FC2ブログ

海辺の街がもたらすものは?

「問われて名乗るもおこがましいが 生まれは相州 藤沢在…」

ちょっぴり胸を張って歌舞伎の「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」における“白浪五人男”日本駄右衛門の口上(…生まれは遠州 浜松在…)をマネてみたのは、何やら昨今、私が住む「藤沢市(神奈川県)が人気を集めているらしいのです。

4月19日付の東京新聞電子版が「東京脱出した人はどこへ? 23区からの転出者が増えた市町村」を調べ「神奈川県藤沢市の増加が最多であることが分かった」と報じました。

東京23区からの転出者増の背景にあるのは、もちろん新型コロナウイルスの感染拡大により、人流・3密を回避するためのリモート化が推進され、テレワークによる新しい仕事の形が浸透するにつれ、職住接近の必要性が薄れつつある、いったところにあるのでしょう。

東京新聞の記事を拝借させて頂くと-。

〈総務省の人口移動報告(外国人含む)によると、20年に23区から転出した人は36万5507人で19年より2万1088人増えた。都からの転出増が最多の藤沢市には2975人が移り、19年比で713人(31・5%)増えた。同県鎌倉市、茅ケ崎市も約30%増。東京都三鷹市など23区西への転出者も多かった〉

-とありました。

ちなみに人気転出地域ベスト3は①神奈川県藤沢市②東京都三鷹市③神奈川県横浜市西区-とのことでした。

転出先として人気の藤沢市

私はこの藤沢市に生まれ育ち、今に至っていますが、なぜ藤沢市なのかを考えてみると、最初に浮かぶのは「交通機関の利便性」でしょうか。都内に通勤するベッドタウンとして横浜、東京方面にはJR東海道線が、新宿方面には小田急電鉄が、それぞれ約50分程度で都心に運んでくれており、短くもないが長くもなく、手ごろな通勤圏内という立地は大きいですね。

他方、東京新聞は、昨今の近郊への転出増は、コロナ禍によって収入が減り、安い家賃を求めるために…という深刻かつ、やむを得ない事情もあるようだと指摘していました。藤沢市の家賃が安いかどうかはちょっとわかりませんが…。

藤沢市は片瀬海岸~鵠沼海岸~辻堂海岸と海に恵まれており、そこに移住する人々は、早朝に海に出てサーフィンを楽しみ、それから出勤するという“湘南スタイル”を、年齢を問わずつくり上げつつありました。

昔から遊びと仕事が両立する場でもあり、その意味では今でいう「ワーケーション」なるものの先駆者的地域であるかもしれません。

藤沢の歴史をひもとくと…東海道が走る神奈川県南部には、川崎、平塚など県内9カ所の宿場町があり、藤沢もその一つとして発展してきています。特に鎌倉時代に「清浄光院」(現在の「遊行寺」)が創設され、門前町としても人の出入りが多かったようです。

ちなみに「藤沢」の地名は、資料によると「藤の多い水辺の地」「淵や沢の多い土地」など諸説あったようですが、別に藤が多いこともなく、後者の「淵沢」が「藤沢」に転化したのだろう、とありました。

また「湘南」というエリア名は、中国「湖南省」に由来し、相模の国の南部から「湘南」になったとのことでした。

その地に住んでいるとなかなか“良さ”が分からないものですが、最近、都内から藤沢市辻堂の海岸に近いエリアに越してきた知人に住み心地を聞いてみると「まず第一に都内とは生活のリズムが違うね。やはり1拍~2拍、ノンビリしている。そりゃ、朝起きて海まで散歩が出来るんだから、生活様式は変わるよね」という返事が返ってきました。

以前は「藤沢に住んでいる」というと「藤沢ってどこ?」とか「江の島のあるところだよ」というと「江の島って鎌倉でしょ」などと藤沢の知名度はイマイチのところがありました。

しかし、コロナ禍によって新たに注目が集まるなど、何やら喜んでいいのかどうか…気持ちは複雑ですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR