーチ・アビエーションの機内で乗客がマスクの着用を拒否して乗務員らとトラブルになり、同機を臨時着陸させるなどの出来ごとがありました。私立大学の職員だった乗客は「威力業務妨害などの疑い」で逮捕-。

なぜこんなことが起きるのか? 新型コロナウイルスの感染拡大防止のために個人が出来ることは①手洗い②うがい③マスク着用-の3点。もはや最低レベルの決まりごとになっています。うつさない、うつらない、の基本的な原則。

が、何ごとも長引くと冒頭に記したようにそこかしこに歪みが出てきてしまいます。公共の場に出てきて自分勝手な主張を振り回すのも“内面の歪”が原因となっているような気がしますね。

こういう出来ごとが起きるのは残念なことです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR